これからの時代に求められる医療人とは。 複雑で多様な患者のニーズに対応できる総合的な看護ケアのできる人材を目指して。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

これからの時代に求められる医療人とは。
複雑で多様な患者のニーズに対応できる総合的な看護ケアのできる人材を目指して。

2019.03.01

提供:穴吹医療大学校

これからの時代に求められる医療人とは。
複雑で多様な患者のニーズに対応できる総合的な看護ケアのできる人材を目指して。

みなさんは、2025年問題をご存知でしょうか。2025年問題とは、1947~49年の「第1次ベビーブーム」で生まれた「団塊の世代」が、75歳以上となる2025年頃の日本で起こる様々な問題のこと。みなさんのおじいちゃん、おばあちゃんの世代となるでしょうか。日本の人口における高齢者の割合が突出していて、2025年には5人に1人が75歳以上という超高齢社会になると言われています。近く到来する超高齢社会へ向けて、これからは病院看護だけでなく、在宅での看護への需要が高まっていくと予想されています。

この記事をまとめると

  • 2025年問題でこれからますます看護師教育が多様になる
  • 4年制の学校で幅広い深い学びと豊富な実習経験を積んだ人材にニーズが集まる
  • 地域に根差し、地域医療を支える専門学校でしっかり学ぼう

病院完結型医療から、地域完結型医療へ。時代とともに状況が変わる医療現場

超高齢化社会を迎えるにあたって在宅医療、在宅看護のニーズはますます高まります。

超高齢化社会を迎えるにあたって在宅医療、在宅看護のニーズはますます高まります。

あと6年もすれば、5人に一人が75歳以上、3人に一人が65歳以上という、超高齢社会がやってきます。高齢者が増えるということは、それだけ病院にかかる人が増えることは想像がつきますよね。そこで、数年前から医療・看護の在り方が見直され始めています。『病院完結型』から『地域完結型』へ、です。
これまでは、入院して集中的に治療し社会復帰してもらうというスタイルが主でした。が、高齢者の場合、慢性疾患や持病があって、複数の治療をしながら長く治療が必要な方が多く、これからの時代、そのような患者さんが増えていくことから、在宅での治療、看護を施す在宅医療を国が推奨しています。
これから看護師を目指すみなさんには、これまでの看護教育に加え、社会のニーズに合った知識や技術を学んでいただかなくてはなりません。つまりは、学校で学ぶ範囲が広がっているということです。

日本看護協会も推奨する、4年制看護師教育がある意味

4年という学びの期間が社会に出てからの実践力を確かなものにしてくれます。

4年という学びの期間が社会に出てからの実践力を確かなものにしてくれます。

ご存知の通り、看護師になるには、看護師国家試験に合格しなければなれませんよね。そして、その国家試験には受験資格がないと受けることができません。厚生労働省が謳っている条件のいずれかに該当する者と定められています。その中のひとつに、『文部科学省が指定した学校において3年以上、看護師になるために必要な学科を修めた者』、というのがあります。
穴吹医療大学校は、4年制です。受験資格には、3年以上、とあるので、一年余分なのでは、と感じるかもしれませんね。ですが、決してそんなことはありません。
少子超高齢社会における現代の医療を巡る状況は、大きく変わろうとしています。看護師には、患者の複雑性・多様性に対応した、より総合的な看護ケアの提供が全ての看護師に求められています。そのような時代の中ですから、看護師になるための学習期間の4年間は必要不可欠です。穴吹医療大学校は、専門分野の授業が中心の看護師になるための専門学校ですから、丁寧に、幅広く、より深い学びと、多くの実習による経験が得られ、社会に出てから実践能力を確かなものにしていけます。

穴吹医療大学校は、中四国の地域医療を支える存在でありたい。そのために、意欲的に学ぶ人を歓迎します!

これからの中四国の地域医療を支える看護師をあなたも目指しませんか?

これからの中四国の地域医療を支える看護師をあなたも目指しませんか?

穴吹医療大学校の卒業生たちは、地元香川県はもとより、四国全域、中国地方までの様々な医療機関へ就職しています。このように、本校は、中四国を中心とする地域医療を支える人材を育成、輩出できていると自負しています。
穴吹医療大学校は、これからも本学教育理念に共鳴し、将来地域に貢献する職業人を目指して強い意欲を持って学ぼうとする志の高い皆さんを、積極的に受け入れたいと考えています。
本校が求めるの人材は、学内の授業や演習、さらに医療施設等での実習等の学習機会を積極的に活用して、主体的に学び、卒業後も自ら学び続けることで地域医療のために役割を果たす医療人へと成長しようとする意志を持った学生です。
医療人として求められる幅広い知識や技術を旺盛に学び、実習においては医療現場における問題解決手法の実際や患者に誠実に向き合う確かな人間力を真剣に獲得しようとする人へ向けて、看護教育を施しています。

【広告企画】提供 : 穴吹医療大学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「看護師」
はこんな仕事です

看護師は、けがや病気の患者の回復を支える仕事。診察や治療、手術を行う医師の仕事をサポートし、患者の症状に合わせて世話をする。健康に不安を抱える患者を支えて励ますという精神的ケアも、看護師の役目である。主な勤務先は病院や診療所。総合病院では外来、病棟、手術室などに配属先が分かれるため業務内容が異なる。外来は、カルテ整理や電話応対などの事務的な仕事も多い。病棟では、毎日患者の身体の状態を確認し、医師に伝達。手術室では、器具の準備や執刀の補助などを行う。

「看護師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける