歯科衛生学科(3年制)2020年開設。⾼度な専⾨知識と技術を習得し、幅広く活躍する⻭科衛⽣⼠を育成します。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

歯科衛生学科(3年制)2020年開設。⾼度な専⾨知識と技術を習得し、幅広く活躍する⻭科衛⽣⼠を育成します。

2019.03.26

提供:大手前短期大学

歯科衛生学科(3年制)2020年開設。⾼度な専⾨知識と技術を習得し、幅広く活躍する⻭科衛⽣⼠を育成します。

⾼齢者の増加、健康や美容への関⼼の⾼まりなどから需要が増えている⻭科衛⽣⼠。国家資格のひとつであり、健康的で美しい⻭を保つために⽋かせない⼤切な仕事です。⻭科医師のサポートや、むし⻭・⼝腔疾患などを未然に防ぐ予防⻭科、保健所や幼稚園、⼩学校などでむし⻭の予防教室を開いたりと、その役割は多岐にわたります。大手前短期大学では、さくら夙川キャンパスに2020年4月開設「⻭科衛⽣学科(3年制)」。⾼度な専⾨知識と技術を習得し、幅広く活躍する⻭科衛⽣⼠を目指すことができます。

この記事をまとめると

  • 歯と口のケアは、全身の健康にも大きく影響。
  • 健康的で美しい歯を保つために。歯科衛生士の役割とは。
  • 大手前短期大学ならではのサポート。

歯の健康を守ることは、身体全体の健康を守ること

口の中を清潔に保ち、口腔内だけでなく全身の健康・美容を維持するために必要な《口腔ケア》。むし歯や歯周病により口腔機能が低下すると、食べ物を噛んで味わったり、飲み込むといった動作を円滑に行えなくなるため、栄養をうまく摂取できず栄養不足にもつながったり、免疫が低下し、生活習慣病や、感染症、心臓や脳などの様々な病気にかかりやすくなる恐れがあるなど、数々の事例が報告されています。

国立社会保障・人口研究所の資料によれば、2040年には、65歳以上の高齢者の人口はピークをむかえ、総人口の約3分の1を占めると言われており、高齢化社会を迎える日本において、高齢者の口腔ケアは、その重要性が高まっています。口腔ケアは、歯を失わないということだけではなく、色々な目的があります。
むし歯、歯周病の予防のための「口腔内の清掃」、味覚の改善、唾液の分泌の促進、誤嚥性肺炎の予防、口腔機能の維持・回復のための「機能的な口腔ケア」などが、うまく組み合わされることで、効果が発揮されます。

80歳になっても20本以上自分の歯を保っていれば、食生活にほぼ満足すると言われているのだとか。生涯自分の歯で食べる楽しみを失わないため、日頃のセルフケアだけではなく、プロによる定期的なメンテンナンスも必要です。
そんな、口腔環境を守るため歯科医師と共に、最前線で活躍するのが歯科衛生士という仕事です。

口腔ケアのエキスパート、歯科衛生士の仕事

歯科衛⽣⼠は、厚⽣労働省が認定している国家資格のひとつ。
健康的で美しい⻭を保つために⽋かせない⼤切な役割を担っています。
意外と知っているようで知らない、歯科衛生士の仕事。
みなさんは、歯科衛生士の3大業務をご存知でしょうか。

1. 歯科予防処置:
口腔ケアや歯磨きの指導、歯石や汚れを取り除き、患者さんの歯をむし歯から守ります。

2. 歯科診療補助:
むし歯や歯周病の治療や、矯正、インプラント治療など、歯科医師がスムーズに
治療できるようにサポートを行います。

3. 歯科保健指導:
歯科クリニックをはじめ、保育所、幼稚園、学校や地域といった様々な場所や施設で
検診のお手伝いや、歯磨きの指導などを行います。

このように、歯科衛生士の役割は多岐にわたります。

歯科衛生士の国家資格は、高校卒業後、歯科衛生士を養成する学校に通い、
国家試験に合格することで取得することができます。一度取得すれば、生涯有効の国家資格です。

歯科衛生士の、2017年度の求人倍率は、21倍(※)と過去最高を記録しているそうです。
活躍の場も、歯科クリニックや教育機関、歯科材料メーカーまで幅広く
「口腔ケアのプロ」として活躍することができます。

※出典:一般社団法人全国歯科衛生士教育協議会
平成30年度「歯科衛生士教育に関する現状調査の結果報告」

大手前短期大学 歯科衛生学科ならではのサポート

本学では、5つのスペシャルで歯科衛生士をめざす方の夢と未来を応援します。

① 国家資格試験全員合格を徹底サポート:
きめ細やかなサポートで高い就職率を達成している大手前短期大学が完全サポート。
歯科衛生士国家試験も、全員合格に向けて徹底的にバックアップします。

②卒業後は、働きながら10万円で大学へ編入:
大手前大学通信教育部への編入が可能です。初年度入学生は年間10万円の授業料で、
大学卒業資格が取得できる開設記念特別特典があります。

③ 臨地実習先は、国内有数の大学病院や教育機関など:
京都大学や大阪大学などの附属病院や大型クリニック、保健所、教育機関と
多様な実習先と連携しています。医療現場に強い歯科衛生士を養成します。

④進化する大手前大学・短期大学:
日本初(※)の「国際看護学部」や、管理栄養士の養成を行う「健康栄養学部」を有する大手前学園が、
口腔ケアのプロを育成します。
※2018年12月時点

⑤ おしゃれな街、夙川で憧れのキャンパスライフ:
歴史と文化に恵まれた街、夙川が歯科衛生学科の拠点。阪急・阪神・JRからのアクセスも抜群です。

【広告企画】提供 : 大手前短期大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歯学」
はこんな学問です

口の中の健康状態を改善し、病気の予防と治療を行うための研究をする学問である。学問分野としては、「基礎歯科学」と「臨床歯科学」に分かれる。「基礎歯科学」は、口腔の構造と生体の組織や微生物との関係などを研究する基礎分野である。「臨床歯科学」は、「基礎歯科学」の成果に基づいて実際に診断・治療するための方法や医薬品・設備・治療に用いる素材などを研究対象とする分野である。

「歯学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける