関西最大級の「医療系総合大学」で、 ”チーム医療”を担う医療専門職者へ!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

関西最大級の「医療系総合大学」で、
”チーム医療”を担う医療専門職者へ!

2019.04.01

提供:森ノ宮医療大学

関西最大級の「医療系総合大学」で、
”チーム医療”を担う医療専門職者へ!

『チーム医療』とは、一人の患者さんに対してさまざまなスキルを持つ医療スタッフが連携し、協働しながら取り組むこと。それぞれのスタッフが相互に各分野の専門技能を理解し、結束することが重要です。森ノ宮医療大学は、看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工・鍼灸学科の6学科がひとつのキャンパスに集う、医療系総合大学。2020年4月には「診療放射線学科」も新たに加わります。学科の枠を超えた多彩なチーム医療教育を展開し、患者さんを中心としたチーム医療を実践できる医療者を育成しています。

この記事をまとめると

  • 一人の患者さんに、さまざまなスキルを持つ医療者が連携してアプローチ。それが「チーム医療」
  • 7学科の連携教育がより高度で多彩な「チーム医療」の学びを実現
  • 学科を超えたチームで症例検討会(ケースカンファレンス)に挑戦、実践的な学びを展開

チーム医療って何?その重要性は?

チームで連携・協力し、ケアを行う

チームで連携・協力し、ケアを行う

病気やケガをすると、その身体的苦痛だけでなく経済的不安や精神的苦痛まで、一人の患者さんとそのご家族は、さまざまな問題を抱えることになります。

これまでは、主治医が患者さんへの医療ケアの内容を決定し、各専門スタッフに指示するというのが一般的でした。しかし、近年の医療の高度化・複雑化に伴い、患者さんとご家族の願いに対応した医療が、医師だけでは難しくなってきています。

そこで各分野の専門家が連携することで、的確な医療が受けられる「チーム医療」に年々注目が集まっています。この「チーム医療」によって、患者さんの生活の質(QOL)の維持や向上から、人生観を尊重した療養のサポートが実現しています。

森ノ宮医療大学の「チーム医療」の学びの特徴は?

7学科の連携教育で協調性や連携意識を育む

7学科の連携教育で協調性や連携意識を育む

●ひとつのキャンパスに全学科が集結する環境●
さまざまな分野の医療資格をめざす学生がひとつのキャンパスに集うのが、医療系総合大学のメリット。普段の授業やクラブ・サークル活動を通じて、多くの学生と交流を持つことができる環境です。日常の中でチーム医療に必要な多職種への理解を深め、協調性や連携意識の向上に役立ちます。

●チーム医療について理解するカリキュラム●
①実際の事例を通して、患者さんを中心としたチーム医療の本質について、また多職種との連携やコミュニケーション方法について理解します。
②各学科における医療分野の意義や役割を理解することで、自身が学ぶ分野を客観的に捉えることができます。
③現代医学と伝統医学の2つの療法を組み合わせた「統合医療」を学びます。さまざまな考え方を学ぶことで、医療者としての視野を広げることができます。

●症例検討会(ケースカンファレンス)を中心とした「専門職間連携教育(IPE)」●
実際の症例をテーマにチームアプローチの方法を討議する症例検討会。他者の意見を聞き、また自らの意思を明確に伝える力を身につけながら、より良いケアを検討していく過程を学びます。

5学科合同チームで症例検討会(ケースカンファレンス)に挑戦!

症例検討会(ケースカンファレンス)で実践的に学びを深める

症例検討会(ケースカンファレンス)で実践的に学びを深める

先ほどご紹介しました森ノ宮医療大学の症例検討会(ケースカンファレンス)を、今回は【看護学科】・【理学療法学科】・【作業療法学科】・【臨床検査学科】・【鍼灸学科】の5学科合同チームで実際に挑戦しました。

【症例】
患者:66歳 女性 大学職員
家族:独身(他県に兄弟在住)
本人の意向:退院後も自宅での生活を続けたい。
既往歴:58歳時うつ病(治療は自己中断) 61歳時に検診にて高血圧、糖尿病を指摘されるが放置(未治療)
現病歴:右片麻痺(右半身麻痺)が発症したため救急搬送。脳梗塞治療と並行してベッドサイドにてリハビリテーションを開始していたが、利き手の麻痺があり、今後の仕事に不安を強く感じていた。その後、右上肢の疼痛が出現。不快な疼痛への対処に困難をきたしており、今後の見通しの不透明さから不安が増強している。トイレは車椅子介助にて行っている。

●看護師の視点からー看護学科 上山 温希さん
「患者さんの状態を各専門職と共有」
日々の経過観察と患者さんの精神面のケアを中心に考え、うつ病や、血圧が高めであるなどのリスク管理につながる情報を、理学療法士をはじめとした各専門職に伝えることを提案。その一方で、「○○の動作ならここまでできるようになった」などの回復状況を各専門職から伝えてもらうことで、チーム全体のケアの質を高めていくことを考えました。チーム内で検討する際は、看護の視点を一方的に主張するのではなく、それぞれの意見を聴き、チーム全員が納得して進められるように心がけました。

●理学療法士の視点からー理学療法学科 大橋 雅代さん
「日常の生活動作が一人でもできるようなリハビリ内容を提案」
患者さんが一番必要としていることを考えた結果、退院後の一人暮らしに対応できるように、トイレ動作や入浴動作、車いすに乗り降りする動作のリハビリに重点を置いて取り組みました。また今回の症例の中に糖尿病があったため、理学療法士の立場から有酸素運動や食事制限などを考えたのですが、鍼灸のメンバーからは食欲抑制に働きかける「耳鍼(じしん)」の提案があり、治療方法を考える視野が広がりました。

●作業療法士の視点からー作業療法学科 西堀 裕介さん
「意欲的にリハビリを続けてもらえるよう支援」
作業療法士の立場からは、特にうつ病へのアプローチを検討。うつ病が深刻になることで、リハビリに対する意欲が低下することを防ぎたいと考えたからです。そこで、患者さんの興味関心に関するチェックリストを作成し、患者さん自身が主体的にリハビリをできるような提案を行いました。一方で理学療法士は身体機能へのリハビリ提案を行い、チーム内でしっかりと役割分担をできたと思います。作業療法士とは異なる視点を取り入れることの大切さを学びました。

●臨床検査技師の視点からー臨床検査学科 川中 竣さん
「リスク低下につながる追加検査を検討」
糖尿病による腎臓の障害を検討し、どういう検査を追加して行うべきかを提案。また脳梗塞の再発防止、うつ病に関する追加検査も合わせて提案しました。臨床検査技師も患者さんとコミュニケーションをとる機会が増えてきていますが、他の職種に比べると数値面からのアプローチが中心です。今回患者さんの心情を尊重して治療を進めようとする多職種の考え方を学べたことは、卒業後にきっと役立つと思います。

●鍼灸師の視点からー鍼灸学科 庭瀬 佳那子さん
「ケアを支援する無理のない鍼治療を提案」
右上肢の痛みを訴えている患者さんだったので、リハビリをサポートするため痛みを鍼治療で和らげようと考えました。また、糖尿病に対する食事制限の支援として、「耳鍼(じしん)」を提案。耳のツボを刺激することで、自律神経のバランスを整え、過剰な食欲を抑えることをめざしました。今回の経験では、チームとして取り組むことで患者さんにより深いケアができると実感しました。

このように学科を超えたチームでディスカッションすることにより、実践的なチーム医療を身につけていきます。

【広告企画】提供 : 森ノ宮医療大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「看護学」
はこんな学問です

看護学は、看護師などを養成するための学問である。具体的には、専門科目は「基礎看護学」「臨床看護学」「地域看護学」の3つの科目から構成されている。「基礎看護学」はすべての学習の基本となる看護理論と看護技術を学ぶ。「臨床看護学」では実際に患者と接する臨床という場を視野に入れた看護理論を扱う。「地域看護学」はさまざまな生活スタイルや病状の患者が混在する地域社会の中で患者の生活の質を上げていく看護理論を学ぶ。

「看護学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療技術学」
はこんな学問です

検査やリハビリテーションについて専門的な知識と技術を学ぶ学問。具体的には検査分野では、心電図、組織、血液、尿などの検査技術を身に付けた「臨床検査技師」「細胞検査技師」や、レントゲン検査、CTスキャン、放射線治療に携わる「診療放射線技師」をめざす学びが含まれる。リハビリ分野では、身体機能の回復を支援する「理学療法士」、心身の回復を支援する「作業療法士」のほか「言語聴覚士」など。学校によって看護学を含む場合もある。

「医療技術学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「リハビリテーション・作業療法・理学療法」
はこんな学問です

リハビリテーションには、障がいを持った人の運動能力回復のための理学療法と、心身にわたる諸機能を回復するための作業療法がある。理学療法では、立つ・歩くなどの運動療法とマッサージや電気による物理療法を用いるための知識、技術を学び、「理学療法士」をめざす。一方、作業療法は、精神疾患なども含めて用いられるもので、たとえば、園芸や工芸を通じ、患者が生活の自立性を回復するための知識、技術を学び、「作業療法士」をめざす。

「リハビリテーション・作業療法・理学療法」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける