ICT分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ICT分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

2018.09.25

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

ICT分野から見る! 専門職大学での学びと卒業後のイメージ

インターネットの普及とともに発展を遂げてきたICT産業ですが、近年ではAIやIoTなどの登場により、さらなる市場の拡大が進んでいます。「この業界で働きたい!」と思う人も少なくありませんが、2019年4月から開学するICT分野の専門職大学に進学すると、どのような学びやキャリアが考えられるのでしょうか。

この記事をまとめると

  • ICT分野では人手不足が深刻で、国レベルで人材育成が進められている
  • 専門職大学では、プログラミングなどの知識・技能だけでなく、ビジネスに展開していくための知見も学べる
  • 就職後は「即戦力」として活躍でき、将来はICTを介して世の中にイノベーション(技術革新)を起こせる可能性も

人手不足が深刻なICT業界

インターネットが登場して以降、ICT(情報通信技術)産業は拡大・発展を続けてきました。経済産業省の推計によると、現在はこの業界で約90万人もの人が働き、就職活動を行っている学生にとっても人気の業界の一つとなっています。その一方、ICT系企業は、どこも慢性的な人手不足に悩まされていて、業界全体では約17万人もの不足が起きていると推計されています。

人気の業界なのに、人手が足りていないのはなぜなのでしょうか。それは、ICT産業の進展が著しく、仕事の内容が高度化している中で、人材育成のスピードが追い付いていないためだといわれています。

そうした中、国レベルでも、ICT分野の人材育成に力を注いでおり、小学校では2020年度から「プログラミング教育」が必修化されます。また、中学校や高校でもICT機器の整備と活用が進められています。一方、「即戦力」の育成という観点から、大きな期待を寄せられているのが、2019年4月から開学する専門職大学です。

専門職大学ではどのようなことを学ぶのか?

一口に「ICT」と言っても、ソフトウエア、ゲーム、情報通信、データベースなど、分野はさまざまです。そして、ICT業界で働く技術者は、分野別にプログラミングなどの高度な知識・技能を有しています。

新しく開学する専門職大学においては、こうした専門的知識・技能を「職業専門科目」の授業を通じて身に付けることができます。「職業専門科目」の中で実施される実習授業では、ICT企業に出向き、最先端の技術に触れることもできるでしょう。

もちろん、既存の専門学校でも同様の知識・技能を学ぶことはできますが、専門職大学ではそれに加え、「展開科目」や「総合科目」の授業を通じ、ビジネスを展開していくための知見も学ぶことができます。専門職大学によっては、ICT分野の新規ビジネスを企画提案させたり、実際に起業させたりするような授業も行われることでしょう。

卒業後のキャリアイメージ

専門職大学を卒業すれば、「職業専門科目」を通じて身に付けた知識・技能を生かし、即戦力として活躍できる可能性が高くなります。あるいは、ICT業界の最新事情など、「総合科目」や「展開科目」で学んだ知見を生かし、新しい商品やサービスを企画していくようなこともできるでしょう。

ICT業界の魅力の一つは、プログラミングなどの高度な知識・技能があれば、大きな初期投資をしなくとも独立・起業ができる点です。専門職大学で学んだことを生かせば、将来的に自ら会社を立ち上げ、ICTを介した新しいビジネスを生み出し、世の中にイノベーション(技術革新)を起こすなんてことも夢ではないでしょう。

ICT業界は人手不足が深刻なだけに、プログラミングなどの確かな知識・技能があれば、即戦力として活躍できます。専門職大学では、そうしたスキルに加えて、ビジネスを展開していくための知見も学べるので、将来的なキャリアに広がりが生まれます。「将来は起業したい!」と考えている人にとっては、この業界で専門性を養うのが近道かもしれません。

【出典】
経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

IPA独立行政法人情報処理推進機構
https://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/about.html

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/senmon/1397422.htm

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける