日本一情報発信する医師・樺沢先生が教える 運動と脳の関係性

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本一情報発信する医師・樺沢先生が教える 運動と脳の関係性

2019.05.14

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

日本一情報発信する医師・樺沢先生が教える 運動と脳の関係性

部活動に入っていない人もいるかもしれませんが、適度な運動は勉強する上で良い効果があるんだそうです。今回はYouTubeなどでもさまざまな情報発信をされている、精神科医で作家の樺沢紫苑(かばさわ しおん)先生に伺いました。
あまり運動していないという人も、運動したくなるかもしれませんよ!

この記事をまとめると

  • 脳の神経細胞は増殖しないという過去研究は覆された
  • 1回1時間程度の運動を週2回するだけでも効果が!
  • 勉強の合間に有酸素運動をすることでスッキリした頭で勉強できる!?

脳の神経細胞はつくり続けられていることが発見された!

「もっと賢く生まれてきたら、自分の人生も違ったのに……」と思う人はいませんか? 実は今からでも、あなたの頭をよくすることは可能です。

私が医師になった25年前は、「脳の神経細胞は増殖しない。神経細胞の数は生まれてから減るだけで、増えることは決してない」と習いましたが、その神経学の大前提が、近年覆されました。人間の「記憶」と極めて密接に関わっている脳の器官である海馬の中では、毎日新しい神経細胞がつくり続けられていることが発見されたのです。この神経を作るために必要な物質が、BDNF(脳由来神経栄養因子) であり、BDNFは有酸素運動によって分泌が増えることが分かっています。

そのため「頭をよくしたい!」と思うなら、運動をすればいいのです。運動量としては、1回1時間程度の有酸素運動を週2回以上行うと、脳を活性化する効果が十分に得られます。 また、わずか20分の運動でもドーパミンが分泌されるため、 運動直後から集中力・記憶力・学習機能・モチベーションのアップが認められます。

有酸素運動により集中力が持続

「有酸素運動」は集中力を高めるためにも、おすすめの方法です。30分以上の有酸素運動をすると集中力が高まります。

なぜかというと、運動することによってドーパミンやエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。ドーパミンとは、もともと幸せな気持ちにさせる「幸福物資」ですが、学習効果を高める「学習物質」でもあることが実験などによって証明されています。ドーパミンが分泌されると集中力が高まり頭がよくなるといえます。

例えば休日の午前中に勉強したら、一度運動の時間をとって再度勉強をすると、朝起きたときのようなスッキリした頭で勉強に取り組むことができ、集中力が持続します。受験生にこそ運動をおすすめしたいと思います。

ただし、あまりにもハードな運動をしすぎると、猛烈にお腹が空いたり眠くなってしまい、逆に集中力が下がってしまいます。人によって適切な運動時間と運動強度が違います。自分にあった運動を取り入れましょう。


テスト前になると一夜漬けで頑張る人もいるかもしれませんが、今度からは運動を取り入れてリフレッシュしながら勉強に取り組むように見直してみてはいかがでしょうか。
勉強して眠くなったら走りに出かけてみるなど、効果的に運動を取り入れてみると良さそうですね!


【出典】
『学びを結果に変える アウトプット大全』
https://www.amazon.co.jp/dp/4801400558/

【Profile】
樺沢紫苑(かばさわしおん)

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
SNS、メールマガジン、YouTubeなどで累計40万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝え、「日本一、情報発信する医師」として活動している。
月に20冊以上の読書を30年以上継続している読書家。そのユニークな読書術を紹介した『読んだら忘れない読書術』(サンマーク出版)は、15万部のベストセラーに。
その他、『いい緊張は能力を2倍にする』(文響社)、『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』(大和書房)など、28冊の著書がある。
公式ブログ http://kabasawa3.com/blog/

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける