心理の専門家がチーム医療の一員に…患者さんとその家族の心に寄り添うカウンセラーの今とこれから

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

心理の専門家がチーム医療の一員に…患者さんとその家族の心に寄り添うカウンセラーの今とこれから

2019.03.01

提供:杏林大学

メイン
テーマ

心理の専門家がチーム医療の一員に…患者さんとその家族の心に寄り添うカウンセラーの今とこれから

近年、病気に悩む患者さんとその家族の心のケアに携わる心理の専門家(カウンセラー)がさまざまな医療機関で活躍しています。心理学の専門知識と経験が豊富なカウンセラーは、患者さんの治療や療養、将来の生活についての悩みを受け止め、今後の生活を一緒に考えるとともに、家族や医師とコミュニケーションを図り、患者さんと橋渡しをする役目でもあります。患者さんの強い味方である医療系の心理カウンセラーの今と将来について、注目してみましょう。

この記事をまとめると

  • 病気に悩む患者さんとその家族の相談に応じる心理カウンセラーが、さまざまな医療現場で活躍している。
  • 心理カウンセラーは、医師や看護師などの医療職とともに「チーム医療」の一員としても期待されている。
  • 心理学に加えて保健医療の領域も幅広く実践的に学べる心理系の大学・学科がある。

医療現場で必要な「こころ」を支える役割

重い病気にかかり、長期的な治療を必要とする患者さんは、今後の診療や入院生活、家族との関係、学校や職場など社会生活への復帰など、多くの悩みを抱えています。
そのような患者さんの不安や心配を、これまでは医師が中心となって担ってきました。しかし、社会の高齢化にともなう患者さんの増加、著しい医療の高度化など、医師の仕事の負担が増えてきたため、代わりにカウンセラーが患者さんの悩みに対応しつつあります。
例えば、がんや難病を抱える患者さんを診療する総合病院や専門病院では、患者さんの心のケアに応じる心理カウンセラーを採用しているところがあります。「完治が難しい病気と診断されてつらい」、「痛みがいつまで続くか不安だ」、「病気のことを家族に話せない」、「仕事を辞めるべきか」など、深刻な悩みを抱えている患者さんは少なくありません。また、患者さんの治療生活を支える家族からの相談にもカウンセラーは適切に対応し、患者さんと家族それぞれの立場になり、最善の選択を一緒に探っています。

不妊治療、子どもの障害…心理カウンセラーが対応する患者さんの相談はさまざま

心理カウンセラーが活躍する医療機関は、総合病院の精神科や心療内科、精神科の専門病院、さらには精神保健センターや母子医療センターなど多岐にわたります。カウンセラーが必要とされる場は近年、産婦人科や小児科など他の診療科にも拡大しており、不妊治療や子どもの障害について相談に応じる人もいます。カウンセラーの相談領域はさらに広がり、専門化する可能性があります。
医療系のカウンセラーは主に、病院内において患者さんやその家族の面談(カウンセリング)を行い、状況に応じて心理検査や心理療法を行っています。心理学の専門領域に加えて保健医療の専門知識も必要とされます。
また近年の医療現場では、さまざまな医療職が連携して患者さんの治療に携わる「チーム医療」の考え方が浸透してきています。カウンセラーも今後、患者さんの意思や行動を専門家として評価され、医師や看護師と情報を共有することで、患者さん第一の医療に貢献することが求められるでしょう。

病院での実習が豊富な心理学系の学科で、医療にも強い心理職を目指そう

現在病院で活躍する心理カウンセラーの多くは、大学・大学院で心理学を専攻し、臨床心理士など心理職の資格を取得しています。2018年、心理職の初の国家資格である公認心理師の資格制度が始まり、この新しい心理職が教育や社会福祉のみならず医療での活躍も期待されています。
医療領域に強い杏林大学の保健学部臨床心理学科では、公認心理師を目指せるカリキュラムを設けており、心理学の専門知識に加えて医療・保健分野も幅広く学ぶことができます。医学部付属病院をはじめとするさまざまな医療機関での臨床実習を取り入れ、病院での業務全般と医療職との連携も実践的に学べるのも大きな特色です。
この学科の入試は文系科目を中心に受験できるため、高校での文理選択を問わずに目指すことができます。心理学の領域を一から学び、医療分野でも活躍できる心理の専門家を目指してみませんか?

【広告企画】提供 : 杏林大学

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することが大切だ。

「心理学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける