「想像して創造することが大切」全国の学校をデジタルでつないだ遠隔授業

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「想像して創造することが大切」全国の学校をデジタルでつないだ遠隔授業

2018.09.14

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「想像して創造することが大切」全国の学校をデジタルでつないだ遠隔授業

学びたいことを、場所を気にせず学ぶことができる。そんな新しい勉強の仕方が、今後広がるかもしれません。

9月5日(水)、シスコシステムズ合同会社は「シスコデジタル スクール ネットワークプログラム」の第一弾として全国5つの高等学校をつなぎ、遠隔で特別授業を開催しました。当日の授業の様子をレポートします。

この記事をまとめると

  • デジタル技術を駆使して、全国各地の高校生が遠隔授業を受講した
  • 「何かを創る人になってほしい」という中村教授からのメッセージ
  • 私たちの身の回りに、お宝が隠れているかもしれない

全国の高校生が、同じ時間に同じ授業を受けられる

今回特別授業を行ったのは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の中村伊知哉教授。中村教授は学生時代、世界的に有名なバンド「少年ナイフ」のディレクターでありながら、卒業後は官僚を経て渡米したというユニークな経歴を持っています。

そんな中村教授の授業を受けたのは、北海道、広島県、宮崎県、沖縄県、高知県の高校生たち。今までなら一緒に授業を受けることができない全国さまざまな地域に住む高校生が、デジタルの技術によって画面を見ながら、同時に授業を受けることができるのです。今回は中村教授の講義と、後半は質疑応答によって授業が展開されました。

中村教授と高校生たちが画面上でつながった瞬間、各地で「わあ、すごい!」という驚きの声が上がりました。

300年後の世の中を想像し、創造していく

ここで皆さんも少し考えてみましょう。1450年頃から1500年にかけて、ドイツ人のヨハネス・グーテンベルクが活版印刷の技術を開発したといわれています。そこから、人類はどのように変わっていったのでしょうか?

まず印刷技術がさかんになると、人間はたくさんの本を読むようになります。そして本を読むことで、より「考える」ようになり、考えることで後の宗教革命(1500年代半ば頃)や産業革命(1700年代後半頃から)が起こったのだと、中村教授は話します。

現在はIT革命や情報革命といわれる世の中で、AIやロボットの技術もめまぐるしく発展を遂げています。
印刷技術が開発された300年後に産業革命が起こったように、私たちの生活も、情報技術によって300年後には大きく変化しているのかもしれません。

そこで大切なことは、300年後の世の中がどう変わっていくか「想像する」こと、そしてそんな世の中を創っていく、つまり「創造する」ことです。

ご自身が音楽を創ったり米国では研究室やプロジェクトを立ち上げるなど、ずっと「創る」ことに携わってきた中村教授。だからこそ受講していた生徒に送った「何か創る人になってほしい」というメッセージには、説得力が感じられました。

身近にある「お宝」を見つけ、デジタルで発信する

ではAIやロボット技術によって変わっていく世の中で、私たちは何を創っていけばよいのでしょうか。創造するために、特別な知識や経験が必要なのでしょうか。

そんなことは必要ありません。

例えば、昔は外国から見た日本といえば、大手メーカーを筆頭に、技術産業のイメージを持たれていました。しかし、現在の日本は漫画やアニメに代表されるように「文化の国」となっています。その昔、漫画やアニメは学校で見ていたりすると先生に怒られることもありましたが、今は日本の宝となりました。

また、外国人に「日本から持って帰りたいもの」を聞くと、家電製品や化粧品だけではなく、「給食当番」や「交番」と答える人もいるそう。給食当番は日本ならではのおもてなしの心を育てることができ、交番のように、警察官が常駐していて誰もが安心して相談に行けるシステムは外国にはなく貴重だと考えられているようです。

つまり、禁止されているものや無意識で生活に溶け込んでいるものが、「日本のお宝」になるかもしれないということ。

実は、私たちの地域や身の回りの気付いていないところに、お宝はたくさんあるのかもしれません。
そんなお宝を見つけ、デジタルの技術を応用して世の中に発信していくことが、これからの皆さんの仕事になると話し、講義は締めくくられました。

画面上で、お互いの顔を見ながらコミュニケーションが取れる

画面上で、お互いの顔を見ながらコミュニケーションが取れる

講義後の質疑応答では、中村教授の望む未来や、核としている部分は何かなど、積極的な質問が飛び交い、皆さんが真剣に講義を受けていたことが伺えました。

今回遠隔授業を行った「シスコデジタル スクール ネットワークプログラム」は、今後も全国の高等学校に広げていく準備が進められているそう。遠隔授業だけでなく、全国の学校同士でコミュニケーションを取ったり習った英語の知識を海外の高校生に対して使うなど、どこに住んでいても先進的な教育を受けることができるようです。

当たり前のように世界中の高校生と一緒に授業を受けることができる世の中が、近付いているのかもしれませんね。

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報工学」
はこんな学問です

情報工学の研究対象は、コンピュータ端末のハードとソフトに始まり、情報通信を数学的に考察する情報理論、さらにさまざま通信技術、マルチメディア技術に及ぶ。研究する分野も幅広く、コンピュータを設計してコンピュータシステムを構築する「計算機工学」、情報システムの設計・プログラミング・データベースなどを扱う「ソフトウェア」、現実の問題をコンピュータと数学を用いて解決する「数理情報工学」などがある。

「情報工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける