高校生が難民居住地を訪問して分かった「難民のリアル」とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高校生が難民居住地を訪問して分かった「難民のリアル」とは?

2019.03.29

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

高校生が難民居住地を訪問して分かった「難民のリアル」とは?

高校生の皆さんは「難民問題」という言葉を聞いたことがありますか? ニュースで耳にしたことがあっても、実際にどこの国で起こっていることなのか分からない人が多いかもしれません。

難民問題に関心を寄せ、実際にウガンダ・ビディビディへ行った5人の高校生が体験談を語るイベント「KD Tokyo 2019 ―難⺠問題は、 じぶんごと?―」が4月7日、Amazon Japan本社で開催されます。どのようなイベントなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • アイデアコンテストで難民問題に向き合ったことをきっかけにK-Diffusionorsを発足
  • 「リアル」を知りたいと、現地へ赴いた
  • 当日のイベントには、難民問題に精通している識者の登壇がある

アイデアコンテストへの出場をきっかけに「K-Diffusionors」を作った

東京・開成高等学校に、難民問題をdiffuse(広める)する「K-Diffusionors」という団体があります。同校の生徒18名で運営しているこの団体は、昨年9月に発足しました。

きっかけとなったのは、World Visionが主催しているアイデアコンテスト「未来ドラフト」。このコンテストで優勝をすれば実際にウガンダのビディビディ難民居住地を訪問し、自分たちのアイデアを実現することができたのですが、開成高等学校は惜しくも3位となりました。

このコンテストへ出場することで、難民問題について考え取り組んできたのに、このまま終わってしまうのは虚しいと考えた生徒たちが「自分たちで何かをやりたい」と考え、作ったのが「K-Diffusionors」です。イスラエル系難民の友人を持つ人、国際問題やテクノロジーに興味がある人など、さまざまなバックグラウンドを持った生徒が集まり、総勢20名で活動をしています。

インターネットやニュースでは分からない「リアル」を知るため現地へ

今年の1月、K-Diffusionorsのメンバー5名が、ウガンダのビディビディ難民居住地を訪れました。彼らがこだわったのは「リアル」を聞き、感じること。単に支援するだけなら募金活動をするなどの方法がありますが、インターネットやニュースを通じてだけでは分からない現状を知る必要があると、渡航を決意したのだそうです。

現地では、20人の子どもたちへのインタビュー、カメラ撮影、現地で駐在しているNGOや大使館の方々へのインタビューを行い、高校生だから感じたことを伝えたいと思ったとのこと。40度を超える気候や目を開けることができない砂ぼこりなど、実際に現地へ行ったからこそ分かったこともたくさんあるようです。

KD TOKYO2019では、現地での体験談を語り尽くす

K-Diffusionorsのメンバー5名が体験したことを発表する「KD TOKYO2019」では、フォトジャーナリストでテレビのコメンテーターとしても活躍している安田菜津紀さん、元国連WFPアジア地域局長で世界各地の紛争地域で支援にあたった経験がある忍足謙朗さんが登壇されます。現地の事情を知るお二人の貴重な話が聞けるのはKD TOKYO2019ならではの貴重な機会かもしれません。

当日は現地を訪れた5人が経験談を語り尽くします。VR動画による疑似体験やディスカッションなどのワークショップも行われる予定で、中高生を中心とした若者世代に向けて発信する内容になっています。無料のイベントなので、自分の視野を広げるためにもぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


K-Diffusionorsのメンバーは高校生なので、学校の授業や部活動で忙しくしていますが、それぞれ時間がある時に企業を訪問したり講演会の企画を立てたりしているのだとか。進捗状況を毎朝授業が始まる前にミーティングで報告し合っているとのことです。

コンテスト出場をきっかけに立ち上げたK-Diffusionors。今後どのような活動をしていくのか、とても楽しみですね。

「KD Tokyo 2019 ―難⺠問題は、 じぶんごと?―」
■日時 2019 年 4 月 7 日(日) 13:00~16:30 (12:30 開場)
■会場 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 目⿊アマゾン新オフィス 21F
■対象 中学生、高校生、大学生、一般
■定員 300名
■参加費 無料
■登壇者
・安田 菜津紀さん(フォトジャーナリスト)
・忍足 謙朗さん(元国連 WFP アジア地域局長)

▼イベントの申し込みはこちらから
https://pages.worldvision.jp/2019_Miraidraft_kaiseireport_InputPage.html

▼K-Diffusionorsイベントの情報はこちらから
https://kaiseidiffusionors.wixsite.com/forabettersociety

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける