机に向かうことだけじゃない! チャレンジしてみて深める学び! 使える授業“とびだスタ!”って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

机に向かうことだけじゃない! チャレンジしてみて深める学び!
使える授業“とびだスタ!”って?

2019.03.01

提供:城西大学

メイン
テーマ

机に向かうことだけじゃない! チャレンジしてみて深める学び!
使える授業“とびだスタ!”って?

講義、レポート、ゼミ。サークル、部活、アルバイトなど、大学生になると経験する多くの事。でも「大学で学んだ事って、社会に出てすぐ役に立つのかな?何かはまだ、わからないけれど、早く活躍できる人になりたい!」…そんな将来への思いや夢を皆でワクワクしながら叶える学びを教えている城西大学。ここでしか経験できない魅力についてお伝えします。

この記事をまとめると

  • 教室から飛び出して学びを始めよう!
  • 地域のイベントを主宰し、経営学を学ぶ
  • 社会ですぐに役立つスキルを身につける

世界中のあらゆる場所が”学び場”になる「とびだスタ!(TOBIDASU STUDY)」

城西大学のプロジェクト「とびだスタ!」は、教室をとび出し、フィールドでリアルにチャレンジする学び。それは教えてもらうだけではわからない、自分自身が体験することでもっと深く学べるフィールドワークです。

一般的な大学生像といえば、教授の授業を講義室で受講する姿をイメージするかもしれません。しかし城西大学の学生は、座学だけに収まらない体験を4年間経験します。レポートにまとめた内容を実際にやってみたら?その場面に直面したら…?どんなドキドキが生まれるでしょう。問題になっている出来事や人と顔を合わせて向き合ってみれば、もっといい解決案が思いつくかもしれません。皆で体験する出来事は一生忘れられないものになるでしょう。
卒業すれば、同級生や先輩、後輩、先生とは違う人々に出会う社会。その時を待っているのではなく、学生時代から新たな世界に飛び込んでいく姿勢を、城西大学は大切にしています。自分の好きなことや出来ること、得意なことを見つけて、卒業するまでに社会で活躍できる人へ。自分の目で見て、心で感じて、学んだ事を活かすにはどうしたらいいのか、皆で話し合ってチャレンジしながら社会に飛び出す授業です。

貴重な体験がもりだくさん!イベント活動にも「とびだスタ!」

経済学部や経営学部が行っている「とびだスタ!」の実例をいくつかご紹介しましょう。
経済学部勝浦ゼミナールが授業の一環として開催しているイベント「つるがしマルシェ~若葉インターナショナルフェスティバル」。地域の外国籍の人やお年寄りなど、皆が笑顔で過ごせる街づくりのきっかけとなる、地元を盛り上げていくお祭りです。
企画や運営はもとより、市役所やNPO法人、団体、地元企業との調整全てを勝浦ゼミナールの学生が行うことで、「考え抜く力」や「チームで働く力」を身につけることができます。

続いて、経営学部石井ゼミナールの「地元を救うローカルヒーロー」。
ヒーローが悪者を退治するように、大学生が主役になり、地域の問題や課題を解決するショーを開催しています。取り扱うテーマは、地域振興に関する事柄や福祉活動など。地域に由来したヒーローのキャラクター設定から、ステージショーのストーリー作成、衣装作り、ホームページの立ち上げまで学生自ら幅広く挑戦しています。
大人数で運営するために必要なマネジメント力と総合的人間力のほか、自らが社会に対して出来る事を考え、行動する力が身に付きます。

社会で役に立つスキルが学べる、身につけることができる学習環境

ここでご紹介した授業の他にも、日本を離れて海外研修に赴いたり、学校を飛び出して企業のインターンシップにトライしたり、会計士や簿記1級などの資格を取得したりと、「とびだスタ!」では自身の体験から学べる事がたくさんあります。
学んでいる事が、どのように今の世界と関係するのか?城西大学では卒業後社会人になった時、学生時代の学びを最大限に活かして、すぐに活躍できる大人になるにはどうしたらいいのか…といったように、実際の社会と直接関係する学びを重視しています。

また、学生全員が1年目から少人数制のゼミに所属し、担当の教員と直接、資料の読みとり方から、ディスカッションの仕方、論文の書き方などを修得し、自分の社会に対する考えを深め、解決策を導き出せるような思考力を養います。
グローバルに活躍したい人、日本を変えたいと思っている人、スポーツや会計士など分野のプロフェッショナルになりたい人、新しいビジネスを起こしたい人など、熱いスピリットを持った人が成長できる場所。それが城西大学です。

【広告企画】提供 : 城西大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける