世界と話そう!これから求められる英語の力

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

世界と話そう!これから求められる英語の力 Let's speak English!

これまでの入試と、これからの入試

これまでの入試では「読む」「書く」の技能を中心に評価する入試が行われてきましたが、 2020年度から始まる「大学入学共通テスト」では、「読む・書く・聞く・話す」という4技能の評価が重要視されることになりました。これは急速に進んでいるグローバル化に対応するためとも言われています。

読む・書く・聞く・話す

急速に進むグローバル化

訪日外国人の人数

出典:『訪日外客数・出国日本人数データ』(日本政府観光局(JNTO)

中国人旅行者による爆買いが話題になったように、日本を訪れる外国人観光客は増加しています。今後も法人外国人の数はますます増えることが予想されます。

外国人労働者の人数

出典:『外国人雇用状況の届出状況について』経済産業省

また外国人労働者の雇用に関する政策が変わり、日本国内で働く外国人就労者の数もどんどん増えていくことが想定されています。

日本の国際競争力

国際競争力ランキング2018

出典:『The Global Competitiveness Index 4.0 2018 Rankings』WEF

一方、世界経済フォーラム(WEF)による調査では、日本の「国際競争力」は5位と発表されています。2017年の同調査では8位だったことを考えると顕著な改善が見られるものの、引き続き国際競争力の改善を目指していく必要があります。

国際社会で求められる英語力

グローバル化に対応するために必要となる「聞く・話す」を含む英語の4技能。これらの力を育むために行われている英語スピーチコンテストがあります。

イメージ