興味から芽生えた夢が花開く。夢を実現させる環境がここにあります! “おもてなし”の心で人を幸せにする、食のプロフェッショナルを目指す。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

興味から芽生えた夢が花開く。夢を実現させる環境がここにあります!
“おもてなし”の心で人を幸せにする、食のプロフェッショナルを目指す。

2019.03.04

提供:大阪キャリナリー製菓調理専門学校

興味から芽生えた夢が花開く。夢を実現させる環境がここにあります!
“おもてなし”の心で人を幸せにする、食のプロフェッショナルを目指す。

洋菓子・パン・調理・カフェ業界のプロを育成する本校では、1年次から実習が充実。食の業界を代表する企業やプロフェッショナルを講師として、直接指導を受けることができます。それも、誰もが知る著名店のシェフやパティシエ、企業経営者たちがそろい、実に130名超。少人数制のきめ細やかな教育カリキュラムで基礎から応用まで学び、即戦力となる人材を育てていきます。

本校に通う先輩たちは実際にどんなことを学び、どんな夢に向かっているのか。在校生3人の声を通してご紹介します。

この記事をまとめると

  • 少人数制とトッププロからの手ほどき。学ぶ意欲を向上させる環境がここにある。
  • コーヒーの基礎知識から淹れ方まで。サービスのプロに必要なノウハウが身につく。
  • 実習で中華料理の奥深さを知る。一つ一つの体感から自分の未来像が見えてくる。

プロのシェフから教わる授業では、自然と背筋が伸びます。同じ夢を持つ仲間たちの存在も励み。

潮さん(製菓・製パン科 パティシエコース)

潮さん(製菓・製パン科 パティシエコース)

プロのシェフによる授業に魅力を感じ、オープンキャンパスで出会った個性豊かな先生方や先輩方の雰囲気にも惹かれたことが本校を選んだポイントです。
いちばん楽しみな授業もプロのシェフによる製菓実習ですね。シェフに見られていると思うと、気が引き締まり、自然と背筋が伸びます。レシピのことや現場のことなど、いろいろなことを直接質問しています。
またディスプレイの授業では、進級制作展として行われるショップフェスタの店舗のディスプレイについて検討中。限られた期間の中で納得のいくお店に仕上げることに苦心しています。
どんな授業も身につくことが多いですが、とりわけ実習時や就職関連の授業では、現場の雰囲気に触れることができ、この学校を選んでよかったと感じます。少人数制できめ細かいサポートを受けられるので安心して集中できますし、同じ夢を持つクラスメイトたちの存在も励みになります。
自分のケーキを食べてくれる人たちに感動や笑顔を与えられるパティシエを目指して、これからも頑張ります。

コーヒー通から、未来のバリスタへ。「好きこそものの上手なれ!」を地でいける環境があります。

清田さん(カフェ総合科 カフェバリスタ専攻)

清田さん(カフェ総合科 カフェバリスタ専攻)

コーヒーのこだわりを持つ自分にぴったりな環境です。大好きなコーヒーへの思いを、嗜好から広げて将来につなげたいと思い、進学を決意しました。
1年次はコーヒーに関する基礎知識と技術を習得。より深いところまで学ぶバリスタ実習、コーヒー実習では、コーヒー通を自称する自分でも知らなかったことの多さに気付きました。実習で自分が練習した成果が他の学生への刺激として伝わる時は、進学してよかったと思える瞬間。2年次は豆の選び方や焙煎の知識など専門的な内容が楽しみです。
製菓実習では、ケーキ作りや菓子作りにチャレンジ。繊細な作業は苦手ですが、カフェに欠かせないスイーツについて知ることも必要なので、日々頑張っています。
目指すは、サービスのプロとしてのバリスタ。誰もが知るようなバリスタとなって活躍したいという夢があります。プロが使っている設備や機械、やさしい先生たちがいる最高の学校でおおいに学び、夢を実現させます。

オーナーの指導で中華料理のうまみに感動。人々に楽しいひとときをお届けできる食のプロになりたい。

泉谷さん(調理師科 調理師コース)

泉谷さん(調理師科 調理師コース)

食事は生きていくうえでなくてはならないものです。調理師を志したのは、その食を提供するプロになりたいと思ったから。体験入学に訪れた際、先生方や先輩方から、現場で活躍しているシェフの指導を受けられると聞いて本校を選びました。学生スタッフに入ると、平日にはお会いできないシェフからも教わることができるので、とても楽しくやりがいがあります。
多彩な実習の中でも中華料理の授業が印象深いです。実際にオーナーシェフから本格的に学んでいます。辛みの強い四川料理では、様々な香辛料を使って辛みの中に抜群のうまみを生み出す方法を教わり、感動しました。
2月の進級制作展でショップを開くことを目指し、ショップ演習の授業にも取り組んでいます。多くの準備が必要で、みんなをまとめることに難しさも感じますが、その分、実りも大きいと思います。
卒業後はホテルへの就職を希望しています。多くの人が楽しく笑顔で食事できる、そんな料理を提供することのできる人材になりたいです。

「人々に笑顔を届ける」プロを目指す、一人ひとりの夢の実現を応援します。

興味あることを勉強するのは、誰でも楽しいはず。ましてや現役のトッププロから直接指導を受けられるとなれば、モチベーションも高まることでしょう。本校の講師陣は、誰もが知っているような著名店のシェフやパティシエたち。その数、なんと130名超です。各界のプロの手ほどきを受けながら基礎から応用まで学び、社会人としての心構えまで育んでいく2年間。「人々に笑顔を届ける」食のプロを目指し、夢実現に向かって歩むあなたを応援しています。

【広告企画】提供 : 大阪キャリナリー製菓調理専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「パティシエ」
はこんな仕事です

洋菓子やデザートを専門につくる仕事。「パティシエ」とはフランス語で菓子職人を指す言葉で、ケーキ、パイ、タルトなどの生菓子、クッキーなどの焼き菓子、その他にもアイスクリームやチョコレートなど、多種多様な洋菓子をつくる職人だ。活躍の場は洋菓子店やホテル、レストランなど店舗での洋菓子、デザートづくりだが、菓子メーカーに勤めて新商品開発など、知識や技能を生かした仕事を担当するケースもある。いずれの働き方でも、味と見た目の美しさを追求する姿勢が求められる。

「パティシエ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「バリスタ」
はこんな仕事です

エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテなどのコーヒーを入れる仕事。イタリア語のバリスタは「バールでサービスをする人」を意味し、コーヒーに関する豊富な知識と確かな技術を備え、心地よい接客とともにおいしいコーヒーを提供する人を指す。スクールや講座でエスプレッソマシンの操作・抽出法などの技術や接客サービスを学べるが、調理師・製菓専門学校で料理やお菓子についても同時に学ぶと、働き方の選択肢を増やすことができる。カフェやレストランで働くほか、技術や接客術を磨いて自分の店を持つ人もいる。

「バリスタ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「シェフ・調理師」
はこんな仕事です

飲食店をはじめとするさまざまな施設で、料理をつくる仕事。ジャンルによってフレンチ、イタリアン、中華、和食などに分けられる。また、仕事場も飲食店だけでなくホテル・旅館、さらに学校や企業・官公庁の食堂や病院など、非常に多岐にわたる。「食の安全」が重視されている昨今、調理師においても食材の品質に気を配ったり、衛生管理に細心の注意を払うことが、これまで以上に求められるようになってきた。責任も大きい半面、どの分野・職場でも大きなやりがいを得られる仕事である

「シェフ・調理師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける