SNSをフル活用! “映(ば)える” ケーキショップを開業するには?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

SNSをフル活用! “映(ば)える” ケーキショップを開業するには?

2019.03.01

提供:織田製菓専門学校

メイン
テーマ

SNSをフル活用! “映(ば)える” ケーキショップを開業するには?

美味しいお店や人気店は、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSや、雑誌・テレビなどのメディアで毎日のように取り上げられていますよね。特にSNSでは、実際に食べ歩いている人たちがリアルタイムで写真を撮り、お店の情報をアップしてくれるため、どんなメディアよりも早く拡散されます。
飲食店で独立開業を目指す人にとって、SNSは絶対に取り入れたいイマドキの宣伝手段。SNS→商品→店舗というトライアングルの効果を今のうちに理解して、将来の夢に備えてみては?

この記事をまとめると

  • SNSでマーケティング能力を養おう!
  • 店舗で働き、独立に必要なリアルな知識を備えよう!
  • どうせ学ぶなら人気店で! 実習メインの専門学校ですべてを習得

行動力を起こせる人が勝ち組!?

数多(あまた)ある食べ物の中でも年齢や性別問わず、いつの時代でも人気を誇り、幸せな気分にしてくれるのがスイーツですよね。運ばれてきたスイーツを美味しそうに写真に撮ってInstagramにアップするのはもはや当たり前。話題になりそうなワードや店名にハッシュタグを付けたり、店舗の位置情報の追加だって常識ですよね。実はこれ、開業に向けての立派なマーケティングになるんです。このマーケティングは開業するにあたり非常に大切なこと。顧客のニーズを的確につかんで製品計画を立て、有効な販売経路を選びながら、どういう販売促進の努力をしたら良いかが見えてくる作業です。

独立開業を夢見る人は、ひと昔前なら有名店できっちり修業をし、大変な下積み時代を過ごしながら自らの技術を高めるのが当たり前と言われていました。
しかし昨今は、SNSで情報を収集し、食べ歩きながら自分の舌を養い、さらに技術を磨いていくことで「情報」「感覚」「技術」の3つの要素を自分のモノにしてから開業に挑むスタンスが増えてきているようです。

経営の知識やサービス業の在り方を学ぶことももちろん必要!

そうはいっても、独立開業に必要なのは、SNSでのマーケティングだけではありません。どんな業種でも同じですが「経営者」になるには、経営の知識も当然必須となります。

例えば、会計や経理、決算などのお金のことや、食品衛生法などの法律の知識、労働保険や社会保険など保険に関する知識、気持ちよくスタッフに仕事をしてもらうスキル…などなど、数え切れないほど多くの知識やスキルが必要です。
これらを身につけるためには、有名店に入社して店舗の経営を目の当たりにすることも大事ですし、将来を見据えて学生時代からアルバイトをすることもプラスになるはずです。

そして大きなくくりで言えば、販売はサービス業。正しい言葉遣いでの接客方法やお客さまのケア、居心地の良い店舗の内装など、サービス業の本質もとらえないといけません。

世の中が認める味を体感しながらプロの道へ

ところで、東京・中野に開店前から行列ができる「パティスリー・オダ」という名店があるのをご存知ですか? このお店は、製菓・製パン業界に多数の卒業生を送り込んでいる織田製菓専門学校の学内併設店舗で、学生は週1回の店舗運営を通して、実践力を身につけることができます。

1年次で製菓の基本をしっかり学び、2年次から「パティスリー・オダ」での販売実習がスタート。大量生産の技術に加え、高度な工芸菓子技術を習得できます。さらには、ニーズや季節感を考慮した商品を決定し、味はもちろん衛生面にも注意を払いながら製造・仕上げ、接客・販売をし、売り上げ計算までやり遂げます。

こうして自分のお菓子が「商品」となり、お客さまの前に並ぶことでプロ意識が芽生える瞬間を体感できるのです。この実習が経験できるのは、お菓子・パン作りから販売や接客まで網羅する本校のコンフェクション2年制コース。開業から店舗経営までの必要な知識を幅広く学ぶ経営学、ショップをリサーチして商品の流行や店舗戦略の比較研究をするマーケティング、日常会話ができるレベルを目標に学ぶフランス語など、将来役立つ実践力を身に付けながら、名パティスリーオーナーを目指してください!

【広告企画】提供 : 織田製菓専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける