世界に誇る日本の電車の正確性! 電車が時間どおりに到着するための仕組みとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

世界に誇る日本の電車の正確性! 電車が時間どおりに到着するための仕組みとは?

2019.06.07

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

世界に誇る日本の電車の正確性! 電車が時間どおりに到着するための仕組みとは?

「電車は基本的に時刻表のとおりに到着しますか?」こんな問題を出されたらあなたはなんと答えますか?YESと答える人が多いと思いますが、この問題を海外で質問すると、「NO」という答えが返ってくるかもしれません。一体どういうことなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 世界では鉄道が時刻表通りに運行できていない国が数多く存在する
  • 日本の電車の正確性は運転システムの技術発展により支えられている
  • 「機械工学」を学ぶことで世界に誇る鉄道技術に触れ、学ぶことが出来る

日本の電車が時刻表通りなのは世界的にみるとすごいことだった!

普段私たちが通勤や通学に利用している電車はトラブルがない限り時刻表通りに動いています。そして私たちも時間どおりにくるものと思って、それに合わせて行動を起こします。

日本人にとっては日常的な行動。電車が必ず時間どおりにやってくる」という信頼のもとに成り立っているのですが、これは世界的にみるととてもすごいことなのです!

このすごさが現れているのが遅延の基準です。日本の場合、1分以上の遅れが遅延とみなされますが、イギリスの場合、短距離路線で5分、長距離路線で10分以上の遅れがないと遅延とみなされません。その他イタリアの普通列車は15分未満の遅れは定時扱い、フランスの高速鉄道では14分未満、在来線の寝台列車は30分未満の遅れは遅延と認めないなど、日本に比べて世界の定時到着に対する意識は緩いということが分かります。

それゆえに日本鉄道の正確性は世界から称賛されているのですが、実は日本の鉄道は昔から時間に正確だった、というわけではないのです。駅員の努力ももちろんですが、いかなる場合でも時間どおりに到着させるための仕組みや技術開発を行うことで世界に誇る電車の定時性を生み出したのです。

批判を受けていた日本の鉄道が時刻通りに運行できるようになった理由とは?

実は日本の鉄道も1900年頃まで時刻表通りに運行できず、乗客から批判や不満の声が上がっていたのです。今では想像できませんが、30分どころか1時間近く遅延したこともあったようです。乗客からの批判を受け、日本鉄道会社も定時運行の実現に向け真剣に取り組んでいきました。

運転の現場では、機関士たちが協力しあって正確運転のマニュアルを作り上げました。このマニュアルを全国の運転士が手本にし、運転環境の整備もあってJRの前身である国鉄時代最後の15年間で平均遅延時間3分まで縮められていました。

そして正確な運転を可能にするためのシステムを構築していきました。15秒刻みの非常に細かい行路表をもち、起点となる駅からの距離を示したキロポストと呼ばれる標識で遅延時間を確認し、停車駅で調整するようにしました。

また、技術の発展によって運転もシステム化されて、電車外の運転司令室から信号機や運転士に指示を出し、外部から支援するシステムが構築されました。

さらに技術が発展し、現在、新幹線には運転表示板に「今出すべき速度」が表示されるようになる、最新鋭の車両にはダイヤが乱れた時に誤差を計測し、自動でスピードが調整される「定速走行装置」が設置されるようになるなど、新しい技術をシステムに取り入れています。

運転手の技量向上もさることながら、常に最新の技術を取り入れてより正確な運行を実現するためのシステムづくりも日本鉄道の驚異的な定時性に一役買っているのですね。

評価され、海外の鉄道システムにも取り入れられている日本の鉄道技術

日本の鉄道の高い技術、特に新幹線技術は世界的に評価されており、世界各国の高速鉄道計画において相次いで日本の技術が採用されています。正確運行の技術だけではなく、車両や線路の高い安全性、安定性が世界各国で評価されているのです。

世界に誇るべき鉄道技術は、「機械工学」をはじめとした工学分野の発展によって実現されました。世界でもトップレベルの技術を学びたい、将来日本の鉄道を支える技術開発に携わりたいという人はぜひ「機械工学」を学んでみてはいかがでしょうか?


【出典】
・Yahoo!ニュース THE PAGE
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000004-wordleaf-soci
・週刊現代
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54719
・SankeiBiz
https://www.sankeibiz.jp/business/news/170101/bsc1701010500002-n1.htm
・日立キッズ
http://www.hitachi.co.jp/kids/kinopon/kinopontown/traffic/02/page2.html

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「機械工学」
はこんな学問です

生活と産業に使われる機械類の仕組みを研究し、新しい機械を創造するための学問。目的に適した原理を力学的に研究する「設計工学」のほか、機械の安全・安定性を研究する「計測・制御工学」、空気や水の中で働く力について研究する「流体力学」、材料加工をテーマに研究する「加工工学」「材料工学」など研究分野はさまざま。このほかにも「精密工学」「熱力学」など、機械工学といっても、その研究範囲は多岐にわたっている。

「機械工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける