メイクアップアーティストや美容部員など、メイク業界のスペシャリストは、なぜ、エステの資格取得を目指すのか?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

メイクアップアーティストや美容部員など、メイク業界のスペシャリストは、なぜ、エステの資格取得を目指すのか?

2019.03.01

提供:ミスパリ エステティック専門学校

メイクアップアーティストや美容部員など、メイク業界のスペシャリストは、なぜ、エステの資格取得を目指すのか?

美容業界には、ヘアやエステ、メイク、ネイルなど、お客様をきれいにするさまざまなお仕事があります。その中でも人気があるのがメイク。メイクアップアーティストや美容部員はお客様にヘアメイクを提供したり、化粧品販売をすることで、お客様の変化や喜びを間近で感じることができる人気のお仕事です。そんなメイクの仕事を目指す方が注目しているのが「エステの資格」なんです。なぜ、メイク業界を目指す人がエステの資格取得を目指すのか? 一緒に見ていきましょう。

この記事をまとめると

  • 今、女性がもっとも注目する美容法が「スキンケア」。メイクの美しさだけでなく、本来持つ素肌をきれいにしたい女性が増えている
  • 素肌を美しくすることで、メイクのノリもよく、メイク映えする
  • エステができることで、お客様の肌トラブルも解決できるメイクのプロになることができる

エステティックの魅力

エステティックと聞くと、「エステティックサロンで受けるもの」というイメージがあるかもしれませんが、エステティックサロンだけでなく、さまざまな場所で提供されています。

最近は、サービスのひとつとしてフェイシャルエステを提供しているコスメブランドも増えてきました。百貨店やデパートなどに入っているコスメブランドというと、メイクを施して、化粧品を販売するところ、という印象が強いと思いますが、リピーターを作るため、エステティックサービスを導入するブランドが増えてきているのです。

そのような時代に変化する中で、エステティックサロンを母体に持つミス・パリ エステティック専門学校で身につけたエステティック技術を重要視するブランドが増え、今では一流ブランドのサロンから就職推薦枠をもらうまでになりました。

ハイレベルなエステティックを学びながら、自分自身もキレイになれる

エステサロンは全国にたくさんありますが、国内で多数の店舗を展開するミス・パリ・グループによるミス・パリ エステティック専門学校では、プロのエステティシャンに必要な知識や技術を身につけることができます。

ミス・パリ エステティック専門学校では、サロンで実際に使用しているプロ仕様の機器や商品を使用して授業を行っているのがポイント。美容業界の最前線で活躍する美のプロから、技術はもちろん、お客様に接するときのマナーやエステティシャンとしてのふるまい、所作を学ぶことができます。実践型の授業も多く、クラスメイトをモデルに最新の機器を使って施術をしたり、逆にモデル役となってお客様の気持ちを体感できることも。クラスの友人とハンドマッサージをしながら、お互いにキレイを目指して、実践的に「美」について学べたら大きなやりがいを感じそうですよね。

このようにプロのエステティシャンになるための勉強をしながら、「自分磨き」もできる環境があります。スキンケアやメイク、ダイエットをはじめ、美容に興味がある人にとって、日常の中で「美」をより身近に感じることができるでしょう。

ミス・パリ エステティック専門学校 トータルビューティ学科で、「美」のプロフェッショナルを目指そう!

ミス・パリ エステティック専門学校のトータルビューティ学科では、1年次にエステやスパをはじめ、ダイエット、メイク、ネイル、ブライダルと、美容のさまざまな分野の基礎を学んでいきます。2年次には、より専門的な技術と知識を身につけ、エステティックのスペシャリストを目指す「ビューティセラピストコース」、メイクやネイルのプロフェッショナルを目指す「ビューティアドバイザーコース」から、コースを選択することができます。

講師陣には、一流エステサロンやコスメブランドの店長をはじめとした現場経験が豊富なプロの先生たちがいます。サロン実習を通して、即戦力として活躍できるスキルを身につけていくことができるでしょう。

また、認定エステティシャンやビューティセラピストなど、将来プロのエステティシャンやビューティアドバイザーとして活躍を目指すなら取得したい資格や国際ライセンス取得を目指すカリキュラムもあります。

「トータルビューティ」とは、心も身体も美しくあることが大切。そのため、一般教養として英会話や芸術鑑賞、茶道や華道などの授業もあり、美容のプロとしてはもちろん、コミュニケーション能力や感性も同時に磨くことができます。

エステティシャンに必要な知識や技術を実践的に学ぶことができるミス・パリ エステティック専門学校で、「美」のプロフェッショナルを目指してみませんか?

【広告企画】提供 : ミスパリ エステティック専門学校

この記事のテーマ
エステ・ネイル・リラクゼーション」を解説

ネイルアーティストやエステティシャンなど、美容のスペシャリストを育成したり、アロマセラピストやマッサージ師のように身体のもみほぐしや香りでの癒しに関わる知識と技術を身につけます。あわせて学校では、職業に応じた専門技術と接客能力を磨きますが、新しい技術やトレンドに対応するため、自ら学び続ける好奇心やセンスが求められます。

「エステ・ネイル・リラクゼーション」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「エステティシャン」
はこんな仕事です

理容・美容以外の美容サービスで、身体と心をリラックスさせる仕事。エステティックサロンや美容室、レジャー施設やスポーツジムに併設されたサロンなどで、トリートメント・脱毛などの施術を行う。大別してフェイシャルエステティックとボディーエステティックがあり、フェイシャルは主に皮膚のパックなどによるスキンケア、ボディーは全身のケアで、スキンケア、プロポーションメイキング、リラクゼーションなどに分かれる。いずれも本場は海外だが、近年日本でも需要が拡大している。

「エステティシャン」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フェイシャルエステティシャン」
はこんな仕事です

肌悩みの解消や美しさの維持など何らかの目的を持つ人に、美白や角質除去など顔を中心とした施術を行う仕事。主な職場はエステティックサロン。サロンの利用者は、自宅でのセルフケアよりはるかに高い効果が出ないと満足しないため、皮膚生理学の知識はもとより、繊細なハンドテクニック、丁寧なカウンセリング、サロンの粧材と機器を自在に操る技術など高度な施術力が求められる。ホスピタリティー精神を持って接することも大切だ。人を美しくし、感謝される喜びを日々感じながら、自らの美意識も高めることができる。

「フェイシャルエステティシャン」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ネイリスト」
はこんな仕事です

来店客の爪を美しく整える仕事。「ネイルアーティスト」と呼ばれることもある。マニキュアを塗ったり模様を描いて美しく飾る他、傷みなどのトラブルに対応したり、人工爪による整形など、サービス内容は爪に関すること全般にわたる。活躍の場はネイルサロンをはじめ、美容院、エステティックサロン、結婚式場など。「爪のおしゃれ」が日常生活の中で一般的になるのにつれてネイルサービス市場は年々拡大傾向にあり、近年では女性向けだけでなく男性向けのサービスも登場。確かな技術とセンスを身に付ければ、活躍できる場は幅広い。

「ネイリスト」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける