街のことをよく知らないと、保健師は務まらない!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

街のことをよく知らないと、保健師は務まらない!?

2019.03.04

提供:四日市看護医療大学

街のことをよく知らないと、保健師は務まらない!?

保健師の活躍の場でいちばん多いのはどこか知っていますか?それは、保健所や市町村の保健センターなどの公的機関。まちの身近な健康相談係として、赤ちゃんから高齢者まで、地域に暮らすすべての人たちの健康をサポートします。そうしたことから、保健師は医療や健康に関する専門的な知識はもちろん、地域の人たちや制度について詳しいことも大切!
ここでは、そんな「行政保健師」の仕事内容ややりがいなどについて見てみましょう。

この記事をまとめると

  • 保健師は地域に暮らす人たちの健康を守る仕事
  • 地域のすべての人の「健康」に関わる喜び
  • 進路の可能性が広がる四日市看護医療大学

保健師は「地域全体の看護」をする仕事

保健師は、地域で生活する人たちの病気を予防し、心身ともに健康な状態で暮らせるよう手助けする仕事です。対象となるのは、赤ちゃんから妊産婦、障がい者、高齢者まで地域で暮らしている人たちすべて!
たとえば、「じぶんの子どもの成長が遅れているのでは?」と悩んでいる母親の相談に応えたり、生活習慣病の予防や改善のための指導をおこなったり、自宅療養している高齢者を訪ねて療養生活や看護方法を指導したりします。
そのため、保健師は医療や健康に関する幅広い知識はもちろん、地域に暮らす人のことをよく知っていることがとても大切。そして、対象となる人たちにふさわしい補助制度やサービスなどの情報を提供して、安心・快適に暮らせるようサポートします。

看護師が「病人やけが人の看護」を主な仕事にしているのに対して、まさに保健師は「地域全体の看護」をおこなう仕事といえるでしょう。

保健師の仕事のやりがいって何?

保健師の仕事のやりがいについて、現場で活躍している卒業生に聞きました。

「現在、町役場で保健師として成人保健を担当しています。病気になった人をケアする看護師と違って、私たちが接するのは主に病気になる前の人。とくに『自分は健康だ』と思っている40〜50代の働く世代の人たちに訴えることはなかなか難しく、試行錯誤の繰り返しです。大変ですが、地道に訴えたことで自分から報告に来てくれる方や、生活習慣を見直してくれる方が増えたりすると、やりがいを感じます。
また、地区ごとの特性を知ることも保健師にとって大切な仕事。たとえば転入者の多い地区では、仲間づくりにもなるイベントができないか検討したり、長く住んでいる方が多い地区では、その土地ならではの考え方や価値観を踏まえた指導を考えたり。その成果が結果となって表れたときは、嬉しくなります!」

保健師は、まちの身近な健康相談窓口として頼りにされる存在。地域の人たちと広く関わることができる、取り組みがいのある仕事といえるでしょう。

「看護師」「保健師」「助産師」をめざせる大学

保健師は医療や看護に関する幅広い知識や技術が求められます。そのため、保健師をめざすには看護師の国家資格を取得したうえで保健師の国家試験に合格する必要があります。

四日市看護医療大学は、「看護師」の国家試験受験資格はもちろん、「保健師」または「助産師」の国家試験受験資格が取得可能な、東海地方では数少ない大学です。※
そして看護師国家試験と保健師国家試験は同時に受けられるため、どちらの道もめざすことが可能。進路の可能性が広がります。

※保健師および助産師は、所定科目の単位修得により国家試験受験資格取得可能。
※保健師国家試験受験資格の履修人数は各学年50名。
※3資格同時取得はできません。

【広告企画】提供 : 四日市看護医療大学

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保健師」
はこんな仕事です

保健師は、人々が健康な生活が送れるよう、病気予防や健康管理の指導を行う仕事。勤務先としては市町村が多く、地域の身近な健康相談係として、妊婦や乳幼児、高齢者などを対象に幅広く指導を行っている。さらに、障がい者や難病の患者を対象とした保健所での勤務、一般企業の労働者、学生や教職員を対象とした保健業務など、活躍の場は幅広い。今後の高齢化や、生活習慣病予防をはじめ健康への関心が高まるなか、保健師が必要とされる場が増えるだろう。

「保健師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける