表現課題演習の授業でミュージカルに挑戦。企画、制作、配役、演出、セット、衣装、宣伝、、、どんなふうに作り上げていく?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

表現課題演習の授業でミュージカルに挑戦。企画、制作、配役、演出、セット、衣装、宣伝、、、どんなふうに作り上げていく?

2019.03.19

提供:札幌国際大学短期大学部

表現課題演習の授業でミュージカルに挑戦。企画、制作、配役、演出、セット、衣装、宣伝、、、どんなふうに作り上げていく?

札幌国際大学短期大学部、幼児教育保育学科伝統のイベント『わくわくフェスティバル』。授業の一環として、2年次の全学生が取り組みます。メインイベントは、学年全体で挑戦するミュージカル。役割を決め、それぞれの担当が力を合わせて準備を重ねます。イベントには毎年、子どもたちをはじめ、高校生、卒業生、地域の方々にご来場いただき、会場は笑顔と感動でいっぱいに。このイベントで学生たちが得られるのは、保育者として必要な企画力・表現力・実行力・調整力。準備から当日までをドキュメンタリーで紹介します。

この記事をまとめると

  • 『わくわくフェスティバル』2018年メインイベントのテーマは「絆~友だちは一生の宝物」。
  • 学生が主体となって企画・制作~演技までを行う。
  • 全員の気持ちが一体となって困難を乗り越え成長。

テーマ・演目・メインキャスト決定!

【2018年5月】

◎テーマ決定
準備委員となった学生たちが、学生全員から寄せられた意見を元に打ち合わせを重ねては、次の授業で提案。準備委員が再度話し合い、テーマの方向性をまとめる。
テーマは、「絆~友だちは一生の宝物」に決定。

◎演目決定
2年生全員へのアンケートで、希望する作品を集める。テーマ「絆~友だちは一生の宝物」を元に、準備委員が3つの作品に絞り込み。実演化するにあたっての条件も説明。3つの作品のうち、どの演目とするかの意見集めは、スマートフォンを使用。その場でスクリーンに表示し、全員で検討。
演目は、少女の心の成長を演じる「もう一度、会えたなら」に決定。

【2018年7月】

◎オーディションでメインキャストが決定
まずは、どんな方式でオーディションを実施するかを実行委員が話し合い。2年生全員がオーディションを受け、学生が審査することとなる。オーディション当日は、数人でステージに上がり、緊張の中にも笑顔を見せながら、セリフや歌を披露。審査後、決定したメインキャストが授業の中で発表されると、拍手が!

◎スタッフリーダー選出
メインキャストと同時に、広報班、演出班、音響班、照明班、大道具班、小道具班、メイク班、衣装班のリーダーも選出。いよいよ『わくわくフェスティバル』の準備に向けて始動開始。

◎サブキャスト、スタッフも決定

裏方の仕事の進行具合は・・・

【2018年9月】
後期の授業がスタート。『わくわくフェスティバルの準備』も本格的に。

◎広報班:ミュージカルのイメージをどんな言葉で表わすか、宣伝用コピーのアイデアを絞る。イメージイラストも作成し、チラシも準備。
◎演出班:演技指導や各技術スタッフとの綿密な打ち合わせ。みんなでダンスの振り付けも。
◎音響班:シーンに応じてタイミングよく生演奏できるよう猛練習。
◎照明班:演者の魅力を引き出す照明をプランニング。器具も整備。
◎大道具班:製作には、のこぎりやドリルも駆使。
◎小道具班:クオリティを重視した小物を手作り。
◎メイク班:客席からもはっきり表情がみえるよう、メイクを工夫。
◎衣装班:デザインから縫製まで。目を引く鮮やかな服を製作。

授業終了時には、各班のリーダーが進捗状況を報告。

【2018年10月】
連日、練習と制作が急ピッチで進む。メイクや衣装を合わせたり、通し稽古を繰り返して行く中で、学生たちの集中力も高まる。

いよいよ上演。「絆~友だちは一生の宝物」を実際に体験!

【2018年10月26日(前日)】
お客さまを迎えるゲートが完成。ミュージカルに出てくる公園をテーマとした、子どもたちが遊べる広場「夜の遊園地コーナー」も用意。児童虐待の防止を願うオレンジリボンキャンペーンの準備も完了。
後は調整しながら明日の開演を待つばかり。

【2018年10月27日、28日(本番当日)】
多くのお客さまにご来場いただきました。
感情たっぷりの演技や、迫力のある歌とダンスを披露。観客の皆さまからは惜しみない拍手が送られました。半年かけた大作が成功の内に終わり、学生たちは自信が付きました。また友達との絆も深まり、今回のテーマ「絆~友だちは一生の宝物」を実際に体験するイベントとなりました。

札幌国際大学短期大学部では、このような実習・演習を柱にしたカリキュラムが組まれています。計画・目標を立て取り組む過程を通して、課題発見や解決の方法を実践的に学びます。また、多様な表現形態を実践し、協働して物事を進める方法を学びます。

【広告企画】提供 : 札幌国際大学短期大学部

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育・幼児教育」
はこんな学問です

児童・幼児の発達・発育を促す保育者、教育者としての知識と技能を専門的に学ぶ。主に保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格取得をめざすことが目的。保育学や心理学、教育学、保健・体育学などの理論と、教育・保育実習を通して身に付けられる実践力のどちらも大切な学問である。教育系の学校のほか、健康・体育系の一部の学校でも学ぶことができる。実習は、学校附属の幼稚園、保育園などで行われるケースが多い。

「保育・幼児教育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教育学」
はこんな学問です

教員養成のための学問ではなく、教育のあり方を追究する学問。具体的には、教育の歴史、目的、手法、制度などを対象としている。「教育学分野」は、教育行政や現場を調査・分析し、教育環境はどうあるべきかを研究。「教育心理学分野」は、発達心理学の視点から人間形成がどのようなものかを解明し、教育の本質を追究する。また、「メディア・コミュニケーション分野」では、教育現場での情報伝達はどのようにあるべきかを探るなど、多岐にわたる。

「教育学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける