お料理もお皿洗いもラクラクできるキッチンの共通点とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

お料理もお皿洗いもラクラクできるキッチンの共通点とは?

2015.11.17

提供元:マイナビ進学編集部

お料理もお皿洗いもラクラクできるキッチンの共通点とは?

シンクやコンロなどを継ぎ目なく一体に作られたキッチンのことを「システムキッチン」といいます。使いやすいシステムキッチンの特徴などについてご紹介します。

この記事をまとめると

  • システムキッチンとは、コンロと流し台が一体になったキッチンのこと
  • 学生向けマンションや学生寮にも普及してきている
  • キッチン空間のアドバイスをするのがキッチンスペシャリスト

憧れの一人暮らし、部屋を選ぶポイントは!?

みなさんは、日ごろキッチンに立つことはありますか? お弁当を自分でつくっているという人、朝夕の食事の用意を手伝っている人、お湯しか沸かさないという人、さまざまだと思います。

これから進学にともなって、初めての一人暮らしを考えている人もいるはずです。そうなれば、きっとキッチンに立つ機会が増えるかもしれません。一人暮らしの部屋選びでこだわるポイントは人それぞれですが、もし料理が好きな人であれば、少しでもキッチンの設備が充実していたほうがいい!と思うこともあるでしょう。今回は、そんなときに候補として考えたい、「システムキッチン」についてご紹介します。

見た目すっきりなキッチンで友だちが呼びたくなるかも!

まず「システムキッチン」とは、どんなキッチンのことなのでしょうか。システムキッチンとは、シンク(流し台)とコンロ、調理台が一体型になっているキッチンのことを指します。通常のキッチンでは、自分でガスコンロを買って置かなければいけないことが多いですが、システムキッチンではコンロが一体になっているため、見た目がすっきりしているという特徴もあります。便利にキッチンを使えるので、みなさんが一人暮らしをしたときも、友だちを呼びやすくなるかもしれません。

また、構造がすっきりしているので、掃除もしやすいのがシステムキッチン。最近のものだと、IH(アイエイチ)といって、ガスを使わずにヒーターで加熱する調理器も増えてきたので、ガスコンロがないこともあります。さらに高機能なシステムキッチンだと、掃除が苦手な人にとってはうれしい、食器洗浄機がついたキッチンさえあります。

高校生の自分にはまだ関係ないや、と思うかもしれませんが、最近はシステムキッチンの普及率が高く、学生向けマンションや学生寮などでも、採用されている部屋が多いそうです。進学にともなう部屋探しの際は、実際に見せてもらうのもいいかもしれません。

快適なキッチンのためにアドバイスをする仕事

キッチンの仕組みや構造に興味が湧いた人は、その名の通りキッチンの専門家である、キッチンスペシャリストという仕事を目指してみてはいかがでしょうか。キッチンスペシャリストとは、キッチンを使いやすい快適な空間づくりを行う専門家です。具体的には、キッチン空間の設計や、設備、防災対策など、実際に使う人の立場になって、専門知識をアドバイスしていきます。

キッチンは、家の中におけるあくまで一部の設備ですが、自分や家族の毎日の食生活や健康を考える上では、なくてはならない重要なものです。そういった意味では、キッチンスペシャリストは、ただキッチンを使いやすくさせること以上に、人々の生活をより快適に、そして豊かにするための仕事だといえます。

システムキッチンやキッチンスペシャリストに興味を持った人は、まずは自分の家のキッチンをよく観察してみると新しい発見があるかもしれませんよ。

この記事のテーマ
建築・土木・インテリア」を解説

建築や土木に関する技術を中心に学ぶ分野と、インテリアコーディネイトなどデザインを中心に学ぶ分野の2つに大きく分かれます。資格取得のために学ぶことは、建築やインテリアの設計やプランニングに必要な専門知識、CADの使い方などが中心です。どちらの分野も依頼主の要望を具体化できる幅広い知識とコミュニケーション能力も求められます。

「建築・土木・インテリア」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「キッチンスペシャリスト」
はこんな仕事です

キッチンスペシャリストは、顧客の相談に応じてキッチンを使いやすい快適な空間にする提案を行う。設計から施工まで携わるが、顧客の要望は年々多様化が進んでおり、キッチンスペシャリストには最新の設備機器、建築の知識など、高度な専門的知識と経験が求められる。資格には公益社団法人 インテリア産業協会が認定する「キッチンスペシャリスト資格」があり、キッチン関連メーカーや設計事務所、住宅設備会社など、さまざまな現場で活躍するためには取得しておくとよいだろう。

「キッチンスペシャリスト」について詳しく見る