日本の給食が肥満を減らす!? 海外から評価される日本給食のすごさ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

日本の給食が肥満を減らす!? 海外から評価される日本給食のすごさ

2019.01.21

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

日本の給食が肥満を減らす!? 海外から評価される日本給食のすごさ

お昼のチャイムが鳴るとなんだかソワソワ……好きなメニューの日は楽しみで、苦手なものが出る日はなんだか憂鬱。そんなふうに毎日食べてきた給食が、思春期の健康と深い関わりを持つことが明らかになりました。海外からも評価が高い日本の学校給食ですが、一体何がすごいのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 日本の給食は肥満予防に役立つと評価されているらしい
  • 海外からも評価される日本の給食と食育の内容とは?
  • 子どもの健康や文化との関係について研究するのが児童学

日本の給食が思春期の肥満を減らす?

若い人から年配の方まで、日本人にとってなじみ深い学校給食。ある大学が行った研究で、日本の学校給食が肥満を減らす効果があると実証されました。思春期の肥満は世界的に見ると増加傾向ですが、他の国に比べて日本では少ないそう。そこで研究チームは、給食と肥満との関係を調べたのです。

都道府県の給食実施率とさまざまなデータを照らし合わせて分析した結果、給食が肥満を減らす効果があるということが認められました。ただし給食と肥満の関連が認められたのは思春期の男子のみで、女子については明らかな関連性は見られませんでした。

実はこの研究の前から、日本の給食は海外から注目されていました。米国の『ワシントンポスト』やドイツの『フランクフルター・ルントシャウ』など複数のメディアで、日本の学校給食が取り上げられています。日本の給食はどんな点が優れているのでしょうか?

海外から評価される日本の給食はここがすごい!

日本の学校給食は、質が高い、栄養面についてよく考えられている、価格が安い、食育の場になっているというさまざまな点で海外から高い評価を得ています。特に給食と食育との関係は、海外の多くの人に新鮮な驚きを与えたようです。もともと日本の給食は成長期の貧しい子どもがおなかを空かせないようにと、明治22年に山形県の小学校で始まったと伝えられています。1954年には法律で学校給食を提供するよう定められました。

学校給食は食育の場としても重要な役割を持っています。食べることで子どもの心や健康を育てるだけでなく、日本の食文化や知識、生活のマナーを身に付け、生産者や自然に対する感謝の気持ちを育みます。地域の食材で作られた献立を楽しむことで、自分が住む土地や生産物、歴史などに自然と関心が向きます。

最近では各地域で提供される献立を競い合う「全国学校給食甲子園」という大会も開催されていて、給食への注目はいっそう高まっているようです。毎年2,000を超える応募校の中から12校が選抜され、地域の食材やその特色を生かした献立で競い合います。この大会は地産地消や地域活性化への貢献も目的としていて、食育が子どもの健康だけでなく社会とも大きな関わりがあるということが分かります。

児童学で子どもの健康や文化との関わりを学ぼう!

子どもが毎日何気なく食べている給食ですが、最近では教育や地域活性化の一環としても捉えられるようになりました。食べることで心と体を育て、自国の文化に対する知識や感謝の心を育む。現在の日本の給食には、さまざまな価値や側面があることが分かりました。

子どもの心身の発達や健康、文化との関係について研究する学問に「児童学」があります。少子化が進んでいる現代において、未来を担う子どもの健康や生活スタイル、最適な教育のあり方について考えることはとても重要なことです。子どもが好きだという人や将来を背負って立つ未来の子どもたちに貢献したいと考えている人は、児童学を学んでみましょう。


【出典】
MONOist|日本の給食が肥満を減らすことを実証
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1807/02/news021.html

BLOGOS|世界が注目する日本の学校給食 海外から高く評価されるポイントとは?
http://blogos.com/article/242768/

全国学校給食会連合会|学校給食の歴史
http://www.zenkyuren.jp/lunch/

デンタルケア・三宮歯科医院|こんなに違うの?食育への取り組み~日本の給食、海外の給食
http://www.sangu.jp/2017/01/international-education-lunch.html

全国学校給食甲子園|この大会について
http://www.kyusyoku-kosien.net/info.html

公益社団法人日本給食サービス協会|給食の広場 給食コラム「日本の学校給食は世界一」
http://www.jcfs.or.jp/lunchsquare/column06.html

農林水産省|学校等での食育の取り組み
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/schools/effort1.html

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「児童学」
はこんな学問です

乳幼児・児童の発達、教育、健康と周囲を取り巻く環境との関わりなどを研究し、発達支援に役立てるための学問。児童の発達について、心理学、文化論、保健、表現などの側面からさまざまにアプローチし、発達の基本的な性質を探り、よりよい支援の方法を追求する。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、特別支援学校教諭のほか、社会教育主事(任用)、認定心理士、司書などとして活動できる知識と技能を身に付ける。

「児童学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける