「第4次産業革命」を迎えるこれからの、専門職大学での学び

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「第4次産業革命」を迎えるこれからの、専門職大学での学び

2018.10.29

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「第4次産業革命」を迎えるこれからの、専門職大学での学び

皆さんは、「第4次産業革命」という言葉を聞いたことがありますか? 聞きなれない言葉かもしれませんが、現代社会は4度目となる大きな変革期に差し掛かっているといわれています。具体的に、どのような「革命」なのでしょうか。具体的に解説するとともに、「第4次産業革命」の後の社会を見越して創設される専門職大学についても解説していきます。

この記事をまとめると

  • 「第4次産業革命」は、IoTやビッグデータ、AIなどの技術革新を通じた社会変革である
  • これからの社会では、IoTやAIを使って何ができるかを考える力が求められる
  • 専門職大学では、「第4次産業革命」後の社会で活躍できる人材の育成を目指している

現在進行中の「第4次産業革命」って何?

皆さんがよく知る産業革命は、18世紀に英国で起きた「第1次」産業革命でしょう。その後、19世紀後半の「第2次」で大量生産化が進み、20世紀後半の「第3次」でコンピューターによる自動化が図られたといわれています。

現在進行中の「第4次産業革命」は、「IoT(モノのインターネット)」や「ビッグデータ」、「AI(人工知能)」などの技術革新が基盤になっています。あらゆる製品にインターネット機能が付き(IoT)、そこから大量のデータ(ビッグデータ)を収集できれば、それをAI等で解析することで、新しい製品やサービスを生み出したり、社会の課題を解決できたりします。

例えば、消費者の動きを解析すれば、一人ひとりに最適な形にカスタマイズして、商品やサービスを提供することができます。また、全ての自動車の運行状況を解析すれば、渋滞解消や事故防止の方策などが見えてくるかもしれません。こうした技術革新を通じた社会変革を「第4次産業革命」と呼んでいるのです。

「第4次産業革命」後の社会で、求められる人材

「第4次産業革命」では、IoTやAIが重要な役割を果たしますが、決して全ての仕事が、自動化されるわけではありません。データの解析はAIがこなせても、どのような商品やサービスを作り出すのか、どのような形で課題解決を図るかは、人間が考えていく必要があるからです。

つまり、「第4次産業革命」後の社会では、IoTやAIなどを活用して何ができるのかを考える力が求められます。具体的に、時代の流れに合わせて新しい製品やサービスを生み出す「創造力」、新しいことにチャレンジする「実践力」、広い視野で物事を考えて判断する「柔軟性」などが求められます。

「創造力」「実践力」「柔軟性」が身に付く専門職大学

2019年4月に開学する専門職大学では、「高度な実践力」や「豊かな創造力」の育成が目標として掲げられています。例えば、「展開科目」では、専門分野の知識や技能を他分野に応用する力を養います。また、「総合科目」では、修得した知識・技能等を総合して、課題を解決する力や創造力を養います。こうしたカリキュラムを見ても、「第4次産業革命」後の社会で活躍できる力を養えることが分かります。

また、専門職大学では、少人数体制でのきめ細やかな指導が行われます。大教室での一斉講義とは異なり、学生同士でディスカッションする機会なども多くなるでしょう。教員や仲間との距離も近くなり、多様な価値観と触れ合うことで、「柔軟性」も高まるに違いありません。

専門職大学には、産業界から大きな期待が寄せられています。それは「第4次産業革命」への対応に、多くの人々が危機意識を持っているからです。専門職大学での学びを通じて、「創造力」や「実践力」、「柔軟性」を養えば、即戦力として活躍できるかもしれません。


【出典】
内閣府
http://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html
総務省「平成29年版 情報通信白書」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/pdf/n3100000.pdf
文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2018/02/16/1401001_3.pdf
マイナビ進学
https://shingaku.mynavi.jp/cnt/etc/senmonshoku/

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける