精神的に弱い人はストレスの影響を受けやすい?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

精神的に弱い人はストレスの影響を受けやすい?

2019.03.12

提供:名城大学

精神的に弱い人はストレスの影響を受けやすい?

「ストレス」を受けるのは事故や災害の被害者方だけじゃない?…意外な話ですが、事故や災害が起こると、消防士や自衛官、警察官などの職業的災害救援者も救援活動の現場でストレスを抱えていることが、調査の結果、明らかになりました。名城大学人間学部人間学科の畑中美穂先生は、こうした救援者やバイスタンダー(救急の現場に居合わせた人)が受けるストレスの症状・実態把握、ストレス対策のあり方などについて研究されています。これらのテーマにかかわる取り組みや、その課題について畑中先生が紹介します。

この記事をまとめると

  • ストレスを受けるのは、事故や災害の被害者だけじゃない?
  • バイスタンダー(救急の現場に居合わせた人)の抱えるストレスについて知る
  • よりよい「ストレスケア」とサポートのあり方について

過酷な現場に慣れている人でもストレスを感じている。

事故や災害の被害者が多大なストレスを受けることはよく知られています。一方で、消防士や自衛官、警察官などの職業的災害救援者も救援活動の現場でストレスを抱えていることは、あまり注目されていませんでした。しかし、全国の消防職員を対象とした調査の結果、プロの救援者でも衝撃的な現場を経験すると9割以上の人が何らかのストレス症状を抱え、7人に1人がPTSD※(心的外傷後ストレス障害)ハイリスク群であることが明らかになりました。私はこうした問題を解決するため、救援者が受けるストレスの症状・経過の実態把握、個人のストレス対処、組織によるストレス対策のあり方などについて研究しています。

※PTSDとは、命の安全が脅かされたり、死傷の現場を目撃するといった強烈なショック体験が心の傷(トラウマ)となり、時間がたってからも当時と同じような恐怖を感じ続ける精神的な後遺症・疾患。

救急の現場に関わるすべての人にサポートは必要。

職業的災害救援者のストレスケアとともに、バイスタンダー(救急の現場に居合わせた人)が受けるストレスとそのケアやサポートのあり方についても研究をはじめています。バイスタンダーのストレス問題については、データがないことを理由に、国としての取り組みがありません。そこで、消防職員の方々とともに面接調査や質問紙調査によるデータ収集を行い、分析結果にもとづいてバイスタンダーのサポート体制の構築に向けた提案を行うなど、さまざまな活動を行っています。これらの研究を通じて、なにがストレスを緩和させ、なにが悪化させるのか、ストレスを受けた状態から少しでも早く回復するにはなにが必要かなどを明らかにしていきたいと思っています。

畑中 美穂先生から学べる!名城大学人間学部人間学科

(畑中 美穂先生のプロフィール)
大学の卒業論文を「会話と精神的健康」というテーマで書きました。疑問に思うことが少しずつ明らかになっていくことが楽しく、研究をもう少し続けたいと思い大学院へ。楽しいと思うことを探求した結果、今の仕事にたどり着きました。

(名城大学人間学部人間学科の学び)
人間をより深く理解するため、心理、社会・教育、国際・コミュニケーションの3つの専門領域を横断的に学びます。人間性への洞察を中核にすえた広い視野と深い教養を持ち、豊かな人間性に裏打ちされ、国際的な舞台でも活躍できるコミュニケーション能力と行動力を備えた人材を育成します。

【広告企画】提供 : 名城大学

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「人間科学」
はこんな学問です

人間とは何者なのかという根本的な問い掛けから始まったのが人間科学。人間について研究するには生物学や医学だけではなく、心理学や社会学、哲学、教育学などの知識も必要になる。環境汚染や遺伝子組み換えの問題は、自然科学の価値観だけでは解決できない。ここでは人間の持つ倫理観や社会性が問題になってくるからである。人文・社会科学的な考え方を、自然科学における合理的判断と対話させることで、やっと人間らしい解決法を見出すことができる。

「人間科学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することが大切だ。

「心理学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける