心機一転! 大学デビューを狙う時に気をつけたいこと

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

心機一転! 大学デビューを狙う時に気をつけたいこと

2015.11.06

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

心機一転! 大学デビューを狙う時に気をつけたいこと

大学入学を機に、高校までの自分から見た目や中身変える「大学デビュー」。新しい自分に変身して、「さあキャンパスライフを楽しむぞ!」という心意気はいいのですが、うまくやらないと失敗してしまうとの声も……。そこで、大学デビュー経験者に気をつけるべきことを聞きました。

この記事をまとめると

  • 外見を変えても中身は変われない!?
  • 大学デビューはネタにもなる
  • 結局はバランスが大切!

人はそう簡単には変われない!?

・「大学に入学して見た目をかなり変えたつもりでも、人見知りな性格はそのままだった。新入生歓迎会の席で、『高校のころは部活やってた?』と聞かれ、正直に『天文部でした』と答えると、『ああ、なんか雰囲気で分かるかも。大学デビューしたんだね』と言われ、すごく恥ずかしかった」(25歳/女性)

・「髪を明るくして服も新しく買い揃えてデビュー。すごくテンションが上がって、イケイケな感じで楽しく過ごしてたのだけど、あるとき『少しはしゃぎすぎかも。もう少し空気を読んだら?』と言われた」(24歳/男性)

外見はファッションなどで変えられても、中身はなかなか変わらないものです。「無理に自分を作ったりするとしんどい」という声もありました。

いっそ開き直ってしまうのも手

・「僕の場合は、開き直って『おれは大学デビューだから』と公言していた。『高校のころまでは超オタクで……まあ今もですけど』という感じで。すると、そんな感じのキャラがわりと愛されるようになった」(22歳/男性)

昔の自分をひた隠しにするより、『大学デビューしました』とネタにするくらいのほうが好感が持たれることもあるようです。デビュー後のキャラを練っておくのが難しそうだと感じる人や、嘘や演技が苦手な人にはこちらの方法がおすすめかもしれません。

自分に合ったバランスが◎

・「地味なタイプだったので、大学からは憧れのギャルに転身。恥ずかしさを捨てて一気に振り切ったからうまくいった気がする」(23歳/女性)

・「高校までは校則が厳しくて、どうやっておしゃれしたらいいか分からなかった。そこで、髪色を少しだけ変えることに。あまり大差ないかもしれないけど、自分にとっては大きな大学デビュー。今考えても、これくらいのほうが身の丈に合っていてうまくいく気がする」(21歳/男性)

大学デビューを成功させるには、思いっきりやったほうがいいという声もあれば、控えめなほうがいいという意見も。どれくらい変化させるかは、自分に合ったバランスが大事ということかもしれません。


大学では、高校から大きく環境も変わるもの。せっかくなら、なりたい自分で大学生活を過ごしたいですよね。「大学デビュー」を狙っている人は参考にしてみてください。