少年刑務所に泊まることができる!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

少年刑務所に泊まることができる!?

2018.12.12

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

少年刑務所に泊まることができる!?

皆さんがお世話になることは一生無いと信じたい、刑務所や少年刑務所といった犯罪者の更生施設。なかなか訪れる機会もない、これらの施設で宿泊や食事ができるとしたら、ちょっと行ってみたいと思いませんか?

この記事をまとめると

  • 海外では刑務所をリノベーションしたホテルが多数存在する
  • 2020年日本初の監獄ホテルが奈良にオープンする
  • 歴史的建築物も新しい発想により新たな価値を創造できる

海外で人気の監獄ホテルって?

海外では刑務所をラグジュアリーにリノベーション(大規模改装)した、「監獄ホテル」が多数存在し、観光客で賑わっています。例えば英国にある、マルメゾン・オックスフォード・キャッスル。この建物は映画『ハリー・ポッター』のロケ地として有名なオックスフォードに位置します。10世紀には、オックスフォード城として使用されていたため、ビクトリアン様式と呼ばれる装飾的なデザインの建築様式で、ドアや窓には刑務所の面影も残しながらも、ホテルとして申し分なしの内装や設備を誇り、人気を集めています。

その他有名な建築家集団により、おしゃれに改装されたオランダのロイドホテルや、カナダにある鉄格子や絞首台など刑務所の雰囲気を残した内装が評判のHI・オタワ・ジェイルホステルなど、海外には人気の監獄ホテルが多数あります。

日本初の監獄ホテルは重要文化財

そんな中、日本でも2020年、奈良県奈良市にある旧奈良少年刑務所が、日本初の刑務所をリノベーションした監獄ホテルとして生まれ変わることになり、話題を集めています。1908年に建築され、2016年まで使用されていた旧奈良少年刑務所。明治政府が奈良、千葉、金沢、長崎、鹿児島に建築した 「明治の五大監獄」の中で唯一現存する建物として、その貴重さと美しさから2017年には国の重要文化財にも指定されました。

赤れんが造りで西洋風に建てられた美しい建物ですが、中央看守所から放射状に5つの収容棟が延びる特徴的な設計は、刑務所ならではといえます。中に入ると収容棟が見渡せる中央看守所には看守台や鉄格子があり、刑務所らしい内装となっています。

癒やしや休息を求めて訪れるホテルとは全く真逆のイメージを持つ刑務所ですが、これから一体どんな変貌を遂げるのでしょうか?

刑務所にカフェバーや温泉が併設!?

この旧奈良少年刑務所を再利用した監獄ホテルは、民間の企業グループによって改装・運営されます。現在の計画では、収容棟を改装して独居房や雑居房を客室として利用したり、無印良品が運営する複数のホテル建築が予定されています。さらに、実習室を利用したレストランやカフェバー、天然温泉や刑務所の歴史を伝える史料館の併設も計画されていて、刑務所の雰囲気は残しながら、ホテルとしての機能や魅力を十分に満たした建物になりそうです。

このようにホテルと刑務所の共存という、全く新しい発想を実現できるのが、建築学・意匠という学問です。建築学は建築について、総合的に学ぶ学問。意匠は建築物を美学的に捉えて、芸術的意義を追究する学問。歴史的な建築物について、その由来や保存・復元方法を研究し、現代の美学的な意義を追求することで、全く新しい発想が生まれ、それを実現することが可能になるのです。刑務所に限らず、神社仏閣といった歴史的建築物も、ラグジュアリーなホテルに変貌する日が来るかもしれないですね。

【出典】
産経ニュース
https://www.sankei.com/west/news/170526/wst1705260066-n1.html

withnews
https://withnews.jp/article/f0170806000qq000000000000000W05n10101qq000015584A

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASJB25H22_W7A520C1AM1000/

トリップアドバイザー│シャバには戻りたくない!? 刑務所をリノベした世界の監獄ホテル9選
https://tg.tripadvisor.jp/news/advice/prison-hotels/

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「建築学・意匠」
はこんな学問です

「建築学」は、建築について総合的に学ぶ学問。学ぶ領域は広く、住宅、ビル、超高層建築の生産、建築資材の研究開発、災害時の安全対策など現代建築の建築工学分野と、団地や道路の造成、都市計画などの都市工学に加え、歴史的な建築物、集落の保存や復元についても研究する。「意匠」は、建築物を美学的に捉えて芸術的意義を追究する学問。建築物や街並み、自然環境、構造や材料についても美学的に追究して評価する。

「建築学・意匠」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける