スポーツを楽しむ一般市民にも身近に…スポーツリハビリの専門家が幅広く活躍中!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

スポーツを楽しむ一般市民にも身近に…スポーツリハビリの専門家が幅広く活躍中!

2019.04.26

提供:太田医療技術専門学校

スポーツを楽しむ一般市民にも身近に…スポーツリハビリの専門家が幅広く活躍中!

いま日本人のトップアスリートたちがさまざまなスポーツ競技で世界の強豪と対戦し、私たちに多くの感動を与えてくれます。しかし活躍すればするほど、大きなけがは付き物。病院で歩行訓練する選手の姿を映像で見たことはありませんか? その選手のそばで訓練を指導しているのが、スポーツリハビリに携わる医療人です。いまやスポーツリハビリは、マラソンなどスポーツを楽しむ一般の人にも身近な存在です。実際にどのような職業があり、どんな仕事をしているのか注目してみましょう。

この記事をまとめると

  • スポーツリハビリは、トップ選手だけではなく一般のスポーツ愛好者にも身近になった。
  • 関わる職業は、整形外科医や理学療法士、柔道整復師のほか多種多様にある。
  • 太田医療技術専門学校の理学療法学科と作業療法学科は、学内外での実習が豊富である。

スポーツリハビリの医療職は、病院やスポーツ医科学の専門機関など幅広いフィールドで活躍

スポーツリハビリテーション(以下、スポーツリハビリ)とは、スポーツ競技による骨や筋肉、神経など体の組織・器官の外傷(運動器疾患)に対して、医学などの科学的な専門知識と技術にもとづいて運動機能を回復させ、再発の予防やさらなる競技力の向上をはかるための治療的な訓練を指します。

スポーツリハビリを行っている施設は、総合病院の整形外科やリハビリテーション専門病院、整体などのクリニックなどがあります。またエリート選手の競技向上をはかる国や自治体のスポーツ医科学センターでも行われており、最新の医療設備を備えた高度なリハビリテーションが行われています。

リハビリテーション専門病院での実際の治療は、患者であるスポーツ選手や一般のスポーツ愛好者に対して、まず問診や検査、診察を行います。そして運動療法や物理療法による治療方針が決まり、リハビリのプログラムが作成され、体の機能回復のためのトレーニングやフォームの修正などの訓練へと進みます。病院の中には、フィットネスクラブと連携して、けが予防のためのエクササイズを提供しているところもあります。

整形外科医や理学療法士のほか、スポーツリハビリに関わる職業はさまざま

スポーツリハビリに関わる職業の多くが、医学的な専門知識と技術を備えた専門職であり、その整形外科医や理学療法士が主流です。

理学療法士の中には、アスレティックトレーナーの資格を取得して、野球や陸上競技などスポーツ競技の指導者としての役割を果たしている人も少なくありません。特に国内外のトップクラスのアスリートにとって、けがの治療と回復次第では今後の選手生活が大きく変わってしまいます。アスレティックトレーナーは患者のメンタル面を支える存在でもあり、患者の立場になり、心理的な負担を軽減する役割も果たしています。

職場は主に病院やクリニック、マッサージ施設ですが、中には個人のトップアスリートやプロスポーツチームなどの専属になり、国内や海外の競技大会に帯同している人もいます。

そのほか、心身の機能に障害を持つ患者の生活動作の回復をはかる作業療法士や体のコンディションを整える柔道整復師、あんまマッサージ指圧師、鍼灸師などの医療職も、スポーツリハビリに深く関わっています。

ほかの医療・スポーツ職と連携できる人材を育成する太田医療技術専門学校

太田医療技術専門学校では、スポーツリハビリと密接に関わる理学療法士や作業療法士を養成する学科を開設しており、医療やスポーツ職など、ほかの専門職と協力して働くための心構えと専門性を備えた人材の育成に努めています。

カリキュラムの大きな特色の一つが、学内外での豊富な実習です。理学療法学科では、1年次の職場見学に始まり、2年次に1週間の検査・測定実習、3年次に3週間の評価実習、そして4年次には計18週に及ぶ臨床と評価の2つの実習を受けます。作業療法学科の実習も充実しており、1年次の病院見学や3年次の2週間の臨床体験実習、4年次の18週の臨床・評価実習を経験できます。

学内外でのさまざまな学びを通して、医療や福祉、スポーツの現場で働くためのコミュニケーション能力を高めるとともに、患者の心身に直接関わる医療人としての人間的な成長を、学生たちは日々感じ取っています。

【広告企画】提供 : 太田医療技術専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「理学療法士」
はこんな仕事です

理学療法士は、医療や福祉の施設でリハビリテーションの指導をする職業。対象者は病気やけが、高齢化などが原因で、歩く・立つ・座るといった日常の動作が難しくなった人である。医師の指示の下で行う治療法は、関節や筋力を改善する運動療法、電気刺激や温熱療法などで、痛みを和らげる物理療法、歩行などの日常生活動作の訓練などさまざま。義手や車いすなどを使用する訓練も含まれ、患者一人ひとりに合った治療計画を立てて実施する。

「理学療法士」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「作業療法士」
はこんな仕事です

作業療法士は、病気やけが、高齢化などで身体に障がいがある人の社会復帰をサポートする仕事。工芸・手芸・玩具操作などの作業を通して、機能回復を目指す。医師の指示の下に、患者に適したプログラムを作成し、治療を進める。作業療法士がサポートする患者には、障がいが治りきらない人もいる。そのため、心理面や精神面での社会復帰のサポートも重要である。活躍する場は、総合病院やリハビリテーション施設、高齢者や障がい者向けの福祉施設などが多い。

「作業療法士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける