デザインは「おしゃれ」なだけではダメ? メディアデザインを通してデザインの本質を知る

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

デザインは「おしゃれ」なだけではダメ?
メディアデザインを通してデザインの本質を知る

2019.04.01

提供:大同大学

デザインは「おしゃれ」なだけではダメ?
メディアデザインを通してデザインの本質を知る

普段、日常生活で「いいな」と思えるデザインに出会うことはありませんか?実は、デザインは「おしゃれであること」だけではダメなのです。あなたの心に残ったデザインは、あなたに「伝わった」ということ。人や社会に伝わるデザインを考える「メディアデザイン」について、大同大学情報デザイン学科の原田先生にお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • メディアデザインとは、人に伝えるための表現と方法を考えること
  • どう表現するか、手段は様々
  • 原田研究室では、表現手段をマルチに学べる

状況によって表現方法が変わる⁉メディアデザインのおもしろさ

情報学部 情報デザイン学科 原田昌明先生

情報学部 情報デザイン学科 原田昌明先生

私たちは、生活の中で無意識のうちに多くのデザインに触れています。そのなかで心に残るもの、残らないものの違いは何でしょう。それは「表現手段」の違いかもしれません。何かを人や社会に伝える方法を考えるデザインを「メディアデザイン」といいます。それを伝える手段(技術)を学び、最適な手段を用いて多くの人に伝えることが「メディアデザイン」の目的です。

メディアデザインの魅力は、手段に縛られないこと。CGや映像、Webやグラフィックスなど、どのような手段を用いた方が伝わりやすいのかは場合によって様々。ときには2次元だけにとどまらず3次元の場合もあります。例えばその表現手段がゲームだったとしたら、グラフィックス、映像、プログラミングなどすべての要素が詰まっているため、より深い学びに直結することもあるといいます。

最新技術を用いたメディアデザイン

原田先生の展示会風景。メディアデザインの表現方法は2次元にとどまらない。

原田先生の展示会風景。メディアデザインの表現方法は2次元にとどまらない。

大同大学情報デザイン学科でメディアデザインを教える原田先生は、美術大学出身。現在は3Dプリンタを用いた作品展示も行っています。水をシミュレートできるCGで流体の動きをそのまま固形にし、さらにそれを多面体にしたものです。3Dプリンタだからこそできる、手で削ることができない形をデザインとして考えたのです。また、ただの六角形ではなく不規則な多面体にすることでより綺麗に見せているのだそう。できたものは手で磨くというアナログな作業で仕上げているのも特徴です。

また原田研究室では、2017・2018年と2年続けて東京国際プロジェクションマッピングアワードに参加し、最終審査にノミネートされています。原田先生は「表現手段が多岐にわたるので、新しいことにチャレンジし続けられるのが、メディアデザインのおもしろいところ。自分でノウハウを得ながら新しいものに挑戦しています」と話してくださいました。

ニーズや伝わりやすさにこだわった表現方法を選択する

原田研究室が制作・発表したプロジェクションマッピング

原田研究室が制作・発表したプロジェクションマッピング

メディアデザインの「表現手段」を幅広く学ぶことのできる原田研究室では、産学連携事業でモーショングラフィックを用いたお化け屋敷の動画をつくったこともあります。最初は短い動画の依頼でしたが、「お化け屋敷の待ち時間に、より期待を高めるような映像を」というニーズを形にしていくうちに長編の動画が出来上がり、クライアントやお客さまから好評を得ることができました。

また、卒業研究は学生によって様々。グラフィックやCG、ゲームなどの手段を選ぶ学生もいれば、何か「物体」を作成するという手段を取る学生もいるのだそうです。とある学生はより印象的でリアルな映像表現をするために、通常の映像制作ソフトを使ってCG映像を制作していましたが、原田先生よりゲームエンジンを映像制作に利用することで、より短時間でよりリアルなCG映像を制作できるとアドバイスがあり、ゲームエンジンでの映像表現に変更しました。炎や水滴などをリアルに見せるのはとても難しいのですが、ゲームエンジンを活用することでリアルな表現を比較的短い時間で実現することができました。「原田研究室は他の研究室に比べて扱うメディアの幅が広いと思います。やりたいことを実現するために努力を惜しまない、そんな人が多く集まっていると思いますね」と原田先生。「どんな表現手段だと伝わるのか」を突き詰めていくと、よりおもしろいものが生まれるかもしれませんね。

【広告企画】提供 : 大同大学

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「デザイン」
はこんな学問です

物や空間をデザインするための技法と創造力を養う学問。広告、服飾、雑貨、建築物、環境、空間など、あらゆるところにデザインは必要で、分野としては「ビジュアルデザイン」「プロダクトデザイン」「スペースデザイン」「テキスタイルデザイン」などがある。美しさだけではなく、使いやすさなどの機能性が求められる点で、絵画・彫刻とは異なる。現在では、デジタル時代に対応した制作物も出ており、常に最新の文化とともに変化していく学問といえる。

「デザイン」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける