病院の検査や健康診断で、気になったことはありませんか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

病院の検査や健康診断で、気になったことはありませんか?

2019.03.01

提供:湘央医学技術専門学校

病院の検査や健康診断で、気になったことはありませんか?

高校生の皆さんが病院に行くと、医師の問診だけで「風邪ですね」といった診断を受けることが多いのではないでしょうか。
しかし、問診だけでは原因がはっきりしない場合もありますよね。もっと詳しく調べる必要を医師が感じたとき、こんなことを言われた経験はありませんか?「ちょっと検査をしてみましょうか」。

この記事をまとめると

  • 検査で命を救えることもある!
  • 誰でも子どもの頃からお世話になっている!
  • 大学より近道! 歴史ある専門学校で国家資格を取得しよう!

検査で患者を助ける「臨床検査技師」という仕事

具合が悪くなって病院に行くと症状や程度にもよりますが、血液検査や超音波検査など、さまざまな検査を行うことがあります。それは、そのデータを診断に役立て患者さんの正確な状態を把握し、正しい治療をするためです。まずは症状の原因を特定して治療の方針などを決めるために、さまざまな検査が必要になるのです。

血液や尿、便、脳波など多岐にわたる検査は、以前は医師が行っていました。しかし、高度で幅広い知識が求められることから、検査を専門に行う「臨床検査技師」という職業が生まれました。医師の指示のもと、患者さんの血液や尿、組織などを多角的に検査することで多くの命を救えることもあり、病気の早期発見や治療、再発防止に役立っています。

臨床検査技師は、高齢社会を迎えた現代において、病気の早期発見に欠かせない健康診断や人間ドックなど、病院以外の多くの場所でも活躍しています。現代医療の現場に欠かすことのできない重要な存在といえるでしょう。大きな病気を患ったときにしか縁がないと感じる人も多いかもしれませんが、実は誰もがお世話になっているのが臨床検査技師。では、具体的にどこで、どんな活躍をしているのでしょうか?

小学校、中学校、高校で、誰もがお世話になっています

臨床検査技師が行う検査は、大きく2つに分けられます。

1つは「検体検査」と呼ばれるもの。血液や尿、便、さらに組織や細胞など、検査のために患者さんから採取したものを検体といいます。これらの検体から、感染症の原因となる微生物を特定したり、貧血の種類や白血病をはじめとするさまざまな血液の病気を見つけたり、体の中の腫瘍の種類などを調べることができるのです。さらに、「細胞検査士」の認定資格を持つ臨床検査技師は、がんの発見にも貢献しています。
2つ目は「生理機能検査」。これは、脳波や心電図、超音波など、患者さんの体から直接データを得るものです。患者さんに相対して、医療機器を使用して行う検査のため、精確なデータを得るためにも患者さんの緊張を和らげるなどの配慮も求められます。

尿検査や心電図検査は、高校までの定期健診で誰もが経験していることですよね。臨床検査技師は自分が検査した結果から病気が発見されるのですから、まさに人の命に関わる仕事。臨床検査技師は、医師や看護師、理学療法士などと同じく、国家試験に合格した医科学的検査のプロフェッショナルなのです。そんな検査と分析のプロになるには何を学べばよいのでしょうか?

歴史ある専門学校で、国家資格「臨床検査技師」取得を目指そう!

「臨床検査」の検査項目は1,000種類以上に上ります。検査の現場で活躍する臨床検査技師に求められるのは、確かな医療知識と検査技術はもちろん、深い洞察力や高い倫理観といった人間性です。

創立40年を超え、これまで多くの卒業生を輩出してきた神奈川県の湘央医学技術専門学校。本校の臨床検査技術学科では、医療の現場で活躍できる知識と技術の学び、そして人を思いやる豊かな人間性を育む教育環境を実現しています。また、教員と学生の距離が近い、コミュニケーションが図りやすい環境をつくり出し、卒業後に即戦力として活躍できるよう教職員が全力でサポートしています。

臨床検査技師の国家資格は、専門学校では3年間で取得が目指せるため、「臨床検査技師になりたい!」と心に決めた人には大学よりも近道です。

【広告企画】提供 : 湘央医学技術専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医師とともにチーム医療の一員として、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリストを育成します。医療の高度化に伴い、呼吸器、透析装置、放射線治療などの医療・検査機器の技師が現場で不可欠になってきました。専門的な技術や資格を要する職業のため、授業では基礎知識から医療現場での実践能力にいたるまで、段階的に学びます。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「臨床検査技師」
はこんな仕事です

病院の検査センターなどで、病気の診断や治療の効果を知るために、さまざまな検査をする仕事。臨床検査技師が取り扱う検査は、大きく分けると2つある。血液や尿などを検査する「生化学検査(検体検査)」、測定器を使用して心電図や脳波などを調べる「生理学検査(生体検査)」がある。これらの検査でデータを取得し、医師に提供する。また、検査データを分析し、その結果を医師に伝える場合もある。製薬会社や保健所など、臨床検査技師の活躍の場は広い。

「臨床検査技師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける