ヨーグルトのふたにヨーグルトがくっつかなくなったのは、「ハスの葉」のおかげらしい!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ヨーグルトのふたにヨーグルトがくっつかなくなったのは、「ハスの葉」のおかげらしい!?

2019.07.12

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

ヨーグルトのふたにヨーグルトがくっつかなくなったのは、「ハスの葉」のおかげらしい!?

ヨーグルトを食べるとき、ふたの裏にくっついているヨーグルトにイラッとしたことはありませんか? 実は、あのふたの裏についてしまったヨーグル、最近なくなり始めているんです。

この記事をまとめると

  • ヨーグルトのふたには「ハスの葉」をまねた構造が取り入れられている
  • 無数の小さな突起により発生する表面張力が強い撥水効果を生み出す
  • 生物の特徴をまねして製品に取り入れる技術を「バイオミメティクス」という

「ハスの葉」をまねたらヨーグルトがふたにくっつかなくなった!?

皆さんは小さい頃、どういう風にヨーグルトを食べていましたか? ヨーグルトを開けて、まずふたにくっついたヨーグルトをスプーンですくってから食べるという人も多かったのではないでしょうか。しかし、実は今、ヨーグルトはふたがきれいに剥がれるようになっているのです。

なぜ、今までべったりとふたにくっついていたヨーグルトがくっつかなくなったのでしょうか? これにはふたの構造が大きく関係しています。実は、これは「ハスの葉」の構造をまねしたものなのです。

ハスの葉には水を弾く「ロータス効果」と呼ばれる仕組みを持っており、この仕組みをふたに応用させることでヨーグルトを弾くことに成功しました。では一体どのような仕組みなのでしょうか?

ハスの葉のもつ「ロータス効果」のしくみと応用

きれいにはがせるヨーグルトのふたをよく見ると、小さい突起が無数にあるのが分かります。この突起がロータス効果のカギです。

ハスの葉にも無数の小さな突起があり、これにより凸凹になった表面では表面張力が発生します。この表面張力によって、水滴が広がらず、水滴のまま保持されます。ですので、たとえ雨水が落ちても水滴のままころころと転げ落ちてしまうため、表面がきれいに保たれるのですね。

ヨーグルトのふたも同様で、ふたに付着したヨーグルトは表面張力で玉のようになり、くっついてもすぐに容器に落ちてしまうので、きれいにはがせるという理屈です。

このように高い撥水効果を持つ構造ですが、実はこの構造をまねしているのはヨーグルトだけではありません。
ハスの葉の表面と同じような構造を表面に作るコーティング技術が開発されており、水を弾くことでメリットのある家の外壁や便器、繊維、自動車のサイドミラー、信号機などさまざまな製品で応用されています。

生物の特徴を製品に取り入れる技術「バイオミメティクス」で新素材を開発!

今回のハスの葉のように、自然界の動植物が持つ特徴をまねて製品などに取り入れることをバイオミメティクス(生物模倣)といいます。

ハスの葉以外にもさまざまな動植物の特徴や性質から作り出された新素材や新技術が数多く登場しており、このような技術を研究するのが「材料工学」と呼ばれる学問なのです。

もし新しい素材や材料などを生み出す技術に興味が湧いたのであれば、ぜひ材料工学を学んでみてはいかがでしょうか。

【出典】
・Tenki.jp
https://tenki.jp/suppl/romisan/2016/06/18/10311.html
・J-Net21
http://j-net21.smrj.go.jp/develop/nature/entry/2010111519.html
・ダイアモンドオンライン
https://diamond.jp/articles/-/152910
・ビヒダス
http://bifidus.jp/products/cover.html

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「材料工学」
はこんな学問です

材料の性質や機能を解明することと、新しい材料をつくり出すことを目的とする学問。金属、ガラス、高分子、セラミックなどの材料について、医療用や半導体用、宇宙航空用、コンピュータ用などさまざまな用途のために、よりよい使い方を研究・開発する。また、先端材料と呼ばれる液晶や光ファイバーなどの「有機材料分野」と、次世代型の材料である「無機材料分野」も開発研究の対象。工学の基礎となることから、現代社会には欠かせない学問といえる。

「材料工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける