ファッション分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

ファッション分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

2019.01.24

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

ファッション分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

おしゃれ好きな人の中には「将来はファッション業界で働きたい!」と思っている人も多いことでしょう。そんな人たちの新たな進路として誕生したのが、2019年4月に開学する専門職大学です。ここへ進学すると、具体的にどのようなことを学び、どのようなキャリアが待っているのでしょうか。

この記事をまとめると

  • ファッション業界は市場が拡大し続けており、豊かな創造力を持った人材が求められている
  • 専門職大学では製品づくりに関わる技術・技能だけでなく、経営やマネジメントに関わる知識やノウハウも学べる
  • 将来的には、新しいブランドを立ち上げたり、新しい市場を開拓したりできる可能性も!

ファッション業界で働く人たちの職種はさまざま

一口に「ファッション業界」と言っても、ここで働く人たちの職種は実にさまざまです。イメージしやすいものとしては、服飾をデザインする「ファッションデザイナー」、仕様に沿って縫製を行う「ソーイングスタッフ」、小売店でお客さんに接客する「ショップスタッフ」など、製造・販売に関わる職種があります。その他に、仕入れなどを取り仕切る生産管理担当、製造から販売・流通までをトータルに統括する「マーチャンダイザー」など、製造・販売を縁の下で支える職種もたくさんあります。

世界のアパレル市場は拡大し続けていますが、はやり廃りの激しい業界だけに、競争は熾烈(しれつ)です。近年はインターネットを駆使して成功した企業も出るなど、この業界で働く人には豊かな創造力が求められています。

専門職大学では技術・技能だけでなく、ビジネスのノウハウも学べる

ファッション業界を志す人たちの進路は、どの職種に就きたいかによって分かれます。一般的に、製造に関わる技術・技能を身に付けたい人は専門学校、ビジネスの知識・ノウハウを学びたい人は大学を選ぶケースが多いようですが、「どちらも学びたい」という人にとっては悩ましいところでした。

そうしたニーズに応えるのが、新たに開学する専門職大学です。製品づくりに関わる技術・技能だけでなく、ビジネスの知識やノウハウも学べるカリキュラムが組まれています。指導をしてくれるのは、業界の第一線で活躍していた人たちで、メーカー等に出向いて行われる「臨地実務実習」では、憧れのブランドで経験を積める可能性があるかもしれません。

卒業後のキャリアイメージ

専門職大学を卒業すれば、「臨地実務実習」などで身に付けた高度な技術・技能を武器に、製品づくりの現場で即戦力として活躍できるでしょう。ある程度の実務経験を積んだ後、学内の講義などで教わったビジネスの理論やノウハウを生かしながら、新しいブランドを立ち上げたり、新しい市場を開拓したりできる可能性もあります。

冒頭で述べたように、ファッション業界には多くの職種があり、製造や流通に関わる仕組みが非常に複雑です。その意味でも、専門職大学で実践と理論をバランスよく学べることのメリットは大きいでしょう。

ファッション業界の世界市場は、今後も拡大し続けると予想されています。専門職大学で身に付けた力をフル活用できれば、自らが手掛けた洋服が世界中で大流行! なんてこともあるかもしれませんね。

【出典】
経済産業省
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/fiber/pdf/1806seni_kadai_torikumi2.pdf

SankeiBiz
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180524/bsc1805240500002-n1.htm

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける