美人臨床心理士! 山名先生が現役高校生のリアルな悩みに迫る! 【恋愛編】

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

美人臨床心理士! 山名先生が現役高校生のリアルな悩みに迫る! 【恋愛編】

2015.12.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

美人臨床心理士! 山名先生が現役高校生のリアルな悩みに迫る! 【恋愛編】

臨床心理士の山名裕子先生が、高校生の恋愛に関するお悩みを解決。
交際を長続きさせるポイントとして、たまにでいいから気持ちを直接伝えることや、男女の脳のつくりの違いの観点から、ケンカをしたときのアドバイスをくれました。

この記事をまとめると

  • 人に頼ることで、相手の承認欲求が満たされて喜んでくれる
  • 男女で脳のつくりが違うので、交際を長続きさせるには女の子に同調してあげること
  • 嫉妬してくる女の子には、特別感を与えてあげる

臨床心理士として活躍する山名裕子先生と、現役の高校1年生、猿渡 涼くん(15)、高校2年生の山本唯我くん(16)によるリアルなお悩み相談会が実現!
進路・恋愛・友達について心理学の面から答えてくれているお悩み相談は、絶対にあなたにも当てはまる納得の答えがあるはず。

今回は恋愛編! 女の子との接し方が分かるかも!?

人に頼ることは恥ずかしいことじゃない!

――今、唯我くんは恋愛をしているの?

唯我:僕は俳優になりたいという目標があるので、今は避けています。

山名:こんなこと言ったらアレですけど、全然隠れてできますけどね(笑)。俳優を目指しているなら、例えば嫉妬の役ってなったときも上辺だけじゃ難しいし、内側からそういう感情が出ないから、しないよりしたほうがいいかなって思いますね。恋愛したいとは思うのかな?

唯我:うーん、それよりも自分磨きを優先しています。

山名:夢に向かうことってすてきだね。でも、恋愛から学ぶこともたくさんあるし、若いころにしかできない恋愛もあるから。どっちをとるかは自分次第ですけどね。
あと恋愛すると、彼女の意見も聞かなきゃいけないから人に寄り添うテクニックも磨かれたり、忍耐強くもなるし、考え方が固執しないんですよね。無理にする必要は全くないし、したいなって思ったらすればいいと思うけど、何か一つに本気で挑戦している人が本当に理想の人に出会ったとき、そっちに走る可能性があるから頭の片隅に置いておくといいかもしれないですね。

――すごくストイックな考え方だけど、唯我くんは人に甘えたりしないの?

唯我:僕は双子に生まれて育ってきたので、もう一方に負けないように一人でやる、っていうことが多くて。だから甘えたりとかはしてきませんでしたね。

山名:そうなんだ~。でも人に甘えたり頼ったりっていうのは、恥ずかしいことでも弱いことでもないし、頼ることで相手の承認欲求が満たされて喜んでくれたりもするから。必要とされたことでサポート体制もできるので、恋愛以外のことにもいえるけど生きていく上では大切なことかなって思います。今は自分の目標があってやっていることが多いと思うけど、そういう部分を磨くのも必要なことかもしれないですね。

女の子は常に不安を抱えている生き物! 男の子は不安を取り除く作業をすべし!

――涼くんは今彼女いるの?

涼:いないです。中学のときはいました。ほしいとは思いますけど、今は気になる人がいないです。

――元カノとはどうやって付き合ったの?

涼:どっちも好きみたいな感じになって、LINEで自分から言いました。

山名:LINEか~。私本当に断固否定派なんですけど(笑)、人が告白するときって絶対直接したほうがいいですね。目でも記憶に残るし、想いを見ているから破局率も下がると思うので。

付き合っているときも、男の人は自分の気持ちを言わない人が多いんですけど、それって好きだから付き合っているんだし、一緒にいるじゃんっていう論理的な考え方なんです。
でも女性っていうのは基本的に常に不安を抱えている生き物だから、ちゃんと言葉で伝えてほしいんですよね。だから「好き好き」言う必要はないけど、マメに「いつもありがとうね」くらいは言って、不安を取り除く作業が必要ですね。

――前の彼女とは、なんで別れちゃったの?

涼:向こうの部活が忙しくて、会話もあんまりなかったので付き合っている意味ないなって思って。

――交際が長続きする秘訣ってあるんですかね?

山名:いろいろあるんですけど、その中でも“同調効果”っていうのが10代ではポイントかな? 例えばケンカになったときに、女の子ってすごく感情的だと思うんですけど、それは根本的に脳量が女の子のほうが大きいからなんです。それに対して男の子は論理的。そういうときは正論を言うんじゃなくて、いかに向こうの気持ちに寄り添えるかが大切ですね。
めんどくさいかもしれないけど、根本が違うんだなっていうのを理解しておくだけでも違うかな。女の子の心を、一度想ってあげること。

相談されたときも、アドバイスがほしいわけじゃなくて、意外と答えは決まっていたりするから聞くだけでよかったり、変にアドバイスあげようとしなくてもいいんです。
恋愛する上では、男性心理と女性心理の違いを知っておくだけでもいいかなと思います。

――彼女がいたら嫉妬とかするの?

涼:しますね。そういう嫉妬してたことって、女の子に言ってあげたほうがいいんですか?

山名:女の子は嫉妬される行動をわざとやっている人もいるくらい、嫉妬されるのが好きな子が多いから、その場合2人きりになったときにちょっと伝えるっていうのはプラスのことかなって思います。もちろん相手によるし、言い過ぎはよくないですけど。
“ハード・トゥ・ゲット・テクニック”っていうのがあって、人って特別感に弱いんですね。だからすごく嫉妬してくる子がいたら「こういうの話せるのって○○ちゃんだけだから」って言ってあげると女の子はキュンってなりますね。女の子って“お前だけ”に弱いので。

――覚えておくと便利そうだね(笑)。

涼:はい(笑)。

現在著書の「バカ力:完璧をめざさない強さ」を出版。バカになりたきゃ、見るっきゃない!

現在著書の「バカ力:完璧をめざさない強さ」を出版。バカになりたきゃ、見るっきゃない!

Profile
山名裕子(やまな ゆうこ)/臨床心理士
1986年5月7日生、静岡県出身。著名な精神科医師の父を持つ、心理学会のサラブレット。 心理学資格の中で最難関とされる臨床心理士の資格を取得。学生時代は、学業に励む傍らで各ファッション誌で読者モデルとしても活躍。 2014年に「やまなmentalclinic」を東京青山に開院。 カウンセリングを偏見なく受けれるようにと幅広く活動している。

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る