緊張の手術室…お医者さんのそばで医療機器を扱う、あの人はだれ?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

緊張の手術室…お医者さんのそばで医療機器を扱う、あの人はだれ?

2019.03.01

提供:帝京大学

緊張の手術室…お医者さんのそばで医療機器を扱う、あの人はだれ?

最近のテレビや映画で、医療ドラマが次々とヒットしています。緊迫の手術室で、医師が患者さんにメスを入れるシーンは、見ていてどきどきしますね。実はそのそばで、医療機器を動かしている人がいます。気づきましたか?その人は大切な手術チームの一員であり、臨床工学技士という医療の専門職です。
医療機器を扱う臨床工学技士には高い専門性が求められ、養成学校で学び、国家試験に合格することが必要です。高度な医療機器の数々と職業の特色についてのぞいてみましょう。

この記事をまとめると

  • 病院の手術室や治療室に置かれる医療機器は臨床工学技士が専門的に扱う。その種類はたくさんある。
  • 患者さんの命に医療機器を通して直接触れる職業であることから、「いのちのエンジニア」とも言われている。
  • 臨床工学技士に必要な知識とスキル、チーム医療について段階的に学べる大学がある。

患者さんの命を守る医療機器は、こんなにたくさんある

臨床工学技士が専門的に扱う医療機器は、実にたくさんあります。
代表的なものは、人工心肺装置。心臓手術のときに使われる心臓や肺の代わりの機能をもつ装置で、手術室で操作、管理します。手術によっては同時にたくさんの関連機器も置かれ、患者さんの状態に応じてすばやく正しい操作が求められます。
また、腎臓病の患者さんが血液をきれいにするための人工透析の装置も扱います。そのほか、人工呼吸器、麻酔器、心臓ペースメーカー、心臓病を診断する心臓カテーテル検査の関連機器など、患者さんの命に直結する精密な医療機器も、臨床工学技士が専門的に使用します。使った後のメンテナンスも、この専門職の大切な仕事です。
これらの機器は、重い病気や救急の患者さん、慢性的な病気を抱えて通院する患者さんなど、さまざまな人たちのために使われています。

「いのちのエンジニア」とも言われる臨床工学技士

臨床工学技士の仕事場は、主に手術室や処置室、機器の管理室になりますが、医師や看護師などさまざまな医療職とチームを組み、患者さんの治療にあたります。それぞれの専門を生かして患者さんの病状や状態をつかみ、治療を分担して進めていきます。
特に手術室の仕事では、臨床工学技士は執刀する担当の医師から期待されています。患者さんの容態を正しくつかむためには、医療機器の正常な動きとデータは欠かせません。
また、初めて医療機器に接する患者さんのなかには、医療機器に対して不安や怖さを感じる人がいます。患者さんのそばで働く臨床工学技士は、ただ機器の扱いに集中するだけではなく、患者さんの思いを受け止め、安心して治療に臨んでもらうような心配りが大切です。
このように、高度な医療機器を扱い、患者さんの生命に直接触れる職業であることから、
臨床工学技士は「いのちのエンジニア」とも言われています。

臨床工学技士をめざして、医療機器の操作技術とチーム医療を学ぼう!

医療機器の高度化と複雑化が進む中、帝京大学の福岡医療技術学部医療技術学科臨床工学コースは、2年次から始まる実習とチーム医療に対応できるカリキュラムが大きな特色で、現場で活躍できる臨床工学技士を養成しています。
学内外での実習では、2年次に学内実習で基礎を固め、3年次には学内の最新機器を扱い、4年次に病院での臨床実習に臨むという、医療機器の操作を段階的に身につけます。チーム医療については、「医療コミュニケーション学」(1年次)や「チーム医療」(4年次)などの専門の授業を通して、他の医療職や患者さんとの関係づくりを学びます。臨床工学技士をめざして少しずつステップアップできる大学で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : 帝京大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける