ブームの扉はSNS!?現代社会でヒット商品を生み出す仕組みに迫る!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ブームの扉はSNS!?現代社会でヒット商品を生み出す仕組みに迫る!

2019.03.01

提供:白鷗大学

メイン
テーマ

ブームの扉はSNS!?現代社会でヒット商品を生み出す仕組みに迫る!

今では当たり前のように、若者から年配の人まで多くの人が利用するようになったSNS。友だちと情報を共有したり、好きなメーカーの最新情報をキャッチしたり、好きな芸能人のコメントをチェックするなど、SNSの使い道はとても幅広いですよね。
日々更新され、新しい情報が飛び交っているSNSですが、実は企業にとっても情報収集の場所として大きな役割を果たしています。情報社会ならではの経営戦略に迫ります!

この記事をまとめると

  • 人気商品を生み出すにはSNSの力が必要不可欠
  • 流行の移り変わりが早い現在の情報を常に仕入れておくことが大事
  • 今の経営学に必要な情報を、白鷗大学で学ぶ!

口コミで広まり、話題になった人気商品。SNSの影響力とは

スマートフォンの普及により、いつでもどこでも簡単にインターネット接続ができ、ゲームや動画視聴が可能になりました。SNSを利用する人も増え、個人だけでなく、様々な企業がSNSを活用して商品のPRなどを行っています。例えば、写真を使って新商品の美しさや可愛さを表現したり、短いコメントを頻繁に発信して、商品とは直接関係がないものの、発信者(いわゆる「中の人」)の会話が面白いから見に来るというような機会を設けたり、動画をSNS上に貼り付けて、よりリッチな広告を出したりということをしています。

また、SNSの口コミで話題になり、集客が増えたというお店も少なくありません。発信する側も受け取る側も、目新しく面白いものを求めているため、SNSを活用すれば必ず成功するというセオリーがあるわけではありませんが、特に新商品を販売するには、SNSの力をどのように利用するのかが重要となります。

日々変化していく情報を、いち早くキャッチせよ!

SNSを利用した経営戦略に必要となるのは、情報の収集と解析です。SNSでは流行の移り変わりのスピードが速く、毎日膨大な量の情報で埋め尽くされます。その中から必要な情報を収集し、解析する力が求められています。経営の基礎知識以外にも、コンピュータや会計、数学など、情報をうまく活用する知識や数値を読み解く能力が必要です。「経営」と聞くと文系のイメージが強いですが、情報解析や数値を扱うため、理系の知識が役立つことも多いようです。

また、ユーザーの動向は複雑化しています。個人の嗜好が多様化しているため、「20代男性はだいたいこれが好き」といった大枠で掴もうとすると、実際には輪郭がぼやけてしまい、誰の心にも響かないという結果を生み出してしまうこともあります。かといって、ピンポイントに絞りすぎてしまうと、一部の人の心にしか響かない戦略となってしまい、思っていた数値を取ることができない結果に終わることも…。

SNSでの情報収集で、どこまで絞ると効果的な経営戦略ができるのかということを、考えないといけない時代になっているのです。

情報にも強い経営学を学ぶなら、白鷗大学の経営学部へ!

白鷗大学の経営学部経営情報コースでは、基礎的な経営学のほかに、情報を扱う能力も磨くことができます。経営学の基礎に加え、ITの活用技術や情報収集・解析の能力を学ぶことで、経営のスペシャリストをめざします。

また、自分の興味・関心により、専門領域を深めることも可能です。企業などの財務部門やフィンテック分野に興味がある人は「マネジメントサイエンス領域」。企業の情報部門やIT関連企業の営業職に興味がある場合は、「情報システム領域」。コンサルティング、システムエンジニア、プログラマーといった分野に関心がある人は「データサイエンス領域」。それぞれの分野に特化したコースで3・4年次に専門性を深められることが特徴です。

各領域については、入学前から決めておく必要はありません。まずは、1・2年次で基礎を身に着け、自分が将来どのような分野を学びたいのか、どんな職種に就きたいのかをじっくり考えましょう。また経営学部には「オフィス・アワー制度」があります。これは、毎週特定の時間帯に研究室を解放して、訪れた学生の色々な質問や相談に各教員が対応するというものです。ぜひ活用して、自分の将来の道を探してみてください。

【広告企画】提供 : 白鷗大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける