日本のポップカルチャーがどれくらいアツイか知ってる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本のポップカルチャーがどれくらいアツイか知ってる?

2019.04.17

提供:聖学院大学

メイン
テーマ

日本のポップカルチャーがどれくらいアツイか知ってる?

日本のポップカルチャーが世界で人気を博しているのは知っていると思います。代表的なのはアニメやゲームですよね。日本のゲームはクオリティの高さはもちろん、種類の多さが人気。アニメは絵の質とストーリーの奥深さが人気のようです。
内閣府が「クールジャパン」として満を持して世界に発信する日本のカルチャー、世界でどのように活躍しているのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 約30年前のアニメブーム以来日本のポップカルチャーは進化し続けている!
  • 日本人特有の「ポップ」な感性が世界に影響を与えている!
  • グローバルな視点で日本文化を学び、ジャパニーズ・カルチャーを世界に発信できる人になる!

そもそもポップカルチャーってなに?サブカルチャーとどう違う?

伝統的というよりは大衆向けの、マンガ、アニメ、ゲーム、ライトノベル、ポピュラー音楽、テレビ、映画などを指すのが「ポップカルチャー」。日本のポップカルチャーの原点は1990年代のアニメブームで、徐々に存在感が高まり、今では日本を代表する現代文化となっています。ゲームやアニメのほか、ライトノベルやアイドル文化も日本ならではですね。
ところでポップカルチャーと同じくらい耳馴染しているサブカルチャー。この2つの定義が違うことはご存知ですか? 
そもそもサブカルチャーというのは「サブ」のカルチャー。伝統的な美術や芸能や文学を指す「メイン」に対して、伝統の真逆をいく、マイナーで独自な趣味趣向や価値観を持つ若者文化という意味。要するに「下位」文化です。
「大衆向け」のポップカルチャーと、「下位」のサブカルチャー。この2つは数年前まであまり意識的に使い分けされていませんでした。現在でもアニメやマンガなどをまとめてサブカルチャーと呼ぶことがあるようですが、実は意味合いが違うんです。

日本のポップカルチャーに世界中が注目!

ファッションやアニメ、漫画や音楽などのポップカルチャーを「ジャパニーズ・カルチャー」として海外に売り込む、政府主導のクールジャパン戦略が注目を浴びています。なぜ、私たちの文化は興味を持たれているのでしょうか。
いま、インターネットのおかげで誰もが簡単に自国の文化を世界に拡散できるようになりました。動画サイトでは外国人が日本のキャラクターのコスプレで踊ったりする姿がどんどん増えています。この現象は、西欧の伝統的なファッションを「かわいい」という感性でポップに表現した日本独自の感性が巻き起こしたものと言われています。
また、日本のポップカルチャーはアジアでも大人気で、シンガポールでも注目を集めています。街中ではグッズを扱うショップやカフェが続々とオープンし、日本のアニメやマンガなどのコンテンツを発信する大型イベントも開催され、会場の内外ではコスプレイヤーがひしめき合っているそうです。
もちろん日本国内の盛り上がりも衰えていません。世界最大規模の同人誌即売会「コミケ(コミックマーケット)」はもちろん、2016年から毎年幕張メッセで開催されている日米の映画・コミック・アニメ・ゲームなどのポップカルチャーを扱った「東京コミコン(東京コミックコンベンション)」も大盛況。今や日本から発信されたポップカルチャーは世界中で認知され、愛好されています。

古典文学から現代日本のポップカルチャーまで!グローバルな視点で日本文化を学ぶ

聖学院大学の人文学部「日本文化学科」では、グローバルな視点で「日本」を見ることに重点を置いています。「世界」を抜きにしては語ることが難しいジャパニーズ・カルチャーの文化的価値を正しく評価し、世界に向けて発信できる視点を養うため、「文学・語学」「歴史・思想」「文化論・比較文化」の視点から多角的に考察。
「文字・語学」では、古典文学から近現代文学まで、優れた作品の魅力を味わい、時代背景や作者の思考や精神などさまざまな観点からの解釈を試みます。「歴史・思想」では、歴史上の事件や人物について、未知の事実を明らかにするための研究方法を初歩から学び、「文化論・比較文化」では、伝統芸能からポップカルチャーまで、世界の人びとの感性を刺激する日本文化を国際的な視点からとらえ、新たな可能性の気づきにつなげていきます。
また、古典文学から現代日本のポップカルチャー、日本史の研究や中国文学、さらには文化の社会学まで、魅力的な講義を少人数で受講できるほか、関心のある分野について理解を深められる学年合同のゼミ、国語科教職・日本語教師・図書館司書・社会調査士の資格取得を目指せる指導も受けられます。

【広告企画】提供 : 聖学院大学

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける