食べやすいけどどうやって作るの? 種なし果物の作り方

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

食べやすいけどどうやって作るの? 種なし果物の作り方

2018.10.24

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

食べやすいけどどうやって作るの? 種なし果物の作り方

私たちが普段何気なく食べている果物。夏には甘酸っぱいブドウに定番のスイカ、おいしいですよね。ところで、今紹介した果物にはある不思議な共通点があるのに気付きましたか? 普段気にしないけれどよく考えると不思議な果実について紹介します。

この記事をまとめると

  • 果物を食べやすくするために、人工的に「種なし」にしたものが多く存在する
  • ジベレリンなど特定の植物ホルモンを植物の房に漬けることで種無し果実が作られる
  • より生産者や消費者にメリットのある品種や技術を作り出すために「農学」が役立つ

なぜ繁殖するために必要な「種」が存在しない果物があるの?

私たちは普段の食事の中でさまざまな果物を食べており、最近は同じ果物でも味の違いや個性的な特徴をもつ品種などが登場し楽しませてくれます。

そんな果物の特徴の一つに「種なし」があります。種がない果物は食べやすいので人気もあり、種なし品種もいろいろな果物で生み出されています。代表的なものが種なしブドウですね。他にもスイカなどにも、果物の種なし品種が登場しています。

このように種が無いまま果実が発達することを「単為結実」といいます。しかし、よく考えれば種の繁殖に必要不可欠なものである「種」がないというのは不思議な話です。どのようにして種なしの果実が作られているのでしょうか?

植物ホルモン処理によって種なしの性質を人工的に作り出している

実は果樹が種なし果実をつける単為結実の性質をもつようになる要因がいくつか存在します。一つは自然的な要因です。つまり突然変異によって種なしになる場合で極めて珍しいのですが、温州ミカンやバナナがその例です。

これはあくまでも稀な例であり、ほとんどの単為結実は植物ホルモンの利用によって人工的に作り出されています。植物ホルモンには種類によってさまざまな働きをもつことがわかっており、その性質を利用して単為結実を作り出しています。

例えば、代表的な種なし果実であるブドウにはジベレリンという植物ホルモンが使用されています。ジベレリンには植物の成長促進や単為結実を促進する効果の他に、受精なしでも果実を大きくする働きがあります。

この働きを利用し開花前と開花後にひと房ずつジベレリンの溶液に浸すことで、単為結実を引き起こした後で後果実を大きくさせます。こうやって種なしブドウが作られています。

他にも、スイカではコルヒチンという染色体が倍になる異常を引き起こす植物ホルモンを利用して種なしスイカが作られます。

スイカは染色体を2本セットで持っていますが、コルヒチンによって4本に倍加されます。このスイカと通常のスイカを交配させることで染色体を3本持つスイカが誕生します。この状態の植物は種子ができない性質をもつため、種なしスイカができるのです。

これらの処理がなくても普通の果実は作れますし、ひと房ずつ処理を行うことは農家にとって手間のかかる作業です。それでも行うのは、消費者に食べやすい商品を届けたいという気持ちの表れかもしれませんね。

より人間にとってメリットが多い品種を作り出すことも「農学」研究のひとつ

「農学」は、もともと存在する動物や植物の成分や生理機能の仕組みを研究します。農業をはじめさまざまな分野への技術応用を行うことも農学の役割の一つ。植物ホルモンの機能解明などはまさにこの成果といえます。

それだけではなく、発見した成果や技術を使用してより人間にメリットの多い動植物の個体を作り出し、食糧生産の向上に寄与することも農学研究が担う役割でもあります。農業を発展させることや新品種を作り出すことに興味がある人は農学を学んでみてはいかがでしょうか。

【出典】
・株式会社ディライトクリエイション オリーブオイルをひとまわし
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2018/03/post-1244.html
・三井化学アグロ
http://www.mitsui-agro.com/product/tabid/86/pdid/6006/type/1/Default.aspx
・日本植物生理学会
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=2815
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=518

この記事のテーマ
農学・水産学・生物」を解説

私たちはほかの生物から栄養をもらって生活をしています。しかも、採集や狩猟だけではなく、食物を生産するという手段を得て、今日のように繁栄しました。人口増加や環境悪化などに対応し、将来的に安定した食料の確保を維持するためには、農業、林業、水産業などの生産技術の向上が必要です。さらに突き詰めて考えれば、動植物や微生物などの多様な生物に対する研究も重要です。自然との共生が大きなテーマになる学問です。

「農学・水産学・生物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「農学」
はこんな学問です

品種の改良や病害虫対策をはじめとする栽培技術、事業として継続させるための農業経営、行政による支援のあり方を問う農業政策などを通じて、人と自然の共生のための方法を研究する学問である。研究分野は広く、食料としての生物を環境にマイナスの影響を与えることなく継続的に確保する方法を研究する「資源生物科学」、食品・農業・化学工業などの生物活用現場で起こる問題をバイオ技術によって解決する「応用生命科学」などがある。

「農学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける