すべてのモノがインターネットにつながるIoTの時代がやって来た!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

すべてのモノがインターネットにつながるIoTの時代がやって来た!

2019.03.01

提供:湘南工科大学

メイン
テーマ

すべてのモノがインターネットにつながるIoTの時代がやって来た!

IoT(アイ・オー・ティー)製品と言われてピンとこなくても、例えば、「電気をつけて」「明日の天気を教えて」と話しかけると、電気がついたり天気を教えてくれたりする「スマートスピーカー」もそのひとつ。話題のIoTの世界をのぞいてみましょう。

この記事をまとめると

  • あらゆるモノがつながるIoTの世界
  • IoTで未来が変わる
  • IoTシステムの基礎技術から応用までを学べる大学―湘南工科大学 電気電子工学科

あらゆるモノがコミュニケーションツールに

IoT(Internet of Things)とは「モノのインターネット」と訳され、モノがインターネットを経由して双方向にやりとりする技術のこと。モノにセンサーを付けると、モノが離れた状態でも、人手を介さずにモノからデータを受信したり、モノをコントロールしたり、モノ同士でデータの送受信もできるようになります。それまでインターネットはコンピューター同士を接続するためのものでパソコンなどのIT機器のみにつながっていましたが、このIoTを通してあらゆるモノがインターネットにつながることができるようになりました。実は、電話(モノ)がインターネットにつながっている「スマートフォン」もIoT製品の代表格。最近では、IoTを活用したテレビ、ブルーレイ、エアコン、洗濯機、掃除機、オーブンなどの「スマート家電」も身近なIoT製品として知られるようになりました。現在では、毎日のようにIoT関連の新サービスや新商品が次々と登場しています。今後も映像や音楽、音声、文字情報など、さまざまなデータがインターネットを介して伝達され、私たちの生活はより便利に快適に発展していくでしょう。

IoTで問題解決!生活をより便利に快適に

IoTは話題の人工知能(AI)とも深い関わりがあり、IoT技術で集められたデータをもとに人工知能(AI)が学習し、適切な情報やサービスを受けることができます。そしてゆくゆくは生活全般が大きく変化していくのかもしれません。例えば、スポーツの楽しみ方。スタジアムに行けなくても5Gネットワークで各地に伝送された高精度な映像を360度パブリックビューイングで観戦することも、TVに映る選手をスマホで撮影して選手やゲームの対戦成績を取得することができるように。買い物の仕方も変わるでしょう。スーパーに入ると高性能のセンサーが個人を認識し、自分のプロフィールから、家の冷蔵庫のストックや健康状態、ホームパーティーなどイベントに合わせてオススメの商品を提案してくれます。現場での手当てが必要な救急医療では、伝送された患者の映像をもとに、離れた場所にいる専門の医師が遠隔で手術を行うことも可能にさせるでしょう。また日本社会が抱える人手不足の問題解決にも貢献します。現地にいることが当たり前だった農業においてドローンが作物の状態を常に監視し、各農業機械が連動して農作業を行うことが可能に。建設現場の工事も自宅のタブレット端末から操作して測量から整地、建物の完成まで終わらせることも。こんな映画のような世界がIoTの進化で実現することが可能になるかもしれません。

IoTをリードする技術者を養成、湘南工科大学 電気電子工学科

最寄り駅からも、海までも徒歩圏内。 自然豊かな明るいキャンパス

最寄り駅からも、海までも徒歩圏内。 自然豊かな明るいキャンパス

すべてのモノがインターネットにつながり、さまざまな情報が共有・活用されるIoT。その実現には、すべてのモノにマイコン、センサー、通信機器を組み込む必要があり、ハードウェアとソフトウェアの知識と技術が不可欠です。

湘南工科大学 電気電子工学科では、その両方を学ぶことができます。ワイヤレスセンサーや次世代携帯電話5Gなどの通信機器から、IoTシステムへの応用まで幅広い技術を学び、各種センサーとマイコンを組み合わせて、植物栽培にチャレンジしたり、気象観測や電動義手などの制御をハードウェア、ソフトウェアの両面から研究する学生もいます。1年次から充実した実験実習により、IoT技術を修得し、電気・通信分野の施工管理、電気・電子機器の開発・設計、ソフトウェア開発など幅広い分野で活躍できる電気電子技術者を目指します。

また、湘南工科大学は強い目的意識と主体的に学ぶ意欲を持つ学生を応援しています。「学科横断型学修プログラム」では、「IoT」「ロボティクス」「次世代3Dメディア」の3プログラムを履修することが可能です。所属学科での学びを進めながら、同時に他学科の関連科目も履修することで、自分が関心を持っている技術分野をより広く、より深く学修することができます。

IoTは今後も進化をし続ける、大きな可能性を秘めた技術のひとつ。湘南工科大学 電気電子工学科では、こうした急速に発展する技術に対応できる高い専門能力と広い視野を兼ね備えた技術者を育成します。

【広告企画】提供 : 湘南工科大学

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける