美人臨床心理士! 山名先生が現役高校生のリアルな悩みに迫る! 【進路編】

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

美人臨床心理士! 山名先生が現役高校生のリアルな悩みに迫る! 【進路編】

2015.12.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

美人臨床心理士! 山名先生が現役高校生のリアルな悩みに迫る! 【進路編】

臨床心理士として活躍する山名裕子先生と、現役高校1年生の猿渡 涼くん(15)、高校2年生の山田唯我くん(16)によるリアルなお悩み相談会が実現!
進路・恋愛・友達について心理学の面から答えてくれているお悩み相談は、絶対にあなたにも当てはまる納得の答えがあるはず。
今回は進路編! 納得の人見知り解消テクは必見!

この記事をまとめると

  • なりたい目標以外にも、選択肢をつくったり、視野を広げておくといい
  • 美容師になりたい人に必要なのは、話す力よりも聞く力
  • 人見知りを解消するには、成功体験を積み重ねること

やりたい夢が決まっているとしても視野を広げておくことが大切

――唯我くんは、進路をどう考えていますか?

唯我:僕は今、仮面ライダーを目指しています。進学に関してはまだしっかりとは決まっていないんですが、文系の大学にする予定です。それか美容の専門に行こうかなと。

山名:今、夢が固まっている子って少ないから、すごくすてきですね。専門学校よりも大学生のほうが時間はあるから、芸能の仕事と両立できるのは後者かな。俳優になりたいんだとしたら、仮面ライダーになることで満足せずに、登竜門として捉えておくといいかもしれないね。

唯我:はい、僕もそこをゴールにするんじゃなくて、俳優になるための通過点にしたいなとは思います。

――その夢を持ったのはいつごろですか?

唯我:小さいころから憧れはあったんですが、中の人っていうよりは仮面ライダーそのものに対してですね。高1までサッカーをしていたんですが、ケガをして辞めて、高2になってから渋谷や原宿に行きだして、スカウトされるようになってサロンモデルや読者モデルの活動を始めました。そうしていくうちに、せっかくやるんだったらモデルだけじゃなくて、演技にもチャレンジしてみたいなって。小さいころからの夢でもあった仮面ライダーになれたらいいなって思うようになりました。

――俳優になるために今動いてることはあるの?

唯我:読者モデルの活動以外では、事務所の見学に行ったりしています。今はタイミングが合わないんですが、演技系のレッスンにも今後通う予定です。あとはTwitterのフォロワーが増えるようにしています。SNSで影響力がある人が俳優としても伸びるのかなって。

山名:戦略的でいいことですね。でも意志が固まり過ぎている子の弱点としては、それに一直線過ぎて夢が破れたときに、何していいか分からなくなってしまうことがあるんです。
そうなったときのために他にも選択肢をつくったり、視野を広げておくのは大事ですね。
だから俳優一本でやりたいにしても、進学っていうのは視野を広げるという点でもいいことだと思います。大学と芸能を両立している人も多いですから。
ここまではっきりいえる人ってあんまりいないから、すごくカッコいいし頑張ってほしいです。

成功体験で自信をつけて、将来に生かせるコミュニケーション能力をつけよう!

――涼くんは将来こういう道に進みたいっていうのはある?

涼:美容師になりたいなって思ってます。楽しそうだなって。

山名:美容師ってやりがいのあるすてきな仕事ですけど、実は辞める人も多くて職業の中でも過酷なジャンルではあると思うんですね。部活はやっていたのかな?

涼:中学のころはテニス部に入っていました。

山名:部活でスポーツ系をやってきた子たちって体力もあるし、メンタルも鍛えられている人が多いので、就職しても結構乗り越えられる人が多いですね。やりたいことやってみて本当にダメだったら他も探してみるっていうのはあるんですけど、専門職の美容師ってなるとそこから次の道を探すのも結構難しいですよね。だから本当に美容師になりたいっていう強い意志があるなら専門学校に行ってもいいけど、4年の大学出てからでもいいかなって。

――美容師は接客業だから、初対面の人ともたくさん話しますよね。

山名:そうですね。涼くんは人見知り?

涼:はい、人見知りです。

山名:実は今、若い世代の人って8、9割くらいがそう言うから、みんな人見知りって思っておけば問題ないんですけど、社会に出たときにコミュニケーション能力が問われるんですよね。
ちなみになんで人見知りになるかっていうと、自己評価が低くて、自信がないから人の目線が気になって挙動不審になっちゃうんです。
だから人の評価よりも、小さい成功体験を積み重ねて自信をつけていくことが大切。まずは、自分を褒めてあげる。電車で席を譲れたとか、歌が下手な人がカラオケで一曲歌えただけでもそれは成功体験になるんですね。

あと美容師さんって、話す力が大事って思われがちじゃないですか。でも実は、聞く力のほうがもっと大事なんですよ。例えば、渋谷で買い物してその帰りに来ましたってなったとき、普通の人は「そうなんだ」で終わっちゃうんですけど、言葉を引用してあげる。例えば「渋谷で買い物してきたんだ! どこ行ったの?」とか。これは“バックトラッキング”っていうテクニックなんですけど、同じ言葉を使ってあげると「この人よく聞いてくれてる!」ってなるんですよね。

だから、人見知りも無理に話さなきゃってオドオドするより、聞くテクニックを磨くことのほうが先決かなって思いますね。

あと、進学や就活をする上で役立つこととして、自分の強みを5個いえるようにしておいたほうがいいです。自分の長所をいえる人って意外と少なくて。
例えば、本当何も考えずに行動するよねってよくいわれる人だったら、言い換えれば「でも行動力はあります!」という長所になるので。短所を5つあげて、それをプラスに変換するっていう作業をしていきましょう。思いつかなかったら、人に何を言われたかなって思い返す。聞き流しちゃう人も多いけど、褒められたらそれをちゃんと味わって感じていくと自分の自信にもつながると思います。

Profile
山名裕子(やまな ゆうこ)/臨床心理士
1986年5月7日生、静岡県出身。著名な精神科医師の父を持つ、心理学会のサラブレット。 心理学資格の中で最難関とされる臨床心理士の資格を取得。学生時代は、学業に励む傍らで各ファッション誌で読者モデルとしても活躍。 2014年に「やまなmentalclinic」を東京青山に開院。 カウンセリングを偏見なく受けれるようにと幅広く活動している。

山田唯我(やまだ ゆいが)くん 都内高校に通う16歳の高校2年生
猿渡 涼(さるわたり りょう)くん 埼玉の高校に通う15歳の高校1年生

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る