大雪が降る中撮影したMVも! PANがこだわるMV制作とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

大雪が降る中撮影したMVも! PANがこだわるMV制作とは?

2019.01.15

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

大雪が降る中撮影したMVも! PANがこだわるMV制作とは?

MVはアーティストのかっこいい演奏シーンはもちろんのこと、アーティストのカラーが色濃く出るのでとても楽しく見ることができますよね。ユニークなMVで知られるバンド・PANですが、MV制作はどうやって行っているのか、また撮影に関するエピソードについて、メンバーにお話いただきました。

この記事をまとめると

  • MVでは目立ちたい!積極的に動いてアピールする
  • 大雪の中撮影したMVは、きれいな画を撮ることができた
  • PANのメンバーが好きなMVは?

目立ってなんぼ!? MVでは積極的に動くことを意識している

――MVを制作する上でイメージにはどの程度関わっていますか? 
 
川さん:事務所からMVの方向性について意見をもらうことが多いですね。もちろん曲の内容や雰囲気を理解してもらっていることが前提です。また曲の中の表現などは、バンドメンバーから「激しめでいこう」「まとまりのあるところを作ろう」などと提案したりもします。映像の場合も、CDジャケットのデザインと一緒で「こうしたほうがおもろいのにな」など、率直に感じた意見を言うようにしています。


――MV制作で意識していること、こだわっていることはありますか? 

川さん:僕は止まって歌うことが難しいので、歌いやすいようにライブでは結構動くようにしてるんです。なのでそのイメージをMVで出すようにしています。あとはお客さんがいるようにイメージして撮影をしたりしています。

よこしん:僕もドラムを叩くときに体を揺らしながらリズムを取るようにしているし、ドラムは後ろで見えにくいので目立ちたいと思っていますね。MVの場合はアップにしてもらえる部分があるので、ここぞとばかりに動いたりします。ライブ中もやっていますが、スティック回しやスティックを投げてキャッチしたり、立ち上がったりもします。

ゴッチ:僕は演技になりすぎないように気を付けています。もともと器用なタイプではないので、なるべく自然体でいるようにしています。そのほうがいい画が撮れると思うんですよね。

ダイスケ:僕もわりと動くほうなので、基本的には動きありでやらしてもらっています。あとは目立ちたい(笑)。そうじゃないと面白くないと思っています。

きつかった撮影は大雪の中行われた『ザ・マジックアワー』

――これまでで大変だったMV撮影はありますか? 

川さん:『ザ・マジックアワー』のMVは、大雪の東京で撮影をしました。それが大変っちゃ大変でしたね。大雪だけでも大変なのに、近所の人から苦情がきてしまったんです。ちゃんと許可を取って練馬区の公園で撮影していたんですけどね。スタッフさんに何をやっているのかを説明してもらっている間に、僕らは何食わぬ顔で撮影を続けていました(笑)。でも結局2回くらいしか撮れなくて……。ただ撮れた画はとてもきれいでしたね。段取りしたわけでもなんでもなく、たまたまの出来事でしたが。

よこしん:その時はドラムにもどんどん雪が積もっていきました。本当に大雪だったのでドラムに5cm以上は積もりましたね。あとは寒い中ドラムを叩くために手を降っていたので、手がどんどん動かなくなってきちゃって、そっちのほうが大変でした。

ゴッチ:ギターも寒すぎてピックが持てなくなっていって……。「早く!早く!」と思いながら撮影していました(笑)。

PAN『ザ・マジックアワー』

メンバーそれぞれ好きなMVは何?

――皆さんはどのMVが好きですか? 

川さん:『ギョウザ食べチャイナ』ですかね。あれはPANらしさがよく出ているなと思います。

ゴッチ:『オアシス』という曲があるんですが、これは撮った映像を逆再生させているんですよ。他と違った撮影だったので、面白かったですね。

川さん:例えばクラッカー鳴らした場合、逆再生だといろいろなことが面白くなるじゃないですか。でも本番は一回しかできないから、こうしよう、ああしようっていろいろ考えましたね。しかもその時の撮影も、めっちゃ寒かったんですよ。マイナス8度とかで、寒さでいえばこれが一番寒かったです。液体をわざとかぶったら逆再生で面白く映るっていうことで、極寒の中でコーヒーを頭からかぶったりしました。

よこしん:僕は『Z好調』というMVですね。あれは僕がPANに入って初めて撮ったMVだったんですが、合成やCGを使ったりして面白かったので思い出に残っていますね。

ダイスケ:僕の好きなMVは『扉』ですかね。それまでもMVは何本か撮っていたんですが、僕がイメージしていたものとは違っていたんですよ。『扉』は牢屋みたいなセットがあって、廃墟のホテルで撮影したんですが、画になるような場所で撮ったのはそれが初めてだったので、印象に残っています。


「好きなMVは?」の質問に、メンバー全員違う作品をあげたのが印象的でした。PANらしさが出ているから、撮影が面白かったから、初めてメンバーとして参加したMVだからなど、それぞれの思いがMV撮影にはあるのだなあと感じました。個性的で面白いPANのMVをぜひ見てみてください。

【Profile】
PAN:川さん(Vo.)、ゴッチ(G.)、ダイスケ(B.)、よこしん(Dr.)


<PANリリース情報>
7th FULL ALBUM『ムムムム』

(通常盤:CD+特別トレー)
価格:2,400円+TAX
(限定盤:CD+DVD)
価格:3,000円+TAX
CD収録曲:10曲
M1:初日ファイナル精神
M2:もうすでにここにあるのだ
M3:我ニBET
M4:幸せが鳴る夜に
M5:アブラナガスナ
M6:鼻咲おじさん
M7:今日炭酸爆発
M8:何色レンジャー
M9:シャッフル
M10:ザ・マジックアワー

DVDタイトル:我二BETツアー~ヘイジツーマンで汗BETBET~ 八王子 RDS2nd 8stにて
【完全限定生産盤DVD収録内容】
収録曲:
1 フリーダム
2 天国ミュージック
3 Z好調
4 ギョウザ食べチャイナ
5 我ニBET
6 直感ベイベー
7 成せば成る
8 ラジオ体操 第百
9 扉
10 スイカの種
11 ジャパニーズソウル
12 ムサンソ
13 「0」


<映画公開情報>
PANの楽曲「想像だけで素晴らしいんだ」を題材にした映画『想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-』

出演:山本 圭壱 (極楽とんぼ)/あやまん監督 (あやまんJAPAN)/上中 丈弥 (THEイナズマ戦隊)など
PANの楽曲『想像だけで素晴らしいんだ』を題材に作られた映画。
予告編 


2019年1月26日(土)、東京・大阪・名古屋・神戸の映画館で順次上映が決定。
特別鑑賞券1,500円(映画オリジナルデザインチケット+オリジナル缶バッジ)
2018年11月16日(金)〜PANライブ物販会場にて販売いたします。
http://moonshine-inc.net/pan/souzou/

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける