世界最高級の塗装ブースなど最新鋭の設備と機材がずらり! 新しい実習環境の中で学び、理想の自動車整備士になろう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

世界最高級の塗装ブースなど最新鋭の設備と機材がずらり! 新しい実習環境の中で学び、理想の自動車整備士になろう!

2019.04.27

提供:太田自動車大学校

世界最高級の塗装ブースなど最新鋭の設備と機材がずらり! 新しい実習環境の中で学び、理想の自動車整備士になろう!

大手自動車メーカーの本拠地がある群馬県太田市。市内にある太田自動車大学校(OAEC)は、学生の整備士技能登録試験(自動車整備士資格試験)の合格率が毎年全国平均をはるかに上回り、開校以来、高い就職率を誇っています。そのOAECに、世界標準の設備や最新鋭の機材を揃えた新しい校舎が誕生しました。熱意あふれる学生が集まる独自の育成カリキュラムとあわせて必見です!

この記事をまとめると

  • 大手自動車メーカーの拠点で知られる群馬県太田市にある太田自動車大学校に、世界水準を持つ設備を含めた最新鋭の新校舎(整備実習場)が誕生した。
  • 3年制の自動車車体整備学科では、卒業までに4種類の国家資格と幅広い整備技術を身につけることができる。
  • 国家試験対策と熟練のプロの指導による多彩な実習を経て、整備士としての理想の就職を目指すことができる。

世界標準の設備や最新鋭の機材が揃う新校舎(整備実習場)。さまざまなクルマを整備できるスキルが身につきます。

緑豊かなキャンパス内に、広大な整備実習場が完成。普通車、大型車、二輪車とさまざまな車両整備の技術を、最新の設備と機材を使って学ぶことができる環境が整いました。

注目すべきは、世界最高級「USIITALIA社」の最新塗装ブース。普通車をすっぽり覆う世界水準の巨大な設備を7基揃えています。また、世界の自動車メーカーで使用されている塗料や環境にやさしい「R-M」の水性塗料など、高水準の材料を使った塗装技術を身につけることができます。そのほか、25トンの大型トラックを持ち上げるリフトや最新鋭の車両のフレーム修正機、最新鋭の機材、塗装に最適な温度を約3秒で調整できる赤外線乾燥機など、高い技術を学べる環境が整っています。ぜひオープンキャンパスに参加して、充実した新校舎を体感しましょう!

自動車整備士資格の取得と板金・塗装の技術も身につく「OAEC学習システム」は、理想の就職に近づけるカリキュラム。

2018年に誕生したOAECの自動車車体整備士コース(3年制)では、卒業までに4種類の国家資格の取得をめざすことができます。学生が必要な専門知識と技術を着実に学び、高い試験合格率を上げている元となっているのが、本校独自のカリキュラム「OAEC学習システム」です。

入学後、普通車、二輪車、大型車の3コースから選択。各コースで整備の基本を一から習得でき、好きな分野をより多く学べるカリキュラムになっています。2年次までに二級ガソリン自動車整備士と二級ジーゼル自動車整備士資格の両方の資格の取得をめざせます。3年次になると、板金・塗装など車体整備課程を学び、二級二輪整備士資格、自動車車体整備士資格を取るための学習にも力を入れます。

また「OAEC学習システム」では、学科と実習を5日ごとに繰り返す「集中学習サイクル」を導入。専門知識と技術を着実に効率よく身につける授業計画で、学生たちを確かな技術者へと導いています。

国家資格試験対策や熟練のプロによる実習も充実。理想の就職をつかみとろう!

OAECでは、自動車整備士の国家資格試験対策に重点を置くとともに、進歩し続ける自動車のメカニズムを学べる実習も充実。経験豊かなプロの直接指導のもとで学ぶことができます。車両の板金・塗装については、コンパクトカーやレースカー、スクールバスなど多彩で、損傷した車の診断方法や骨格、蓋板の修復技術もマスターできます。卒業生に対しても門戸を広げており、就職後の各種資格取得をバックアップしています。

クルマやバイクが好き、好きなことを仕事にしたいという情熱にあふれる学生が集まるOAEC。世界水準の設備や最新鋭の設備の中で学ぶ多くの学生が理想の就職を決めており、卒業生として仕事に情熱と誇りを持って活躍しています。

【広告企画】提供 : 太田自動車大学校

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「自動車整備士」
はこんな仕事です

自動車の整備・点検、故障の修理・部品の交換・オーバーホール(分解掃除)など、車が安全に走行できるよう、専門的な知識と技術で整備をする仕事。多くの部品や電気系統など細かくチェックをしながら故障や異常を探し、部品を修理・交換する。整備不良は大きな事故につながりかねないため、事前に問題を発見して解消する重要な役割を担う、いわば車のお医者さんだ。活躍の場は自動車の整備工場や、メーカーの自動車販売会社などが多く、各専門分野を持った整備士たちが協力し合い、メンテナンスをする。

「自動車整備士」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「二輪自動車整備士」
はこんな仕事です

バイクを専門として修理、点検、整備を行う仕事。持ち込まれたバイクの状態を正確に把握することが第一で、タイヤ、ブレーキパッドの消耗を発見したら、修理、交換を提案するなど、オーナーの安全を守る大切な役割を担っている。ブレーキなどの調整や細かなチューニングで、今までよりも走りやすく整備できるかが腕の見せどころとなる。二輪の場合は、オーナーによって乗り方が異なり、個性や癖にも配慮が必要だ。整備工場の他、バイク販売店などが活躍の場になる。

「二輪自動車整備士」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「自動車車体整備士」
はこんな仕事です

自動車の車枠と車体の点検や調整整備をする仕事。車枠と車体に特化した専門的な自動車整備士だ。事故などで損傷した車体をコンピューターで計測して、新車同様に復元。状態によっては車体を分解したり部品を交換したりすることもある。また、見た目だけでなく安全性能も回復させる。車体の安全は、そのまま人命の安全であり、重要な仕事といえる。国土交通省が付与する「自動車車体整備士」の資格を取得していると、自動車車体整備士としての高い信用が得られる。資格を取得するには、自動車の装置整備作業の実務経験が2年以上なければならない。

「自動車車体整備士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける