就職に強いこれまでにない大学制度!「専門職大学」でICT・デジタルコンテンツを学ぼう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

就職に強いこれまでにない大学制度!「専門職大学」でICT・デジタルコンテンツを学ぼう!

2019.03.01

提供:東京国際工科専門職大学(仮称)

メイン
テーマ

就職に強いこれまでにない大学制度!「専門職大学」でICT・デジタルコンテンツを学ぼう!

「専門職大学」という言葉を聞いたことがありますか? 専門学校なのか大学なのか分かりづらいかもしれませんが、この制度は従来の4年制大学や短期大学とはちがい、実習や実験などを重視して、即戦力となる人材の育成を目指すもの。
専門学校ではなくあくまで大学なので、もちろん専門職の学士も取得できます。そんな魅力的な新制度に、世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携した、日本初の学びの場が誕生します!

この記事をまとめると

  • なりたい職業に最も近づける「専門職大学」
  • プロと同じ環境で学べ、世界で活躍するための語学も身に付く!
  • 企業との連携が強み! 大手企業の代表たちも期待を抱く専門職大学

国が認めた“専門職”の学士を取得する!

数え切れないほどある大学の中で、自分は何を学べるのか迷う学生は多くいます。しかも夢に直結する履修科目が充実している大学は少ないかもしれません。なりたい職業に直結する学びが確実に習得でき、さらに学士まで取得できるこれまでにない大学が、「専門職大学」です。
専門職大学の目的は、多様化する国際社会で活躍できる人材を育成するために、今までの大学制度にはない、“職業に直結”した“実践的”な教育環境を義務付けること。つまり世界の産業界と連携し、世界で活躍できるリーダーを育てるというコンセプトです。
特色としては、必要な単位のうち、実習が占める割合を3から4割と決められていること。さらにこの実習は企業などの現場で行われるので、卒業後即戦力として社会に出ることが可能です。
また、必要専任教員数の4割以上はビジネスの第一線で活躍してきた人であること、そしてその半数以上が研究能力を併せもつその道のプロであることが条件とされています。
これは従来の大学制度にはない、大きな特色のひとつです。

国内外の企業と連携したICT・デジタルコンテンツ分野における最先端の学びの場を提供

2020年に開学予定の東京国際工科専門職大学(仮称)は、日本で唯一、AI、IoT、ロボット、そしてゲームとCGそれぞれ自分に必要な分野を徹底して学べる専門職大学です。
同校の工科学部では、AI戦略、IoTシステム、ロボット開発の3つのコースに分かれる「情報工学科」と、ゲームプロデュース、CGアニメーションの2つのコースに分かれる「デジタルエンタテインメント学科」が用意されています。この2つの分野からグローバルに活躍できる人材が育つのです。
AI・人工知能専用のハイスペックシステムや3Dプリンタ、モーションキャプチャー、ワークステーションなど、最先端のソフト・ハードを完備しているので、プロと同じ制作・開発環境で、数多くのプロジェクトを主体的に制作・開発することができます。
さらに国際的に活躍できる人材を育てるため、米国スクウェア・エニックス、バンダイナムコスタジオなどとの教育提携や、国内トップ企業をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでの海外実習も実施。もちろん使える英語も学べるので、従来の大学教育とは一線を画す人材が生み出されるのです。

名だたる企業のオピニオンリーダーたちも期待!

東京国際工科専門職大学(仮称)と、従来の大学との大きな差は、企業との連携。世界を切り拓く情熱と決意を持った人を育てる可能性を持つ同校に、名だたる企業の代表からも大きな期待をされています。
創業から一貫して、インターネット産業において高い成長を遂げる会社づくりを目指し、“21世紀を代表する会社を創る”を会社のビジョンに掲げる「サイバーエージェント」の藤田 晋氏、アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、さまざまな分野のスペシャリストから構成されている「チームラボ」の猪子寿之氏。さらに、「米国スクウェア・エニックス」のPhilip Rogers氏から熱いメッセージが寄せられています。
この次世代を担う未来のリーダーとなるための学びの場は、東京・西新宿のコクーンタワー。トレンドに囲まれながらも、実習や就職活動にも有利な立地です。街そのものが生きた教室となり、次世代教育に相応しい教育の場となっています。

【広告企画】提供 : 東京国際工科専門職大学(仮称)

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける