ワンランク上の目標に近づき、叶える! 國學院大學の「K-PLAS」とは!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ワンランク上の目標に近づき、叶える!
國學院大學の「K-PLAS」とは!?

2019.03.08

提供:國學院大學

ワンランク上の目標に近づき、叶える!
國學院大學の「K-PLAS」とは!?

皆さんは、大人になったときの自分をイメージしたことがありますか? 高校を卒業して、大学で研究に打ち込んで、社会人になって――。中には、「憧れの職業があるけれど、無理」と諦めてしまっている人もいるかもしれません。難関と言われている仕事に就くのは、決して簡単な道のりではありません。でも、頑張る皆さんのことを全力で応援してくれるシステムがあったら? 國學院大學の「K-PLAS」は、国家公務員や公認会計士を目指している学生を4年間にわたってサポートしていく難関試験突破プログラム。今回は、その全貌を紹介します!

この記事をまとめると

  • 自己形成のためには、キャリアデザインを考えることが大切!
  • 難関試験突破を目指す学生を全力で支援! 國學院大學の「K-PLAS」
  • 就職支援だって万全! 國學院大學で将来の目標を叶えよう!

高校生の今こそ、卒業後のキャリアについて考えてみよう!

皆さんは、“キャリアデザイン”という言葉を聞いたことがありますか?
キャリアデザインとは、文字通りキャリアをデザインすること。なりたい自分――つまり将来の目標を定め、目標の実現に向けて「どんな職業に就けばいいのか」「どんな働き方をすればいいのか」を思い描き、そのためのプロセスを設計(デザイン)していくことを、キャリアデザインと呼んでいます。

生き生きとした人生を送るためにも、キャリアデザインを描くことはとても大切です。何よりも、なりたい自分に近づき、目標を叶えることができたなら、こんなに嬉しいことはありませんよね。「私はこうなりたい」「そのためにこんな準備を進めている」――自分のキャリアをデザインして、努力を続けていけば、一歩上の目標だって叶うかもしれません。

中には、「憧れの職業はあるけれど、とても無理」と思っている高校生もいるかもしれません。確かに、難関の職業に就くのは簡単なことではないでしょう。でも、最初から諦めてしまうなんてもったいない! なぜなら、難関の目標に向かって頑張る学生のことを全力で応援している大学があるからです。

国家公務員&公認会計士――難関試験突破を目指す國學院大學の「K-PLAS」

「K-PLAS(ケー・プラス)」は、国家公務員や公認会計士を目指す学生を支援する國學院大學独自のプログラムです。国家公務員や公認会計士は、どちらも試験を突破する必要があり、難易度は最高ランクと呼ばれています。そのため、目標実現に向けて慎重に計画を建て、コツコツと試験勉強などの準備を進めていくことが大切です。

「K-PLAS」のプログラムは1年次4月からスタートし、4年間かけて難関試験をクリアできる力を身につけていきます。たとえば公認会計士コースでは、まずは財務会計を学ぶ上での基礎知識を習得。その後、日商簿記検定3級と日商簿記検定2級の二つの中期目標に向けて、必要な専門知識を学んでいきます。二つの中期目標を達成し、学内で行われる選考試験を通過すると、公認会計士コースの奨学生として、公認会計士養成の専門家による授業を無料で受講することができます。そして、学内で行われる「K-PLAS」の講座に加えて、学外の専門学校での授業を履修しながら、最終目標である公認会計士試験合格に必要な専門知識を養っていきます。

このように、「K-PLAS」は、大学在学中の4年間を効率よく使って、難関試験突破を目指します。入学当初は「はるか先の夢」と思っていたことが、「K-PLAS」のプログラムで学ぶことで、「実現可能な目標」になるのです。「国家公務員を目指している」「公認会計士になりたい」と思っているみなさん、夢を諦める必要はないのです。

国家公務員や公認会計士だけじゃない。学生のあらゆる目標を力強くサポート!

國學院大學のサポートは、難関試験突破を目指す「K-PLAS」だけではありません。試験突破のその先にあるキャリアをしっかり見すえて、さまざまな支援プログラムを用意しています。たとえば、目指す進路に合わせて自分磨きを行う「PCAP(ピーキャップ)」。公務員として日本の未来を創りたいと願っている学生に向けた「パブリックサービスキャリア・コース」と、グローバルビジネスの世界で活躍したい学生向けの「グローバルキャリア・コース」の2つのコースがあります。パブリックサービスキャリア・コースでは、公務員試験に求められる法律学や行政学などを学ぶことが可能。加えて、筆記試験や面接試験の指導を受け、インターンシップにも参加することができます。

中には、「将来の目標がなかなか定まらない」といった学生もいます。「国家公務員や公認会計士ではなく、ほかの職業を目指している」という学生だっています。國學院大學は、あらゆる学生の未来を応援。キャリアサポート課が学生一人ひとりにあった職業は何かを一緒になって考え、アドバイスしていきます。そして、業界セミナーや学内企業説明会、就職活動を終えた4年生の内定者アドバイザーによるサポート、OB・OGアドバイス会、模擬面接トレーニングなど、さまざまな就職支援プログラムを用意しています。

たとえば業界セミナーは、企業の担当者が國學院大學のキャンパスで業界の動向や企業の特徴について解説。業界セミナーに参加することで業界研究や企業研究ができ、将来をしっかりとイメージした上でキャリアプランをデザインしていくことができます。

保育士や幼稚園教諭、小学校教諭、中学校・高等学校教諭を目指す学生に向けた支援制度もあります。「K-PLAS」と同様に1年次から始まり、教員試験のガイダンスや、採用対策模試、教員求人紹介などのサポートを受けることができます。また、神職を目指している学生に向けた「神職課程」もあります。神社本庁所属神社の神職になるために必要な「階位(神職資格)」の取得を目的とした課程で、神社実習を履修することで神社本庁から階位が授与されます。神社での奉職を目指す人には、神道研修事務課の職員がキャリア実現に向けた助言や、求人紹介をしています。

目標に向けて突き進む学生のことを、國學院大學はこれからも全力で応援していきます。これから先の未来を輝きあるものにするためにも、なりたい自分を思い描きながら、國學院大學で学んみませんか?

【広告企画】提供 : 國學院大學

この記事のテーマ
総合・教養」を解説

近年、いくつかの大学が教養学部や総合学部などを新設する動きが目立っています。総合科学部や総合人間学部、国際教養学部などのように、呼称や内容に違いがありますが、一般的にはリベラルアーツや文理融合を理念としているところが多いようです。人文科学、自然科学、社会科学など、特定の学問の枠を超えて横断的に扱うこともあれば、専門分野を設けている大学もあります。自分の学びのスタイルに合った大学を選ぶことが重要です。

「総合・教養」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「キャリアデザイン学」
はこんな学問です

変化の多い現代社会を見据えながら、人の生涯設計を支援するための学問。人文科学、社会科学など、学際性の高い研究を通じて人の育て方や働き方を考え、よりよい生き方の方策を追究する。仕事と人との関わりを探究するなかで、経営学や心理学など関連諸学を学ぶ場合もある。学習・研究を通じて人々のキャリアデザインや生涯学習を支援する仕事に、高いプロフェッショナル意識を持って携わる人材を育成することをめざす。

「キャリアデザイン学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける