どんどん面白いことに挑戦していきたい ~バンドPAN・プロデューサー~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

どんどん面白いことに挑戦していきたい ~バンドPAN・プロデューサー~

2018.12.04

提供:マイナビ進学編集部

どんどん面白いことに挑戦していきたい ~バンドPAN・プロデューサー~

好きなアーティストが新しいシングルやアルバムを発表するとなれば、発売日が待ち遠しいですよね。私たちが手にするCDは、一体どのぐらい前から制作が始まるのでしょうか。

PANのプロデューサーを務める有限会社ムーンシャインの代表取締役鈴木隆央さんに、CD制作がどのように行われるのか、プロデューサーがどのようにアーティストに関わっているのか、お話を伺いました。

この記事をまとめると

  • CD制作は遅くとも6カ月前にバンド側と話をしている
  • PANのアルバム作りは、完全にメンバー主導で行われる
  • レコーディング中にプロモーションのアイデアが浮かぶ

CD発売日3カ月前には発売できる状態になっている

――CDリリースの企画は発売日のどのぐらい前から行われていますか?
 
CDの発売日の半年ぐらい前にはバンドメンバーに話をして、通常であればリリースされる3カ月前には完パケ(編集も完了して完全に発売できる状態)になっています。CDをリリースするにあたってメンバーは曲作りをしなければならないので、まっさらな状態であれば半年以上前にリリース時期を伝えて準備をお願いすることもあります。


――アルバムの場合は、「こういうアルバムを作りましょう」というより、期日を伝えてバンド側に任せるイメージですか? 

アーティストによってそれぞれだと思います。こういうコンセプトでやっていこうと一緒に考えるか、とりあえずできたものの中から選んでいこうというパターン。またはできたものが全力なので、これをまとめてリリースしようとか、それぞれだと思います。今回のPAN『ムムムム』はできたものが全力なので、これをまとめてリリースしようというパターンですね。

アルバムの選曲はメンバー中心に行うが、リード曲決めには必ず参加する

――CD制作をする上でPANのメンバーとの関わり方を教えてください。 

レコーディングの日程が近づくにつれ、「大丈夫なの?」と密にメンバーと連絡は取ります。最近はあまりないですが、以前はスタジオに入ってレコーディングをしている最中、ギリギリまで歌詞を考えていたなんてこともありました。

PANのメンバーはCD制作の時はいつも「やばいやばい」と言っていて、今回のアルバムは一番「やばい」を聞きました。でも最終的にやばさはそんなでもなかったのかなと思っています。本人たちは「そんなことないよ!」というかもしれませんが(笑)。

レコーディングにも立ち会いますが、基本的にはメンバーの判断で進行していきます。プロデューサーといってもいろいろなタイプがあって、私は楽曲をアーティストに提供する楽曲プロデューサーではなくディレクションをメインに行っているので、そこまでがっつりレコーディングで指示することはありません。


――PANはメンバー全員が曲を持ち寄って話し合いで決めていくと聞きましたが、ここではどのように関わっていますか? 

PANは4人とも作曲ができるので、メンバーそれぞれが曲を作ってきます。選曲は集まった曲のバランスで考え、完全にバンド内で行っています。

ただレコーディングが終わった時点で最終的にリード曲を決めるのですが、その時は私も参加して「この曲がいいんじゃない」と意見を言います。メンバーと意見が違う時はどっちにするか話し合いをしますが、私は「いや、こういう理由だから絶対にこの曲でしょ!」とはっきり主張しますね。

PANは面白いことができるバンド。他のバンドがやらないことをやっていきたい

――プロモーションのアイデアはどのように考えていますか? 

ここ最近はレコーディングの時にひらめきます。この曲はこういう歌詞を歌っているから、それに近い企業や商品とタイアップしたらどうだろう……などと考え、関係各所に連絡します。例えば『ギョウザ食べチャイナ』では実際に歌詞の中で某餃子屋さんの名前を言っているんですが、最初は許可を取っていたわけではありませんでした。曲の中では「行きたい!」「食べたい!」と歌っているので、だったらその餃子屋さんにプレゼンしてコラボレーションできないかと話を持ち掛けました。


――PANをプロデュースしていく上で、意識していることは何ですか? 

他のバンドがやっていないことをPANでやりたいと考えています。PANは普通のロックバンドというよりは、「何か面白いことをするバンド」と期待されている部分があると思うんですよね。他のバンドと同じことをやっていても面白くないので、メンバーがいいと言ってくれるアイデアがあれば、一緒にやっていけたらいいなと思います。

それによってお客さんもそれを面白がってくれたり、PANというバンドを知っている人たちが「また何か面白いことをやっているな」と注目してもらえるとうれしいです。



今年はPAN史上最も多くのCDをリリースした、超多忙な年になったようです。企画はだいたい鈴木さんの「面白いからやってみよう」という一言で始まることが多いそうですが、PANのメンバーは面白がって付いて来てくれるんだとか。今後も他のバンドがやらない何かに果敢に挑戦してくれることを期待したいですね。


【Profile】
有限会社ムーンシャイン 代表取締役 鈴木隆央


<PANリリース情報>
7th FULL ALBUM『ムムムム』

(通常盤:CD+特別トレー)
価格:2,400円+TAX
(限定盤:CD+DVD)
価格:3,000円+TAX
CD収録曲:10曲
M1:初日ファイナル精神
M2:もうすでにここにあるのだ
M3:我ニBET
M4:幸せが鳴る夜に
M5:アブラナガスナ
M6:鼻咲おじさん
M7:今日炭酸爆発
M8:何色レンジャー
M9:シャッフル
M10:ザ・マジックアワー

DVDタイトル:我二BETツアー~ヘイジツーマンで汗BETBET~ 八王子 RDS2nd 8stにて
【完全限定生産盤DVD収録内容】
収録曲:
1 フリーダム
2 天国ミュージック
3 Z好調
4 ギョウザ食べチャイナ
5 我ニBET
6 直感ベイベー
7 成せば成る
8 ラジオ体操 第百
9 扉
10 スイカの種
11 ジャパニーズソウル
12 ムサンソ
13 「0」


<映画公開情報>
PANの楽曲「想像だけで素晴らしいんだ」を題材にした映画『想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-』

出演:山本 圭壱 (極楽とんぼ)/あやまん監督 (あやまんJAPAN)/上中 丈弥 (THEイナズマ戦隊)など
PANの楽曲『想像だけで素晴らしいんだ』を題材に作られた映画。
予告編 


2019年1月26日(土)、東京・大阪・名古屋・神戸の映画館で順次上映が決定。
特別鑑賞券1,500円(映画オリジナルデザインチケット+オリジナル缶バッジ)
2018年11月16日(金)〜PANライブ物販会場にて販売いたします。
http://moonshine-inc.net/pan/souzou/

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「音楽プロデューサー」
はこんな仕事です

音楽プロデューサーとは、世間に発表する楽曲やアルバム作品をつくる際の最高責任者。楽曲とビジュアルをリンクさせ、明確なイメージを持って発売へ導く。レコード会社や音楽レーベルなどで音楽商品を企画立案し、制作現場から発売までの全行程を指揮する。予算を立てて制作費を確保し、参加ミュージシャン(アーティスト)をはじめ、レコーディングエンジニア、マスタリングエンジニアなどの人選、スケジュール作成と進行管理もプロデューサーが仕切り、プロモーションについても制作と同時に手配を進める。

「音楽プロデューサー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける