日本一情報発信する医師・樺沢先生が教える やる気が出ないときの対処方法

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本一情報発信する医師・樺沢先生が教える やる気が出ないときの対処方法

2019.05.15

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

日本一情報発信する医師・樺沢先生が教える やる気が出ないときの対処方法

ベストセラー作家でもある、精神科医で作家の樺沢紫苑(かばさわ しおん)先生。脳科学に基づいた、さまざまな情報を発信されています。
今回はどうしても勉強のやる気が出ないときの対処方法と、一夜漬けよりも効果的なテスト前の勉強方法について教えてもらいました。今までの自分の勉強方法を見直す、いい機会になるかもしれませんよ。

この記事をまとめると

  • なかなか勉強を始められないなら、始めてみよう!
  • やってみると、だんだん気分が盛り上がってくる「作業興奮」
  • 睡眠時間を削って勉強することは、最悪の方法

やる気が出ないけど勉強しなきゃ……そんなときは、とりあえず机に向かおう!

「なかなか勉強を始められない」という人は多いと思います。勉強を瞬時に始める方法があれば、ものすごくはかどるに違いありません。実はそんな夢のような方法があるんです。

それは、「まず始める」ことです。「なかなか始められないから悩んでいるのに!」とツッコミが入りそうですが、残念ながら「まず始める」しかないのです。

性格・適性について調べる「クレペリン検査」で有名な精神科医のクレペリンは、「作業を始めてみると、だんだん気分が盛り上がってきてやる気が出てくる」ことを、「作業興奮」と呼びました。最近の脳科学では「作業興奮」のメカニズムが明かされています。

脳に「側坐核(そくざかく)」という部位があります。脳のほぼ真ん中あたりに左右対象に存在するリンゴの種ほどの小さな部位です。この側坐核の神経細胞が活動すると、海馬と前頭前野に信号を送り、「やる気」が出て、脳の調子が上がっていきます。しかし、側坐核の神経細胞は、「ある程度の強さ」の刺激がないと活動を始めません。その必要時間はたったの5分です。側坐核は脳の「やる気スイッチ」です。「とりあえず作業を始める」ことで、やる気スイッチがオンになって、側坐核が自己興奮して本格的な「やる気」が出るのです。そのためやる気を出したいときは、「まず始める」しかないのです。「やるぞ!」と宣言して、簡単な作業からスタート。まず、5分だけ頑張ってみましょう。

一夜漬けよりも、早起きで記憶を定着させよう

一夜漬けしてどうにかテストに間に合わせる……という勉強方法をしている人はいませんか? 一夜漬けは脳科学的にはよくありません。基本的に人の脳は、何回も復習しないと記憶は定着しないようにできています。

それでも「どうしてもテストに間に合わない!」というときにおすすめなのは、朝早く起きて勉強することです。記憶は頭にインプットしてから時間とともにどんどん忘れていきます。夜中12時〜3時で覚えたことよりも、朝5時〜8時に覚えたことのほうが、テストのときに記憶に残っています。睡眠時間を削って勉強するのは脳科学的に最悪な勉強法といえます。

記憶力アップの方法としておすすめなのが「1・3・5」の法則です。例えば単語帳で記憶をしたら、1日後と3日後と7日後に復習すると、その後忘れることはないというものです。できた問題とできない問題を分けて、できない問題だけを繰り返し復習するとさらに効果的です。


追い詰められないとなかなか勉強できなくて、最終的には一夜漬け……なんて人も少なくないかもしれません。今回のアドバイスを生かして、とりあえず普段から机に向かい、朝型の生活にしてみると効率的に勉強することができそうですね。
例えば勉強する文具を自分の好きなものにしてみることで机に向かう気持ちづくりをしてみるなど、自分なりの工夫をしてみるとよりいいかもしれませんよ。


【出典】
『学びを結果に変える アウトプット大全』
https://www.amazon.co.jp/dp/4801400558/

【Profile】
樺沢紫苑(かばさわしおん)

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
SNS、メールマガジン、YouTubeなどで累計40万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝え、「日本一、情報発信する医師」として活動している。
月に20冊以上の読書を30年以上継続している読書家。そのユニークな読書術を紹介した『読んだら忘れない読書術』(サンマーク出版)は、15万部のベストセラーに。
その他、『いい緊張は能力を2倍にする』(文響社)、『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』(大和書房)など、28冊の著書がある。
公式ブログ http://kabasawa3.com/blog/

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける