おもてなしの心から所作・マナーまで――。 空の旅を演出する“フライトアテンダント”に必要なスキルとは!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

おもてなしの心から所作・マナーまで――。
空の旅を演出する“フライトアテンダント”に必要なスキルとは!?

2019.03.22

提供:東京エアトラベル・ホテル専門学校

おもてなしの心から所作・マナーまで――。
空の旅を演出する“フライトアテンダント”に必要なスキルとは!?

常に笑顔をたやさず、最高のサービスを提供してくれるフライトアテンダント。飛行機に乗ったとき、フライトアテンダントのおもてなしに感動した人も少なくないことと思います。フライトアテンダントをめざす人はとても多く、今も昔も高校生にとって憧れの存在です。そこで今回は、この仕事に求められるスキルについて特集。おもてなしの心や所作・マナーを身につけて、憧れのフライトアテンダントをめざしましょう!

この記事をまとめると

  • 多くの人が憧れるフライトアテンダント。最も大切なのは第一印象!?
  • お客さまの安全を守り、快適な空の旅を提供するには、幅広いスキルが必要!
  • 東京エアトラベル・ホテル専門学校なら、フライトアテンダントに必要なスキルを2年間で習得できる!

歩き方や姿勢の良さ――フライトアテンダントにとって最も大切なこと。

目を閉じて、飛行機に乗ったときのことを思い出してみてください。皆さんをもてなしてくれたフライトアテンダントは、どんな人でしたか? やさしい笑顔や、キリリとしたたたずまい、「1つひとつの動作の美しさ」を思い浮かべた人が多いのでは?

実はフライトアテンダントにとって、「第一印象」はとても大切。服装やメイクといった「身だしなみ」から、立ち居振る舞いや身のこなしといった「所作」まで、細部にまで気を配っています。たとえば声のトーンや大きさ、乗客を案内する時の姿勢、機内食やドリンクをサービスする時のしぐさなど。フライトアテンダントは所作一つひとつが洗練されていて、しかも品がありますよね。

では、なぜフライトアテンダントは第一印象を大切にしているのでしょうか。それは、日々、国内外のさまざまな乗客に対応しているから。もしも印象が悪かったら、乗客は二度とそのエアライン会社を利用してくれないかもしれません。逆にフライトアテンダントの印象が良かったら、乗客はエアライン会社のファンになってくれるかもしれないのです。もちろん、その根底には「お客さまを思う気持ち」があります。「お客さまに、快適な空の旅を楽しんでいただきたい」――美しい所作と、心を込めたおもてなしが、フライトアテンダントの印象を高めているのです。

チームワークから柔軟な対応力まで――フライトアテンダントに求められるスキル。

もちろん、所作や身だしなみを整えればフライトアテンダントになれるわけではありません。必要なスキルは、まだまだたくさんあります。

そもそもフライトアテンダントには、「乗客に機内サービスを提供する」という業務以外にも、「乗客の安全を守る」という大切な役割があります。

フライトアテンダントは、パイロットと天候や飛行状況などの情報を共有。気流の変化や飛行機の揺れなどが予測されるときには、いち早く、シートベルト着用などの案内をします。また、機内のすみずみまで目を配り、機内に異変はないか、体調を崩している乗客はいないかを確認し、乗客の安全を一番に考えて対応します。

わずかな変化も見逃さない“洞察力”や、どんな状況でも冷静さを失わずに乗客の安全を守る“適切な判断力”と“柔軟な対応力”、そして仲間のフライトアテンダントやパイロットとやりとりしながら仕事を進めていく“チームワーク”。これらもまた、フライトアテンダントに求められる大切なスキルです。

さらに、乗客は観光やビジネスなど、さまざまな目的で飛行機を利用します。お客さまが何を求めているかを察知し、その方に合ったサービスやおもてなしを提供するなど、“高度なコミュニケーション力”も求められます。

憧れのフライトアテンダントをめざすなら、東京エアトラベル・ホテル専門学校がイチオシ!

東京エアトラベル・ホテル専門学校のエアライン科フライトアテンダントコースは、その名の通り、フライトアテンダントの養成を目的としたコースです。美しい所作やマナー、サービス技術、さらにはおもてなしの心まで、この職業に必要なあらゆるスキルを2年間のカリキュラムで身につけることができます。

たとえば「エアライン概論」の授業。元フライトアテンダントの教員が、航空業界の専門用語や飛行機の構造など、航空業界に関する基本的な知識を教えています。「美育」は、髪型やメイク、服装、姿勢、歩き方などを個人レッスンで学び、美しい所作や礼儀作法を身につけます。さらに、美しい日本語を用いた話し方を学ぶ「話し方」の授業もあります。もちろん、機内や空港で使われる英語表現を習得する「Airline English」など、語学のスキルを習得する授業も充実しています。

2年次になると、各国の料理や宗教的な制限のある料理、料理に合うお酒の基礎知識など機内料理全般について学ぶ「料理飲食基礎」や、日本の文化を英語で学ぶ「Japanese Culture」など、より高度で専門的な知識・スキルを学んでいきます。名刺交換や電話応対など社会人として必須のスキルを身につける「ビジネスマナー」や、聴覚に障がいをもったお客さまにも対応できるよう、初級・中級レベルの手話を学ぶ「接遇手話」などの授業もあります。

充実のカリキュラムで必要なスキルとマインドを身につけた東京エアトラベル・ホテル専門学校の卒業生たち。その多くが国内外の航空会社に就職し、フライトアテンダントとして世界中を飛び回っているのです。

【広告企画】提供 : 東京エアトラベル・ホテル専門学校

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「客室乗務員(フライトアテンダント)」
はこんな仕事です

航空機の客室で、安全運航のための保安業務や搭乗客へのサービスを行う仕事。航空会社によって、「客室乗務員」「フライトアテンダント」「キャビンアテンダント(CA)」など、呼び方はさまざま。具体的には、搭乗客の案内、手荷物の収納確認、救命胴衣や酸素マスクの使い方の説明、機内アナウンス、食事や飲み物の提供、体調不良者への対応などを行う。搭乗客が機内で快適に過ごせるよう、常に気配りと笑顔が求められる。また、非常時には搭乗者の避難誘導にあたるなど、保安要員としての役割も大きい。

「客室乗務員(フライトアテンダント)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける