「AI時代」を乗り切る専門職大学の学び

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「AI時代」を乗り切る専門職大学の学び

2018.10.26

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「AI時代」を乗り切る専門職大学の学び

「AI(人工知能)が進化すると、消える職業がある」。そんな噂を聞いたことがある人もいることでしょう。将来に向けて勉強している高校生にとっては気になる話題ですが、そうした社会を乗り切るためには「AIにはできない技能」を身に付けることが大切だと言われています。2019年4月から開学する専門職大学は、そうした時代を見越して創設される教育機関の一つです。

この記事をまとめると

  • 肉体労働からデスクワークまで、幅広い職業がAIに代替される可能性がある
  • 「創造性」や「協働性」が必要な職業は、AIに代替される可能性が低い
  • 専門職大学では、豊富な実習等を通じて「AI時代」を乗り切る資質が身に付けられる

どんな職業がAIに代替される可能性がある?

実際にどんな職業が、AIに代替されるのでしょうか。具体的に、以下のようなものが、「代替可能性が高い職業」として、文部科学省の資料に示されています。


【代替可能性が高い職業(一部抜粋)】
一般事務員/受付係/給食調理人/警備員/建設作業員/自動車組立工/新聞配達員/スーパー店員/タクシ
ー運転手/電車運転者/データ入力係/ビル清掃員/包装作業員/ホテル客室係
出典 文部科学省「専門職大学等の制度化に関する説明会 説明資料」(2017年11月6日)より抜粋


肉体労働からデスクワークまで、幅広い職業が挙げられています。この中には「受付係」のように、すでに一部の会社や店舗で、ロボットへの切り替えが進められている職業もあります。同じく「電車運転士」も、東京の臨海地域を走る「ゆりかもめ」をはじめ、一部では自動運転への切り替えが実用化されています。「給食調理人」の仕事は、一見ロボットには難しそうに感じますが、人間が調理する様子を録画・分析して、全く同じ料理を再現できるロボットが、すでに開発されています。

AIに代替されない職業とは

一方、「代替可能性が低い職業」としては、以下のようなものが示されています。


【代替可能性が低い職業】
アートディレクター/学芸員/カウンセラー/ケアマネジャー/ゲームクリエーター/作業療法士/理学療法士/作詞家/作曲家/社会教育主事/教員/医師/スタイリスト/スポーツインストラクター/俳優/ファッションデザイナー/マンガ家
出典 文部科学省「専門職大学等の制度化に関する説明会 説明資料」(2017年11月6日)をもとに作成


これらの職業の共通点の一つは、「創造性」が求められる点です。「ゲームクリエーター」「作曲家」「ファッションデザイナー」「マンガ家」などに必要なアイデアやひらめきは、AIが苦手とする領域だといわれています。

もう一つの共通点は、「協働性」が求められる点です。「カウンセラー」や「ケアマネジャー」「教員」などの職業は、人とコミュニケーションを取りながら適切に判断する能力が必要です。こうした領域も、AIは苦手だといわれています。

専門職大学で学べば「AI時代」でも活躍できる!?

AIの登場によって、一部の職業は消え、人間には「創造性」や「協働性」が求められるようになります。専門職大学は、そうした変化に対応するために、新しく創設された教育機関なのです。

例えば、専門職大学のカリキュラムには、企業等に出向いての実習が数多く組み込まれています。ここでは、知識・技能を習得するだけでなく、商品やサービスの開発・業務改善などにも関わるため、「創造力」が磨かれていきます。

また、企業等での実習では、そこで働く人とも頻繁にコミュニケーションを取ることになります。そうして対話や交流を重ねれば、「協働性」も磨かれることでしょう。まさに、「AI時代」を乗り切る上で、最適な学習環境が用意されているといえるでしょう。

「AI時代」を生きていくのは大変そうに見えますが、AIの進化が私たちの暮らしを便利にしてくれるのは確かです。社会の変化をネガティブにとらえず、専門職大学での学びなどを通じ、AIを使いこなしていくような能力を身に付けていきたいところです。


【出典】
文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける