子どもとその家族をサポートする専門家『スクールソーシャルワーカー』って、何をする仕事なの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

子どもとその家族をサポートする専門家『スクールソーシャルワーカー』って、何をする仕事なの?

2019.03.01

提供:花園大学

メイン
テーマ

子どもとその家族をサポートする専門家『スクールソーシャルワーカー』って、何をする仕事なの?

いじめや不登校、非行、児童虐待、貧困など、学校や家庭環境における子どもの抱える課題を解決する福祉の専門家がスクールソーシャルワーカー(SSW)です。教師、カウンセラーなどとともに「チーム学校」で取り組み、子どもとその家族をサポートします。2008年度から学校や教育委員会などへの配置を補助する「スクールソーシャルワーカー活用事業」を文部科学省が実施。2019年度に全国で1万人の配置を目標としており、今後ますます活躍が期待されています。「福祉」に強い花園大学でスクールソーシャルワーカーを目指してみませんか?

この記事をまとめると

  • 教育現場でスクールソーシャルワーカーが注目を集めている
  • 社会福祉士あるいは精神保健福祉士の資格を取ることが前提条件
  • 「福祉」に強い花園大学のスクールソーシャルワーカー教育課程で、実戦的な知識と技能を学べる

全国的に採用が急増!今注目を集めているスクールソーシャルワーカーとは?

学校や家庭環境における子どもの抱える課題を解決する福祉の専門家のことを「スクールソーシャルワーカー(SSW)」と呼びますが、耳にしたことがありますか?具体的にどんなことをするのかというと、いじめや不登校、非行、児童虐待、貧困などの子どもたちを取り巻く問題に、教師、カウンセラーなどとともにチームで取り組み、子どもと家族をサポートします。現代社会を反映するさまざまな問題は家庭環境の影響も大きいため、教育だけでなく社会福祉的な面からも支援が必要です。そうしたソーシャルワークはアメリカでは約100年前から実施されていますが、日本では2008年度から学校や教育委員会などへのスクールソーシャルワーカーの配置を補助する「スクールソーシャルワーカー活用事業」を文部科学省が実施。2019年度に全国で1万人の配置を目標としており、今後ますます活躍が期待されています。

スクールソーシャルワーカーの仕事内容は、学校という場で子ども達の支援に携わること

スクールソーシャルワーカーの活動形態は自治体によってさまざまです。学校に配置されて活動するケースのほか、教育委員会などに所属して依頼があった学校に派遣されたり、いくつもの学校をかけ持ちして巡回したりするケースも。よく似た専門家としてスクールカウンセラー(SC)が挙げられますが、その違いは何でしょうか?学校内の相談室を拠点とするスクールカウンセラーが児童・生徒本人の心の問題に重点を置くのに対して、スクールソーシャルワーカーは児童・生徒を取り巻く環境に注目して問題の解決をはかっていきます。学校内だけでなく各家庭や役所の福祉担当部署などとのつなぎ役となって情報提供や調整を行い、保護者や教員をサポートして問題解決の方法を探るのがスクールソーシャルワーカーの役割です。

「福祉」に定評がある花園大学において、スクールソーシャルワーカー教育課程がすでに始まっています!

前述で説明したように、スクールソーシャルワーカーになるには国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士の資格が求められています。そうした資格の取得を目指せる教育機関は数多くありますが、その中でも福祉に強いと定評のある花園大学が日本ソーシャルワーク教育学校連盟の認定を受け、京都でスクールソーシャルワーカー教育課程をいち早く開設!すでに2017年度入学生から、資格取得が可能となっています。社会福祉や心理学、教育学、精神医学などの幅広い知識と技術を習得できるのはもちろんのこと、学校ボランティアをはじめ、直接触れて学べる実習を充実させ、さまざまな資格を取得できる多彩なカリキュラムを準備。「免許資格支援センター」を拠点に丁寧な指導で学生一人ひとりをバックアップすることで、将来役立つ現場経験を積むことができます。同じ進路を目指す仲間と切磋琢磨しながら学べるのは花園大学ならではの醍醐味です。

【広告企画】提供 : 花園大学

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

大きな戦争の減少、食糧事情の向上、医療技術の発達などにより、おもに先進国では平均余命が伸びています。同時に、生きてはいるけれども健康ではないという、要介護状態の高齢者が増加し、医療費の伸びや介護保険費の膨張など、大きな問題が山積しています。福祉は、子どもから高齢者まで人間の発達段階に応じた社会支援の理想的なあり方を探求します。個人だけでは解決できない問題を、集団・組織として考える視点を学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「社会福祉」
はこんな学問です

社会的に手助けが必要とされるお年寄りや子ども、障がいを持つ人々への支援方法を身に付け、その仕組み、国が行う政策なども研究する学問。学校によって、支援の専門知識と技能を持った専門職を育てるための授業もある。めざすことのできる資格には、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格などがある。

「社会福祉」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける