担当動物との生活は? 実習はどんなことをするの? ペット学科の1日

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

担当動物との生活は? 実習はどんなことをするの? ペット学科の1日

2019.03.01

提供:専門学校 福岡ビジョナリーアーツ

担当動物との生活は? 実習はどんなことをするの? ペット学科の1日

将来、トリマーになりたい!動物園の飼育員になりたい!水族館で働きたい!動物と関わる仕事に就きたい!......など、動物と関わる仕事に就くためには、何をすればよいのでしょうか? 専門学校 福岡ビジョナリーアーツのペット学科では、担当動物制度で、しっかりと動物と向きあい、圧倒的な実習時間でプロの技術を身につけることで、夢に向かう確実な学びを実践しています。ペット学科での学びを通じて、夢を叶える具体的なイメージを膨らませてみましょう。

この記事をまとめると

  • 学生全員に一人一頭の担当制を導入。担当動物制度によって飼育未経験者でも、自分の手で動物を育てられるようになります!
  • 実習時間は2年間で1,800時間以上。圧倒的な実習時間で徹底的に技術を鍛えます!
  • どの専攻でも、プロに必要なペットの美容・トレーニング・看護について学びます!

担当動物は、学生全員に一人一頭。生活を通じて、様々な発見があります。

動物と関わる仕事をするために、大切なことは何でし ょう? 専門学校 福岡ビジョナリーアーツのペット 学科では、約80頭の学内犬のほか、200種1400匹以 上の様々な動物たちがいます。入学すると、全員に担 当の動物がつきます。学生は自分の担当動物や水槽を 責任を持ってお世話をします。コミュニケーションで動物との信頼関係を深めるのは もちろん、しだいに体調や感情の変化を見極めること ができるように。真のプロに向けて、動物としっかり 向き合う学びを実践しています。


【担当動物についての学生からの声】
・自分に担当がつくことで、美容もトレーニングも看護も全て学ぶことができるので本当に色々と勉強になります。
・エサやりや当番制(チームで朝・夕2回実施)の掃除をすることで、チームワークや責任感が身につくと思います 。
・排泄物の様子、普段と違った行動など、管理カルテをつけるので、変化があるとすぐ分かるようになります。

実習は、年間1,800時間以上。圧倒的な実習時間が将来につながります。

専門学校 福岡ビジョナリーアーツのペット学科の2年間の実習時間は、なんと1,800時間以上。実習と座学(イスに座って先生の講義を聞く学び)の割合は、実習 約85%、座学 約15%になります。授業の多くが実習です。これは、多くの実践的な授業からプロになるための技術をしっかり身につけるのが狙い。将来に直結する技術を自分のものにするための学びのスタイルです。

【ペット学科の学生のある1日】
8:00/学校に登校。
8:30~9:00/担当動物にエサやりなどの生体管理。
9:20~10:50/授業開始。授業は1コマ90分。1コマ目はトレーニング実習で動物との信頼関係を築きます。
11:00~12:30/座学の授業。動物の衛生面の学びや、ビジネス経営で必要な学びなど、仕事をするうえで活きる知識を経験豊富な先生から学びます。
13:10~16:20/2コマ続きでグルーミング実習。グルーミング専攻以外でもしっかり一頭カットできるようになります。
16:30~18:00/授業終了後、動物たちの生体管理。その後、帰宅。

豊富な専門専攻を設置。なりたい将来に向けて専門スキルを身につけます。

専門学校 福岡ビジョナリーアーツのペット学科の特長は、担当動物制度と豊富な実習だけではありません。将来めざす仕事の分野ごとに細かく設定された多彩な専門専攻があります。
2018年4月に設置された「動物園飼育員専攻」では、大型動物を含む哺乳類をはじめ、哺乳類、鳥類、魚類など幅広い種の動物の飼育・トレーニングを学びます。動物園はもちろん、様々なスタイルの動物施設で活躍するための知識・技術を身につけます。
また同じく2018年4月に設置された「水族館・海洋生物専攻」は、学内にあるアクアリウムパークを通して水槽管理を学ぶだけでなく、海洋実習も多数実施し、海洋生物に対する幅広い視野を身につけます。

【ペット学科 専攻一覧】
・ドッググルーミング専攻
・ドッグトレーナー専攻
・動物看護専攻
・動物理学療法専攻
・アニマルセラピー専攻
・ペットビジネス専攻
・キャットマスター専攻
・エキゾチックアニマル専攻
・動物園飼育員専攻★
・アクアリウム専攻
・水族館・海洋生物専攻★
★は2018年4月設置

【広告企画】提供 : 専門学校 福岡ビジョナリーアーツ

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「トリマー」
はこんな仕事です

トリマーとは、犬や猫などの美容師のこと。ブラッシングやシャンプー、カットはもちろん、爪の手入れ、耳掃除、足裏の手入れなども行い、ペットを清潔に保つケアを施す。ケアの前には、獣医衛生学などの知識を基にペットの健康状態をチェック。飼い主にペットの健康についてアドバイスをすることもトリマーの仕事。チェックが終わったら飼い主の要望をヒアリングしながらペットの毛をカットしていく。飼い主の要望に合わせながらも、自分の経験やセンスを生かしたスタイリングができるので、やりがいも大きい。

「トリマー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「動物園の飼育係」
はこんな仕事です

動物園で動物を飼育する仕事。一人で数種類の動物を担当し、餌やり、健康状態のチェック、園舎の掃除などが基本的な業務となる。日々の動物の様子を観察・記録し、わずかな体調変化も見逃さないことが求められる。さらに、ユニークな展示方法で人気を集めるなど、動物の生態に即した環境を整えつつ、多くの来園者に動物の魅力を楽しんでもらえる企画を考えることも重要な仕事となっている。また、動物園で飼育する希少動物の繁殖に取り組むことも大切な役割である。

「動物園の飼育係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「水族館の飼育係」
はこんな仕事です

水族館の魚など水生生物をはじめ、さまざまな生き物を飼育する仕事。人工空間の中でも生き物たちが快適に過ごせるように水質を管理したり、餌を与えたりする。病気の予兆や異常をチェックして飼育環境を整え、生き物たちの健康状態を保つのも重要な役割だ。来場者に、水生生物の特徴や魅力を伝えるのも仕事の一つ。イルカやアザラシなどのショーを開催する水族館の場合は、調教や来場者を楽しませる企画の考案も含まれる。その他水槽の掃除や展示物・観覧通路の確認、生命維持装置の点検など、仕事の幅は広い。

「水族館の飼育係」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける