保育士さんになるには、どうしたらいいの??

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

保育士さんになるには、どうしたらいいの??

2019.03.01

提供:愛知江南短期大学

メイン
テーマ

保育士さんになるには、どうしたらいいの??

「こどもが好きだから。」「こどもと関わる仕事がしたい!」「保育園に通っていたときの先生に憧れて、自分もめざすようになりました!」など、めざす理由はさまざまですが、なりたい職業として今でも人気の高い保育士さん。保育士さんは、こどもの成長を間近で見られるとてもやりがいのある仕事ですが、みなさんは、どうしたら保育士さんになれるのかご存知ですか?

この記事をまとめると

  • 確実な道は、保育士養成課程のある学校を卒業すること!
  • 保育士の仕事は大変だけど、やりがいも大きい!
  • 質の高い保育・幼児教育のプロを育てる愛知江南短期大学!

「保育士資格」という国家資格の取得が必須

保育士として働くためには、「保育士資格」という国家資格を取得していることが必須です。その「保育士資格」を取得する方法は大きくふたつ。ひとつは大学や短大、専門学校などの保育士養成課程の学科を卒業すること。もうひとつは、保育士試験を受けて合格することです。

前者の「保育系の学校への進学」の場合、保育の専門知識を学ぶ授業や、ピアノや読み聞かせなどの実技の授業、さらに実際の現場を経験する保育実習などを必修科目として学びます。そうした保育士になるための多様な知識や技術を修得しながら、卒業と同時に保育士資格も取得できるため、高校生のみなさんには、いちばん確実な方法といえるでしょう。

憧れの仕事だけど、実際の現場は大変なことも

こどもと遊んだり、あやしたりしている保育士の姿は、一見すると楽しそうに見えますが、実際には楽しいことばかりではありません。
現場の保育士さんの声を聞いてみると、「こどもたちの個性を把握して、一人ひとりに合わせた接し方をすることに苦心します」「一日中元気なこどもの相手をすることは、体力的にも大変!どんなに疲れていても、こどもの前では疲れた姿を見せないようにすることも大切」など。

こうした大変な面もある一方、「日々の保育を通して、こどもたちの明るい笑顔が見られることが、大きな励みに!」「こどもの成長を間近で見守りながら、自分も成長できる素敵な仕事だと思います」といった声のように、こどもが大好きな人、保育に興味のある人には、とてもやりがいのある仕事です。

現場で役立つ力が身につく愛知江南短期大学

愛知江南短期大学は,保育現場の様々な要請に応える実践力を育成するため,保育園と幼稚園、さらに子育て支援センターを持っている全国でもめずらしい学校です。
充実した施設のもと、現場経験豊富な先生から、生きた保育・幼児教育の知識や技術を学べます。
また、プロの人形劇団の指導によって人形劇や絵本、紙芝居、手遊びなど、多彩な実技を学べることも強みのひとつ。

さらに、午前中半日のみの授業で3年間で卒業できる「保育専攻長期履修」を設置。自分のペースで、じっくり保育や幼児教育について学べるコースもあります。

多様な現場に対応できる愛知江南短期大学で、保育士さんをめざしてみませんか?

【広告企画】提供 : 愛知江南短期大学

この記事のテーマ
保育・こども」を解説

乳幼児から小学生までのこどもの生活を保護し、心身の成長を促すための専門知識を身につけます。こどもの心身の発達や行動、保健・衛生、基本的な読み書きや情操教育、体操といった体力向上教育など、学びの分野は多岐にわたります。保育士の資格取得者の職場は保育園だけでなく、企業内の保育施設などにも広がりつつあります。

「保育・こども」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育士」
はこんな仕事です

仕事などで保育ができない保護者に代わって、乳児から小学校就学前の子どもを預かる仕事。食事、排せつ、睡眠の世話や健康管理の他、遊びや集団生活を通して心身の成長を援助する。保育所や乳児院、児童養護施設に加え、企業内の保育所やベビーシッター業を行う企業でも、大きな役割を果たすなど就職先は多様化。子どもの数は減っているものの共働きの保護者が多くなったため、今後ますますニーズは高まっていくだろう。また、パート勤務など、勤務時間の調整ができる場合も多い。

「保育士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける