観光分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

観光分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

2018.09.21

提供:マイナビ進学編集部

観光分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

私たちは旅行をするとき、旅行代理店にツアーを申し込んだり、交通機関や宿泊施設を利用したりします。こうした事業やサービスを総称して「観光業」といい、就職活動を行う学生にとって人気業界の一つとなっています。新たにスタートする専門職大学においても、「観光分野」が期待される分野の一つとして挙げられていますが、ここへ進学するとどのような学び、キャリアが考えられるのでしょうか。

この記事をまとめると

  • ここ数年、日本を訪れる外国人が大幅に増加するなど、観光ビジネスは成長が著しい
  • 専門職大学では、観光に関わる「理論」とサービスの「技能」の両方を学べる
  • 観光ビジネスはアイデア次第で無限に広がるので、専門職大学で培った創造力が生きる

ここ数年の成長が著しい観光ビジネス

日本政府観光局によると、2017年に日本を訪れた外国人の数は2,869万1,073人。2007年時点では834万6,969人でしたので、10年間で3倍以上になった計算になります。背景には、日本文化に対する世界的な関心の高まり、官民一体となった訪日観光PRの成果などがあり、こうしたデータを見ても、観光ビジネスが成長著しいことが分かります。

政府は、2020年に訪日外国人旅行者数を4,000万人にする目標を掲げるなど、観光ビジネスに熱心です。理由は、観光ビジネスが、日本国内に大きな経済効果をもたらす産業だと考えているからです。

この目標を達成するためには、既存のサービスの質を高めるとともに、新しい観光サービスを生み出していくことも求められます。そのためには、豊かな創造力を持った人材の育成が必要で、観光分野の専門職大学にはそうした期待が寄せられています。

専門職大学でどのようなことを学ぶのか

現状、「いずれは観光業界で働きたい」と考える高校生の進路は、大きく2つに分かれます。一つは、大学の観光学部などに進学し、観光学や経営学、地域科学など、観光ビジネスを広い視点から捉えた「理論」を学ぶことです。もう一つは、観光分野の専門学校に進学し、鉄道事業や宿泊業などの業種別に、接客サービスなどの「技能」を習得することです。

これからの時代の観光ビジネスで求められているのは、サービス提供の「技能」と、マネジメントやマーケティングなどの「理論」の両方を兼ね備えた人材です。専門職大学では、第3の選択肢としてその両方をバランスよく学ぶことができ、実社会との結び付きをカリキュラムの下で豊かな創造力も養われることでしょう。

卒業後のキャリアイメージ

卒業後の進路として想定されるのは、旅行代理店や宿泊施設、鉄道事業者などです。専門職大学で学んだ「理論」「技能」の両輪を生かすことができれば、どの業種へ進んでも十分に活躍できるでしょう。

観光ビジネスは、そこで働く人のアイデア次第で無限に広がっていきます。これまでも、宿泊施設が地域に眠っている魅力や資源を掘り起こして観光地化を図ったり、鉄道事業者が「食」をテーマにした特別列車を運行したりといった新規開拓を通じ、観光ビジネスは発展を遂げてきました。SNSを活用した観光客の誘致なども、多くの事業者が取り組んでいます。こうしたアイデアを生み出す上でも、専門職大学で培った豊かな創造力が生きてくるに違いありません。

残念ながら、2019年4月に開学予定の専門職大学の中に観光分野はありませんが、今後はこの分野の専門職大学も開学が予定されています。旅行が好きだったり、人を楽しませるのが好きだったりする人は、選択肢の一つとして注目してみてはいかがでしょうか。

【出典】
文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm

日本政府観光局
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/index.html
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000307.html

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける