羊の目。さんに聞く! 僕の人生を変えた一冊

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

羊の目。さんに聞く! 僕の人生を変えた一冊

2018.12.26

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

羊の目。さんに聞く! 僕の人生を変えた一冊

かわいいイラストと胸がほっこりする青春エピソードなどが詰まった初書籍『スキありオムライス』が大好評の羊の目。さん。Twitterのフォロワー数が約30万人と、今注目の漫画家です。
そんな羊の目。さんが高校時代に出合い、大きな影響を受けた本についてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 人が薦める本は、その人の人生において影響を受けた本である
  • 人生を変えた本は『峠』。主人公の言葉があったから進路に迷うことはなかった
  • 高校時代に経験したことは、大人になった時に生かされる

紹介された本を読むと、その方の人となりが分かる

――普段、どのような本を読まれますか?

小説が好きで、特に時代小説を読むことが多いです。他には芸能人・著名人が書いたエッセイなども読みます。読書が好きなので、さまざまなジャンルの本を読んでいます。


――読みたい本はどのように見つけるのでしょうか?

読書にハマり始めた頃は、インターネットで検索して評価を参考に読む本を選んでいましたが、最近は編集者さんなどにおすすめの本を聞くことが多いです。人に本を紹介するとなると、今まで読んできた本の中で一番面白いものだったり、人生のターニングポイントとなった本だったりと、その方の人となりが出る本を薦めてくださると思うんです。紹介してもらった本を読みながら、「この本を読んだから、今のあの人があるんだな」と考えさせられることが多いです。

「得意なものを伸ばせ」。進路を決めるきっかけとなった言葉と出合った

――考え方や人生において影響を受けた本はありますか?

高校生のころ、司馬遼太郎さんの『峠』(新潮文庫)という本に出合い影響を受けました。
主人公の河井継之助(つぎのすけ)という長岡藩の武士が家老に上り詰めるストーリーで、彼は自分が学びたいことだけを徹底的に学んでいく人なんです。それ以外には全く興味を示さず、自分の道を進んでいく強い信念を持っています。彼の「高い志はたやすく折れたりなくなったりする。大切なのは志を持続させる努力をすることだ。」という考えに当時感銘を受けました。また、彼は「命は燃やすものだ」「やりたいことをやれ、得意なことを伸ばせ」と言うんです。
もちろん苦手なことを克服することも大切ですが、得意なことだけをやっていけという言葉は印象的で、それがきっかけでイラストの道に進む決心をしました。

また、高校の授業は、知識を与えられることが当たり前で、定期テストのために知識を詰め込んだりすることが多いと思うんです。でも河井継之助は、知識は石ころのようなもので、それを集め自分の中で溶かして自分のものにするのが真の勉強であると言っています。僕は高校時代、定期テスト前に一夜漬けで知識を詰め込むことが多かったので、それではいけないと思いました。

時代小説なので、難しい漢字や現代では使われていない表現なども出てきますが、高校生の皆さんにもぜひ読んでほしいです。言葉の意味が分からなくても、流し読みで読み進めていくと何となく意味がつかめてきます。上中下と3巻で構成されていて結構長いのですが、読めば読むほど深みが出てくる魅力的な本です。

チャレンジすれば、いつかそれが生きてくる

――羊の目。さんはどのような高校生でしたか?

当時は音楽に没頭していて、バンドを組んでギターを担当していました。ELLEGARDENの楽曲をコピーしていましたね。
イラストや漫画は少し描いていましたが、そういうことがなんとなく少し恥ずかしいように感じていた時期でした。なのでイラストや漫画は、バンドや学校生活の傍らでコソコソと描いていました。


――今年11月に出版された初書籍『スキありオムライス』には高校生が登場しますが、エピソードは実体験でしょうか?

まさか!! そんなわけないです。全て妄想です(笑)。
エピソードをつくるときは、まず会話を中心に進めていきます。高校生の頃は何気ない会話がすごく楽しかったように思うので、少しでもあの空気を再現できたらと。
それと「スキありオムライス」のエピソードなどが特にそうですが、今までにありそうでなかったようなものを描けたらと思っています。


――書籍のタイトルを『スキありオムライス』にした理由を教えてください。

タイトルを決めるまでは紆余曲折ありました。編集者さんと何個も案を出し合い、最終的にこれに決定しました。「スキありオムライス」は物語の中盤にあるエピソードなのですが、それがタイトルになるのは何かオシャレだなと。
実際、読者の方から「オムライス作りました」とコメントをいただくことも多いですし、登場人物の1人を象徴するエピソードだと思っています。


――高校生に向けてメッセージをお願いします。

何でもいいので興味を持ったことにチャレンジしてください。高校時代、僕は読書と音楽に没頭しました。何となく好きで始めたことが、大人になってからとても生かされています。その時は迷ったり後悔したりすることもあるかもしれませんが、その経験が大人になった時にヒダのようになって、思わぬチャンスや、思いもよらない出来事が舞い込んでくることがあるように思います。



イラストから伝わってくる通り、柔らかい口調でご自身の人生を変えた本について語ってくださった羊の目。さんですが、力強い瞳とメッセージがとても印象的で、強い信念が伝わってきました。
進路について迷っている人は、『峠』を読んでみてはいかがでしょうか。河井継之助の言葉に、皆さんも勇気をもらえるかもしれませんよ。


【profile】漫画家 羊の目。
幼少期より4コマ漫画を描きためて、2017年冬からTwitterにて「羊の目。」として4コマ漫画を発信。その独特なストーリー展開とほんわかしたイラストが話題となる。2018年11月に初書籍『スキありオムライス』を出版し、発売2週間で重版決定。

Twitter https://twitter.com/odorukodomo8910
ブログ http://hitsujinome.blog.jp

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける