思っていたイメージと違う?体育大学「研究室」の、本当のところに迫る!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

思っていたイメージと違う?体育大学「研究室」の、本当のところに迫る!

2019.03.01

提供:日本女子体育大学

メイン
テーマ

思っていたイメージと違う?体育大学「研究室」の、本当のところに迫る!

みなさんは「体育大学」と聞くと、どんなイメージを抱きますか?毎日さまざまな運動をしている、勉強よりもスポーツばかりしている…そう思っている人が多いのではないでしょうか。ですが、実際は体を動かすだけではなく、研究活動も活発に行われています。具体的にはどのような研究活動が行われているのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 体育大学は、スポーツの実習が中心なの?
  • 体育大学にあるさまざまな学びを見てみましょう
  • 実は就職にも有利!多様な研究室で自分を高め、未来に羽ばたこう!

体育大学の学びは、体育の授業の延長線上ではない!

「体育大学」に対して、みなさんはどのようなイメージを持っていますか?「スポーツの実習が多そう」、「勉強よりもスポーツばっかりしていそう」など、頭を使うことよりも体を鍛えることに主軸を置いた大学というような印象を抱く人も多いのではないでしょうか。
中には、「体育大学」と銘打っているので、1限目はサッカー、2限目は水泳、3限目はバレーボール、4限目は体操といったように、1日中運動ばかりしていると思っている人も…。
確かに、小中高のときにあった体育の授業を思い浮かべ、体育大学も、そうした授業の延長線上にあるという認識なのかもしれませんね。

ですが、実際には運動をするだけではありません。
体育大学には幅広い学びがあるのです。

本当は違う!体育大学の実態

日本女子体育大学の健康スポーツ学科 ※ では、スポーツの実習の他にも、さまざまな授業があります。
例えば、健康スポーツ学科 ※ が目的としているのは、子どもから高齢者まであらゆる年齢の人々が、スポーツを通して健康になるためにはどうしたらいいのかということです。
自分がスポーツを楽しんだり極めたりすることが目的ではないため、スポーツ実習以外に、スポーツ教育や健康運動指導、スポーツマネジメントといったことを中心に学びを深めています。

また、日本女子体育大学では、子ども運動学科 ※ といった幼児に特化した学科や、アスリートや体育教員の育成だけでなく、スポーツの指導者になるための勉強をするスポーツ科学科 ※ 、舞踊家やその指導者としての活躍を目指すダンス学科 ※ など、幅広い学科を有しています。
一口に体育大学といっても、これだけさまざまなことを勉強できるのですね。

日本女子体育大学は「研究室」活動も活発!

健康スポーツ学科 ※ では、「研究室」での活動も活発です。より専門性を高め、社会を元気にする「健康」と「スポーツ」のスペシャリストを育みます。

例えば、選手やスタッフの能力を発揮させるスポーツ指導術を学ぶ研究室があります。チームのコーチの仕事は、技術や戦術を教えるだけではありません。選手やスタッフが持っている力を十分に引き出し、チームをまとめる役割も求められます。スポーツ指導に関わる理論と実践をバランスよく学び、信頼されるコーチになることを目指します。ほかにも、体育教師を目指す人のための体育科教育専門の研究室や、中高年や高齢者向けの運動プログラムを作る健康づくりの研究室、スポーツを活用した健康づくりや疾病予防について考えるヘルスプロモーションの研究室など、幅広い研究室があります。

また、研究室では将来就職するときに武器になる”実践力”を育むことができるのです。日本女子体育大学の就職先は、高等学校・中学校や幼稚園といった教育現場から、医療現場、生涯スポーツ、公務員、一般企業までさまざま。2018年3月卒業生の就職率は99.3%!(就職者数 457名/就職希望者数 460名)18年連続で90%を超えています。研究室で学ぶ実践力を武器に、卒業生たちはさまざまな分野で活躍しています。

ぜひニチジョで「健康」と「スポーツ」について深く学んでみませんか?

※ 2020年4月新学科開設予定(届出書類提出予定)この内容は予定であり、変更が生ずる場合があります。

【広告企画】提供 : 日本女子体育大学

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける