医療や福祉業界で耳にする「QOL」と「ADL」の違い、あなたは知っていますか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

医療や福祉業界で耳にする「QOL」と「ADL」の違い、あなたは知っていますか?

2019.03.01

提供:山野美容芸術短期大学

メイン
テーマ

医療や福祉業界で耳にする「QOL」と「ADL」の違い、あなたは知っていますか?

近年よく耳にする「QOL」。これはクオリティ・オブ・ライフの略で、人々がどれだけ自分らしい生活を送り、生きる喜びや楽しみを見い出せているか、という生活の質に焦点を当てた理念です。一方「ADL」はアクティビティ・オブ・デイリー・リビングの略。自分らしさを保つことが目的のQOLに対し、移動や着衣の着脱など、日常生活動作の向上を目的としています。

この記事をまとめると

  • 外見が美しくなることで心身ともに若返る!
  • エステティシャンは高齢者の生活の質を上げることができる!
  • テクニックも語学も身につけるなら美容の大学を選ぼう!

美容業界における「QOL」を知っておこう

「病気になってもおいしい食事をして幸せを感じたい」「投薬によって髪の毛が抜けてもオシャレがしたい」「やりがいを感じる生活がしたい」という“自分らしく生きる”という理念を持つQOL。日常的な動作を介助やリハビリによって取り戻すことを目的としているADLの対象となっている人も、QOLを目指しているといっていいでしょう。このQOLは、医療や介護業界だけではなく、実は美容業界でも注目されています。それはどのような活動なのでしょうか?

例えば、美容室に行くのが困難な人への訪問美容や、治療が困難な皮膚の再生のためのエステティック、そのほか医療用ウィッグもその一つに挙げられます。また、お年寄りが自分でメイクをすることで前向きな気持ちになれる化粧療法なども脳や体に刺激が与えられ、ADLの向上につながっていると言われています。“キレイになりたいという気持ち”を持ち続けることは、老化によるさまざまな症状を遅らせ、老いてもその人らしく生きることが実現できるそうです。

このように人は、外見が美しくなることで自分らしく生きる喜びを取り戻すことができ、QOLも向上するのです。

美を磨く代名詞「エステティック」が伝えられるもの

“美容と言えばエステ”とイメージする人が多いと思いますが、エステティックとは単に技術だけで人を美しく健やかにできるわけではありません。例えばエステティシャンが人の肌に優しく触れることで免疫力が高まるとも言われ、相手が高齢者であればなおさらQOLの向上にもつながっています。スキンケアを定期的に行っている高齢者は、何もしていない人に比べ、ADLが向上しているという結果も出ているそうです。

また、お客さまの要望を間違いなく、丁寧に“聴く力”は、エステティシャンにとって最も必要な要素の一つです。そして聴き出した情報を的確に“分析する力”を身につけることも大切なことです。これらの力を身につければ、お客さまとの信頼関係を築けるようになります。

さらには、熱くなると汗をかき、体の熱を逃がし、正常な体温を保とうとするような私たちの体に自然と備わっている「ホメオスタシス(恒常性)」という機能から、神経・内分泌・免疫系などの仕組みや、ストレスとその対処法についても学ぶ必要があります。もちろん、フェイシャル・ネイル・メイクなどの実技・理論もしっかり身につけなければなりません。

そんな人々のQOLを向上させるのに非常に効果的な手段となるエステティックについて、きちんと学べる大学があるのです。

語学も身に付く充実のカリキュラムは大学ならでは!

「心身の美と健康は充実した生活の基本」を基本理念とした美容教育と、教養教育を実践する山野美容芸術短期大学。美容総合学科エステティック専攻では、理論や技法などを系統的に習得するカウンセリングや、サロン経営のマネジメント能力を学ぶ経営学のほか、英語コミュニケーションや色彩学などのカリキュラムを豊富に用意しています。さらに、加齢による爪の病気などを見極め、的確なアドバイスができるようになるための応用ネイル技術も学ぶことができます。

さらに、新設された2つのプログラム「グローバルビューティシャンプログラム」では、接客英語を中心とした英語コミュニケーション力や国際性を身につけることができ、「インナービューティープログラム」では体の内側から美しくなることに特化して学ぶため、食品、美容・健康メーカーなど活躍の場が広がります。

人々の生活を向上できるカリキュラムが充実した山野美容芸術短期大学で、トータルに健康美を学んでみませんか?

【広告企画】提供 : 山野美容芸術短期大学

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「美容」
はこんな学問です

メイクアップ、ヘアメイク、ネイルアート、ファッションコーディネート、着付けなど、人の美容からフローラルデザインまで、美を創作する知識と技術を学ぶ分野と、ファッション、アートをビジネスとして捉えて商品開発の理論や手法を学ぶ分野に大きく分けられる。学校により、インテリアなどの製品デザイン分野や、エステティックなど美容健康分野、モデルなど芸能分野に進むための学習など、幅広く学べるケースもある。

「美容」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける