イベントを楽しむことがチャリティーにつながる!「アースキャラバン2018 東京」レポート

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

イベントを楽しむことがチャリティーにつながる!「アースキャラバン2018 東京」レポート

2018.09.20

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

イベントを楽しむことがチャリティーにつながる!「アースキャラバン2018 東京」レポート

9月15日(土)と16日(日)、東京都江東区の木場公園で、世界平和を考えるイベント「アースキャラバン2018 東京」が開催されました。多種多様なブースで楽しんだり、にぎやかなステージが行われたりするなど、参加者は思い思いに楽しんでいました。今回ボランティアとして参加していた高校生に話を伺うことができましたので、イベントレポートとともに紹介します。

この記事をまとめると

  • たくさんのブースがあり、売上げの50%以上がチャリティーになる
  • 今年のピースサイクリング挑戦者は、東北出身の13歳の少女
  • ボランティアとして参加した高校生は「すごくよい経験ができた」と感想を述べた

基本通貨は「シェア」。私たちが食べて遊ぶことがチャリティーになる

会場内ではシャボン玉も用意されており、子どもから大人まで楽しんでいた

会場内ではシャボン玉も用意されており、子どもから大人まで楽しんでいた

イベント会場ではメインステージでライブや似顔絵腹話術などのパフォーマンスが楽しめ、ブースでおいしいものを食べたり遊んだりすることができました。食べ物のブースはカラフルなわたあめやクレープ、ケバブなどがありバラエティ―に富んでいました。

人気の「カラフルわたあめ」も

人気の「カラフルわたあめ」も

会場の中では、私たちが通常使用しているお金ではなく「Share(シェア)」と呼ばれる紙幣を基本通貨として使用します。会場内に「両替所」があるので気軽に使うことができます。分かち合いという意味のこの通貨は1 Share=100円。当日の売り上げ50%以上がチャリティーとなるので、楽しみながら誰かのためになっていると考えるとうれしい気持ちになりました。

ピースサイクリングをやりとげた13歳少女の貴重な体験談

今年ピースサイクリングに挑戦した楠本凛さん

今年ピースサイクリングに挑戦した楠本凛さん

取材をした15日(土)は、長崎からスタートしたピースサイクリングの到着式が行われました。ピースサイクリングとは、原爆の残り火「平和の火」を携えて日本各地を自転車や車で巡礼しながら運ぶ試み。今年挑戦したのは、東北出身の楠本凛さんです。

おはなしブースでは、楠本さんが8月にアースキャラバンの活動でエルサレムとパレスチナを訪れた経験を、ドキュメンタリー映画『BE FREE!』の鈴木聡監督とともに熱く語ってくれました。実際に現地を訪れたことでそれまで持っていたエルサレムやパレスチナのイメージが変わったことや自分自身の成長を実感したこと、現地では同じ歳の女の子と交流できたことなどを、自分の言葉でしっかりと話してくれました。多くの人が貴重な体験をした楠本さんの話に熱心に耳を傾けていたことがとても印象的でした。

幅広い世代と交流しながらボランティアに参加したことは貴重な経験

「平和の火」ブースでは、フラッグに思い思いのメッセージを書き込むことができる

「平和の火」ブースでは、フラッグに思い思いのメッセージを書き込むことができる

今回ボランティアとして参加していた、高校2年生の八尋賀子さんに話を伺うことができました。

――何がきっかけで今回ボランティアに参加しましたか?

ボランティアがたくさん紹介されているホームページで見つけたのをきっかけに、今回初めて参加しました。平和について考えることは高校生にとって大きすぎるテーマで、自分一人で何かができるというものではないのですが、このようなイベントで楽しみながらボランティアできるところがいいなと思いました。

――実際ボランティアとしてどんなことに携わっていますか?

イベントの事前準備としてTwitterの運営を任せてもらいました。今日は本部で受付の手伝いをしたりしています。

――本番当日を迎えてどんな気持ちですか?

楽しみにしながら準備をしていたので、ボランティアとして参加することが実現できてよかったと思っています。

――今回のボランティアを通して学んだことはありますか?

学校外の活動なので、幅広い年代やさまざまな学校の方たちと交流しながら準備してきました。いろいろな話を聞くことができてすごく良い経験ができたと思うので今後に生かしていけそうです。大学受験がありますが、可能であれば来年も参加したいです。



平和を考えるイベントというと堅苦しいものかなと思っていましたが、実際に参加してみると、ブースをまわっているだけであっという間に時間が経ってしまうほど楽しいものでした。楽しみながら平和について考えることができる貴重な場なのではないかと思いますので、興味を持った人は、ぜひアースキャラバンの活動について調べてみてくださいね。

【取材協力】
NPO法人 アースキャラバン

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける